« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

「パブリック・エネミーズ」の公開

P4270140 私も大好きな

ジョニー・デップ

さて今年も来年も楽しみな映画が待っている。

ワクワク待つとしよう。

今年の映画は、

「パブリック・エネミーズ」

公開は、12月12日

今から楽しみです。

大恐慌時代の伝説的なアウトロー

犯罪者ジョン・デリンジャーを彼が演じる。

 汚れた金しか奪わない

仲間は絶対に裏切らない

裏切り者は絶対に許さない

愛した女は最後まで守り抜く

独特の倫理観に基づく行動

高いカリスマ性

今も語り継がれる銀行強盗

デップが好んで演じる男だね~っていう男だわん。

12月12日は、絶対あけておきます。

山も仕事も全部パスします。ふふふ・・・・

昨日前売り券を買いに行った。

しかし、売っていなかった。

来年の「アリス・イン・ワンダーランド」は買えたのにね。

どうして売っていないの?って映画館のチケット売り場の女性に質問した。

「なんでも前売りする訳ではありません」

???

そうなの?

映画の前売り券のシステムがいまいち理解できていない。

前売り券の無い映画もあるの???

知らなかった。

来年のデップの映画については、又明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空にチャリ通

秋は爽やか。

日没も大丈夫。

P9190139 P9190140 来る日も来る日もチャリ通

階段を自転車もって

上がる。

青い空に自転車

白い雲に

自転車

マジに何処へ行くにも

自転車移動に

なってしまった。

前は身支度が億劫だったけれど

いつも必ず乗り始めたら

身支度も苦にならなくなった。

チャリチャリ走る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

レゲエが流れる

Saizu 自転車で、夜勤にも行く。

いつものように、走る。

そして、さらに河口に向かって走り続ける。

快適に走る続けると、いい加減堤防に上がらないとと

Hennsyuu この小道をちゃりんこ押して這い上がる。

そして、車の通らないこの橋を渡る。

海はスグそこ、風が強い。

橋を渡って図書館に寄る。

本を借りてから出勤する。

Photo

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

夜勤が終わった。

きみきみ3人生まれた。

忙しい日勤を手伝っていたら、帰りが遅くなった。

プラプラ自転車を走らせる。

対岸からレゲエ?の裏打ちリズムが鳴り響く。

見れば昨日もやっていた・・・水上バイクの何かのイベント。

テントを建てて凄くにぎわっている。

その音楽が気分を幸せにしてくれた。

BGMに乗ってちゃりちゃり帰る明けの日曜日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性感染症

P7120089

性感染症をご存知か?

その昔、梅毒・淋病、近頃メジャーはエイズ。

愛しのジョニー・デップさま主演の「リバティーン」

デップが演じれば性病者も憂いを帯びて男らしい??

話は、戻るけれど・・・。

話題になった「尖形コンジローマ」

何処で??

聞かないで・・・言わない。

昨日、子宮頸がんの話したから、ついでと言っては何だが・・・・。

思い出したので書いておくね。

尖形コンジローマ。

それは、イボ。

先が尖ったイボ。

何処にできるかは、自分で調べてみてね。

学術的な話をしても、きっと身近に感じないと思うから、実際の話で啓蒙しておきます。

イボなんて痛くも痒くもないから、それがどうってこともないと思うかもしれない。

けれど尖形コンジローマのイボはうつります。

どんどん増えます。

焼ききらないとダメです。

出来る場所が問題なのよ。

女性の場合も性器にうつります。

それがどうした・・・って言われましょうが、ドンドン仲間を増やし、どんどん人から人に移ります。

外陰部・会陰部・膣・・・そんなところの尖形コンジローマを治療するんだよ。

尖形コンジローマのイボを焼ききらないとダメなんだよ。

うつるんだよ。

ピンポン感染っていって、治療して治ってもパートナーが未治療だと再び再発する。

同時に治療しないとダメなんだよ。

さて、話題になったのは、分娩したママに見つかった。

それも分娩時。

尖形コンジローマは、潜伏期は数週間から3ヶ月

パパはきっと「失敬な!」と言うかも知れない・・・・・

でも、最も考えられる感染経路はそっちが濃厚だよね。

分娩時にしか発見できなかったから、仕方がなかったけれど・・・本当なら帝王切開だよ。

なぜかって???

