« ヘリコプターに手を振らない | トップページ | 熊野本宮大社 »

2009年8月 4日 (火)

1日も早く回復されることを

周産期心筋症

耳に新しい?

新聞に記事が載った。

驚いた。

その日の夜勤だった。

その日の昼間、帝王切開の手術が2件あった。

そのうちの1件は、緊急帝王切開だった。

術後の経過を見る夜だった。

私は、ママを看る係りではなかった。

私は、赤ちゃんを看護する係りでした。

午前中に生まれた赤ちゃんは、ママの術後の経過が思わしくなく、ずっと一人で保育器のなかでうとうとしていた。

ママのところへ連れて行くの無理かな??の問いにママの看護係りの同僚が

ママに聞いてくれた。

ちょっと、会ってみようかな?とおっしゃっていると聞いて、早速服を着せてママの下へ連れて行った。

赤ちゃんも呼吸状態が万全とも言えず・・・・・少しの酸素を流していた。

ママの赤ちゃんを抱いて、術後のママのおっぱいを吸わせてもらおうと訪室した。

ママのおばあちゃんが携帯で写真を撮った。

ママは寝たままで、おっぱいを吸わせさせてもらった。

片方5分の左右。

ママは、吸わせている間も声かけに反応する時以外は、ウトウト眠りに入っていく。

普通は、赤ちゃんが吸い付いて、おっぱいを吸い始めたらその場を去ることも出来るんだが・・・・何だかただならぬ気がしたので、5分×2の間をじっとその場でいた。

赤ちゃんをBABY室に連れ帰って、私の感想・・・・・・。

話しているうちにも、寝てしまう・・・・・何だか変よ。

その後、違う人が入院してきて分娩を済ます。

赤ちゃんの世話など忙しい。

先ほどのママの看護はママ担当のスタッフに任せて、私は私の仕事に没頭した。

いつしか日付が変わり・・・・大騒ぎになった。

ママの状態が悪くなった。

総合病院に搬送に決まり転院になった。

救急車が来て、赤ちゃんを残して行った。

ママは総合病院の入院になった。

診断は、周産期心筋症

産後の発症が大多数。

頻度は少ないが死亡例もあると聞く。

妊娠中毒症(血圧高かったり、蛋白尿だったり、胎児発育遅延だったり様々な困った事が併発するの)の併発も多い。

搬送の決め手は、辛がり始めたこと、意識障害が現れたことだったようだった。

搬送先からの診断が

「周産期心筋症」だった。

帰って来て検索したら、朝日新聞の記事が載っていた。

http://www.asahi.com/national/update/0801/TKY200908010300.html?ref=rss

ママがんばれ。

赤ちゃん早くママに抱っこしてもらえるといいね。

1日も早く回復されることを

P4270135 P4270136_2

写真:大塔山から山々を見る

|

« ヘリコプターに手を振らない | トップページ | 熊野本宮大社 »

コメント

本当に一日も早く回復されて
赤ちゃんとお母さんが一緒に過ごすことができますように…
お祈りします

投稿: タロウの母 | 2009年8月 4日 (火) 10:30

タロウの母さまへ

こんばんは。
きっと、大丈夫。

1日も早くママと赤ちゃんが揃って過ごせることを
祈ります。

投稿: タロウの母さまへ | 2009年8月 4日 (火) 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1日も早く回復されることを:

« ヘリコプターに手を振らない | トップページ | 熊野本宮大社 »