赤ちゃんにうつるからだよ。

赤ちゃんが分娩時に飲み込んだ羊水(羊水自体は問題ないが流れ出る膣にが尖形コンジローマあるんだもの)や膣分泌物は明らか感染の原因になる。

赤ちゃんの喉に、尖形コンジローマが発症する。

数ヶ月経過見るしかないね。

喉の培養取った。

検査では一応大丈夫そうです・・・。

でも心配。

私は、長い長いお休みの間の出来事で、関わっていないよ、全く知らないよ。

でも、そういうこともあるんだよ。

知っておこうね。

ところで、

映画「リバティーン」

ジョン・ウィルモットジョニー・デップ)は

言っておくけど尖形コンジローマじゃないよ。

梅毒だろうか?

淋病だろうか?

1660年代イギリス

話の筋には、うんと、それているけれど・・・・・

ジョン・ウィルモットは、自分の病を貴族の奥さんにうつしたくないから、SEXしない。

しかし、付き合っている女優に赤ちゃんが生まれる。

その子に感染したかどうだか、ママが感染したかどうだかまで描かれていないけれど、

感染症が蔓延していた凄い時代だね。

デップの話は、又明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちに作るんじゃね~エ。

P9180134_2/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

  また、

朝になると、

ほっほ~ 

ほっほ~と

飛んで来ては

つがいで鳴く鳩。

雨戸を

がが~っと

意地悪に

開けても、

雄が飛んで逃げるのみ。

P9180135

P9180136黄緑の矢印の奥に隠れおおせると思っているのか?

カメラを向けると危険を感じたのか

逃げにかかった。

頼むよ~我が家には巣を作らないで欲しいんだ。

どうして、うちのうばめがしが、鳩さんたちは好きなのか???

どうしてツバメは来ないのか???

今年もまた鳩が来た。

ワガママな選り好み・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

ヨモギ風呂

P9240075 ヨモギをお鍋で煎じて、お風呂に入れる。

前作った捨てるパジャマのズボンを切って縫った布袋。

煎じたヨモギを使って入れてみた。

休みが続くと、大抵何処かへウロウロ出かけたがる。

だから、時間があるとこんな事も出来た

これも贅沢。

その効果か連休明けは、すっきりみんな元気に出かけて行った。

主婦としては、いと満足なり。

掃除、料理、洗濯、家族の健康管理・・・ォ~!!完璧。

ヨモギの効用

お風呂の入浴剤として使用すれば、万能薬

よく水洗いしたヨモギの葉を日陰干しし、乾いてから細かく刻んで布袋に包みお風呂に入れます。水の時から入れて沸かすと有効成分がよく染み出るでしょう。おなべに水から入れて沸かしてそれをお湯を湯船にためるときに入れて見ました。生の葉を入れるときは、倍の量を使うといいそうだ。

薬効成分が皮膚を通じて全身に広がり、老廃物の排出を促進して疲労回復に役立ちます。入浴中に袋で身体をこすると、腰痛、腹痛などにも効果的、菖蒲やにわとこを併用する事で鎮静効果も期待できるんだって。

三年寝太郎が、ただ色付いているだけだと言ったが、知らず知らずに母の愛が皮膚を通して染み込んでいるのさ・・・ふふふ~。

・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子宮頸がんの予防接種

Img_4770 予防接種を否定する人には、どうでもいい話だろうが・・・・女性にいい話。

子宮頸がんの予防接種が日本でも承認されるようになるそうだ。

予防できるんだよ。

それも人生と受容できる人はいい。

だけど、若い女性にも増えている子宮頸がん。

注射3回で10年~20年予防できるんだから。

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が原因

対象年齢が26歳までというから、そうと決まったらとりあえず開始を早くにお願いしたい。

この歳になっても思い出すのは、同級生のお母さんのお葬式に行った15歳の春のこと、合格発表の日のことだった。

この話は、書いた事ある。

確かにいつか書いたな。

さぞかし、無念だっただろうお母さん。

少子化対策を言うのなら確かに、

これから妊娠出産育児を担う女性の将来を

子宮頸がんから注射3本で守ってみるのもいいことかもね。

将来子宮頸がんにならないために、予防接種する年齢になる前に、SEXしないでおきましょう。

そういう思春期教育をしないと駄目な日が来るのかもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

のび~る「にい」

P8130019 にいは、大きくならない。

しかし、小さく見えて

意外と伸びる。

ぐっと、伸びると

大きく見える。

顔が小さいからか

身体の肉が

少ないからか?

太れない・・・・・?

ともかく、立ち上がるし、伸び上がるし、身体能力はなかなかなもの。

きっちっと、散歩で真横を私のペースであわせられるようになったら、

自転車で疾走してみようかと目論んでいる。

しかし、今のにいでは、ちゃりんこごと弾き飛ばされ、怪我しそう。

ともかく、楽しみな野望であります。

二足で立ち上がり、支えなしで長時間いた何処かのSAでワンちゃんを見て、

帰ってくるなりだーさんは、

「にいより長い事、一人で立っている犬がおったぞ・・」

にいに報告していた。

あれまあ、何をにいに期待しているのか??

だーさんは、自由犬にいに、この上、何をさせようと言うのだろう?

ところで、職場の黒猫ちゃん

・・・・のみ退治目やに治療の目薬2回で、

非常に懲りたのか?

いっさい姿を見せなくなりました。

置かれた餌にも手をつけることなく、

どこかで、人を避けて生きていくことを選んだみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

京都御苑をチャリチャリ走る

Photo チャリチャリと、嵐山まで走った。

あ~ここは嵐山だ~と思った途端に、恐ろしい人人人。

それでも、渡月橋まで行くとゴールらしく・・・突っ切った。

車・人人・人力車

何故だか開店前のドライブインに入れてもらって、山菜蕎麦セットを食べた。

京都に来てようやく食べ物にありついた。

コーヒー美味しかった。

地図を貰った。

帰って来てから線引いてみた。

太秦通って、もちろんスル~。

私、映画村行ったことないんだ~あ。

ちゃりちゃり。

洛東めぐり

京都御苑に、この後行った。

広いのなんのって・・・。

行った事あるつもりでも意外と表までだったり知らないとこも多いんだね。

P9220040京都御苑ってな~に??

的外れな質問にだーさん驚いた。

御所の事なんだね。

御所の周りの公園をそう呼ぶのね。

御所は、春と秋の一般公開のときしかダメだけど

門が9つある。

歴史で

蛤御門の変ってあったよな~あ。

ほほほ・・とんちんかんな

思い思いにのんびりと過ごしている。

京都も、清水寺界隈と嵐山界隈は喧騒で気ぜわしい限りだが、

ここは静かで穏やかに時間が流れている気がする。

公衆トイレを探した。

妙に暗くて、怪しいのかと思ったら、抜群に綺麗なトイレでした。

売店も食堂もあってびっくり。

花が咲いていた。

P9220042 御苑内は砂利が敷き詰められている。

自転車で走ってもいいんだ。

そのため、轍のあとが出来て「自転車の細道」と呼ばれる走行しやすい小道が出来ている。

P9220038 それがさあ、そう言う裏路地でもあるのかと、勘違いしてウロウロした。

きっと妖しかったに違いない。

苑内は、宮内警察って書いた車がゆるゆる巡回している。

警察官がじっと、見張っていた。

ぐるりと1周回った。

予習が不十分で、

帰ってから知りましたが、

京都御苑は、

北東の鬼門を嫌って角を無くした特殊な造りになっていてね、

猿が辻って言うんだって。

撮って来れば良かったな~。

陰陽道

P9220039 四神に守られた京の町。

京都御所を中心に

西に白虎 

 北に玄武

南に朱雀

  東に青龍

P9220041

だーさん走る。

私も走る。

自転車の細道は

バギーを押した人にもやさしい。

そんな家族を見かけたら、

砂利にハンドル取られてフラフラしながらも、道を譲る。

自転車でも結構走りがいありました。

のんびり歩くといい運動になりますね。

P9220043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生八橋 つぶあん

P9220067 P9220069 だーさんと京都の町をサイクリング。

お土産の定番。

京のお土産は、生八橋「つぶあん」

八橋は硬くって苦手です。

生八橋は、美味しいね。

でも、「苦手」と、とっとこ太郎は言いました。

そうそう、私も子どもの頃、シナモンの味が苦手だった。

ドロップに混ざっているニッキ飴は、なめてすかさず吐き出していましたね。

シナモンの事を、どうしてニッキと言うのだろう?

関係ないけれど

さださんの曲に、

♪パンプキンパイとシナモンティーに薔薇の形の角砂糖一つ

  シナモンの枝でガラスに3度、恋しい人の名前を書けば

    愛が叶えられると 娘らは信じてる

当時、この歌を聞いて、シナモンスティックを買いました。

シナモンなんて好きではなかったけれど、信じてみたかった娘でした。

シナモンステックを買ったのは、後にも先にもこの時だけです。

1回試してみて、友達にも紅茶を出して使ってみて・・・

残りは長い間、食器棚に置きっ放しになっていました。

当時は、田舎の町では需要が無く、きっと珍しいもので

結構高かったんじゃないかな。

も~う、さださんたら罪作り~い

愛は叶ったかどうだか忘れた~あ。

今度30年ぶりに買ってきてみようか。

愛が叶えられると娘らは信じてる。

・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国 剣山の日の出

P8180280

P8180281 今日は黙って朝陽をめでよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

昨日の夕陽・・潮の満ち引き

P9250078

昨日の夕陽

いつも帰り道に写真を撮ったら、その日にUPしたいと思うけれど

残念ながら働く母は帰宅後は忙しいのよね。

だから、1日ずれるんだね。

日が沈む。

一日また一日と、昼間が短くなっていく。

潮の満ち引きと、月の満ち欠けと、身体で実感する。

地球に生まれて、女性に生まれて、何もかもがつながっている気がする。

仕事を終えてシミジミ帰る川の畔

きっと、私も、地球の流れに身を任せて生きていけそうだ。

P9250080

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天涯の花を読んで⑥・・・太郎笈

P8170166

四国・剣山の頂上

三角点がどうやら、この土俵の中にあるようだ。

向こうに見えるのは、次郎笈

宮尾登美子さん

「天涯の花」

第三章 剣山へ  

珠子は次郎笈という珍しい名にひかれ、由来を問うと、剣山はもと太郎笈と呼ばれていたそうで、「二つのお山さんはもと兄弟でもあっただろうかなあ」・・・・・・。

太郎は丸くなだらか 次郎は険阻で男性的

P8170173_2 話中で時おり出てくる測候所

いまは、測候所無い。

おはようとくしまさんをご覧になるとよく分かるよ。

http://www.jrt.co.jp/tv/ohayo/2001/0404.htm

天涯の花にもお隣さんとしてよく出てくる。

雪の中の測候所に近づいてゆくとちょうど百葉箱の観測に出ていた職員のひとりに出会った。広大な山の中での小さな点のような人間同士、お互い「やあ」「やあ」「今日はちょっと温いな」「ここ二三日ましやな」・・・・・・

雪崩で亡くなってもう逢うこと無くなるその人のモデルが実在されたんですね。

2001年(平成13年)4月1日測候所閉鎖

先生、本の文章を無断掲載、著作権の侵害御迷惑かけてしまっているでしょうか。

珠子に会いに山に行くのも素敵だけれど、こうして手にとって自分で読むって素敵です。

小説の珠子さん現存ならばただいま64歳のはず、山登りのお好きな方は剣神社まで登り、歳経てもなお純真さを失わぬ珠子をかいまみてはいかがでしょう。夏8月ならば一足のばしてキレンゲショウマの群生をも感動とともに眺められるとおもいます。(デナリ勝手に歳変えた)

あとがき読んで、胸がワクワクしたのは初めてでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きぬかけの道  広沢の池

P9220031

P9220032 きぬかけの道

この道に

白い絹をかけて

雪に見立てたことが

名前の由来と聞く。

車が中心地ほども無く走りやすい。

きぬかけの道の途中に

広沢の池

989年

寛朝僧正が

朝原山に寺を建立したときに

開削した。

平安時代から観月の名所だって・・・。

この池に月が映り、月をめでて歌でも読んだのでしょう。

P9220033 P9220034

P9220035_2 P9220036

あ~!!可愛い。

田んぼにズラッと案山子一列

写真撮って帰ってきたら、ガイド本にもまんまと載っていた。

案山子って不気味なの多いけれど、こちらの案山子は可愛いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

深部静脈血栓症だと思い込み・・

深部静脈血栓症でなないかと思っている。

やれやれ・・・・・。

自覚したのはいつだったか。

左大腿の表面が、何となく痺れているだけなんだけど。

左って所が好発部位

年齢性別ドンピシャ。

こればっかりは、大事な足だから放っておく訳には行かないかな。

血栓飛んで、肺塞栓はごめんだし。

足痛くなっては困るし。

山いけなくなっては、嫌だし。

P9200005 そこで、病院行ってみた。

私は、小さいときから病院が大嫌い。

なのに、意外と好きなんだと今更ながらに自覚する。

ふらりと受診

エコーに心電図などなど・・・調べてくれました。

「血管外科ではありません」と、結局、説明受けた。P9200003

痺れも腫れも、今すぐ腐るというものでも無し・・・症状が進んだら今度は整形外科に行ってくださいと言われた。

ところで、私の動脈の硬さっつ~のも測れた。

血管の硬さは20歳未満???そんな筈はない。

マユツバものでウレしかないな~あ。

それにしても信用できないね・・・ここまで若いと・・・・。

「信頼できるかどうだかは別として、

結果が悪いよりいいでしょう」・・・と、気楽な医者だこと・・・・。

信じていいのか、悪いのか。

胡散臭いので・・・判断に困る診断であった。

待合で「天涯の花」を読み終えた。

受診はずいぶん前の出来事だった・・・・ヌタハラ谷に行く前だった。

「どうも無い」(なんとも無い)と言われたので、信じて山行った。

どうもあっても、歩けたらいいでしょう。

迷惑かける事もないし・・・。

それにしても、何なんだろうね・・・・。

突き詰めて原因追求するのは、面倒になった。

や~めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「天涯の花」を読んで⑤・・・・・平家の馬場

  D1 D2

D3_3 D4

宮尾登美子さん

「天涯の花」

  第3章 剣山へ

国太郎は頂上のいちばんきつい急坂へととりかかる。

掛け声をかけながら登りつめるところは

いちめんの四国笹の大草原、平家の馬場であった。

P8170155

「・・・・・剣山はこんななだらかでやさしいんじゃ。わしはおとなしい牛の背のようじゃといつも思うとる。ほら、この広々した平家の馬場は昔、ここへ落ちてきた平家の武士団が、来る日のためにここで馬術の稽古をしたそうな。・・・・・・・・」

F1_2 F2 F3 F4

頂上は丸くなだらかでも、ここはさすがに二千メートル近くの高さ、ぐるりと一回りすると、360度の景観は全て自分の視界に入ってくるし、・・・・・・・・周囲の山をぬきん出て高いことがよく分かる。

P8170153

剣山に養女に来て宮司の夫婦に挨拶するところから

読んでいて涙が湧いてきた。

病院の待合で、泣きながら読んだ。

珠子が初めて山頂に連れって貰った山頂の様子。

珠子のドキドキが私の胸をドキドキさせた。

剣山の頂上を思うとうっとりする。

頂上は、何もないところだよ。

平家の馬場って言うんだ…そう思うと、平家の馬が訓練していた所と思うと

思い描く姿は、絵になるね。

そう言えば、台高・木梶山に行った時も、馬の訓練した場所だとか言って、広い草原歩いたなあ。

何て言ったっけ・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の町はきんもくせいのかおり

Photo京都は、きんもくせいの香りがした。

町のそこここから、くすぐるその香りは、犬のようなデナリの鼻をくんくんむずむずさせた。

京都駅の南の9条辺りのコインパーキングに車を置いた。

自転車2台降ろしてもらって、走り始めた。

ご機嫌で走り始めたのはいいけれど、大谷本廟の前辺りから、

デナリは、超不機嫌になった。

理由は、車はぶんぶん来るのに、自転車の通れる所がないの。

「京都は自転車道が整備されている」(だーさんいわく)んじゃ無かったっけ???

歩道は「自転車通るな」と書かれているし・・・・・。

路側には車止まっているから、狭い道で追い抜くには、右から抜くしかない。

この分だと、先が思いやられる。観光客は早朝にもかかわらず多いし。

最高に怒り爆発しそうになったのは、清水寺のまえ

何でサイクリングでこのコース??

だって、長い坂道自転車で、観光客をかき分けかき分け山門の前まで登って来た。

着いたとたんに、

タクシーのおじさんに

「ここからは自転車ダメだから、この辺においておかなダメだ」

と聞かないのにわざわざ窓を開けて教えてくれた。というより怒られた?

自転車デポするのかと思ったら・・・だーさん・・・清水寺へは「行けへん」ですと。

Photo_3 山門の前からまた来た道を引き返しだした。

はあ~???

じゃあ、上って来る意味あったの????

ありえない。

道いっぱいに広がって上って来る観光客を書き分け下った。

P9220021 確かに京都は快適だった。

それ以後は、意外と問題なかった。

朝の初めだけ最悪だった。

だーさんカツテ通っていた学校の前も通過したかったのだろうか。

Photo_4 円山公園を抜け、

知恩院の前を走り

P9220023

平安神宮の鳥居をくぐりって突き当りを左にそれた。

Photo_5

P9220025 京大界隈もチャリチャリ走った。

ルーブル美術館展の長い行列を横目で見つつ、これも見ないんかい???

P9220026 P9220027ともかくチャリチャリ走る。

ほんと、どこにも寄らないのね。

確かに京都は、右も左も熟知しているが・・・。

鴨川渡る。

帰りは川沿いを帰ろうと彼は言う。

朝8時半・・これからドンだけ走るつもりだ!!!

後ろに付いてチャリチャリ走る。

金閣寺・・・・ここも案の定スル~ウ写真撮る気もうせてチャリチャリ。

ここから、きぬかけの道。

ここはいい。

なんだか走っていて癒される。

何かがいいかんじ。

立命館大学見つつはしる。

Photo_6 龍安寺

ここは、だーさん・・行きたいといった。

だーさん好みの究極の侘びさびの世界。

ふふ~ん。

「我唯足るを知る」・・・ってか???

それよかわたしゃ~「お腹すいた」・・と言ったら・・・寄らずに通過。

今から思えば、可哀想なことしたな~あ。反省する

Photo_7 そりゃも~、こうなったらチャリチャリ。

仁和寺

快適にチャリチャリ。

きぬかけのみち

広沢の池からは又明日~(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

10月1日以降に分娩のすすめ

それは、休診日にかかってくる電話の多さで私たちが実感する。

病院事務さんは大変だなあ。

前に勤務していた病院では、休診日で事務さんがいない時は、守衛さんがいてそのほとんどが、対応してくれるところだった。

その前に勤務していた病院は、分娩入院用のホットラインと、時間外の電話と一般用に回線が分かれていて、休日などは鳴っても取らなくていい電話などきっちり分かれていて、取らない電話はガイダンスが流れるようにしてくれていた。

なんだ、この人は休診日を知らないのか~い。と心の中で思いながら・・・・

「申し訳ありません。本日は休診日になっておりまして、この電話は病棟で取らせていただいています。申し訳ありませんが、予約や診察の問い合わせは、診察日の診察時間内に掛けなおしていただけますか。」(ほんとうは、もっと細かく聞いて説明するんだけど書ききれないから省略)

そんな風に答える。

さすがに真夜中にかかってくることはないが・・・・・。

かかってくるのは、へんたいさんから・・・・・・。

昼間は、医療制度についての質問とかの内容・・・・。

全く知らない訳ではないが、実際的なことは微妙すぎて行き違いがあってはダメなので答えない事になっている。

P8170239_2

先日もかかってきた電話を紹介すると。

分娩費用の事前申請の制度が変わるって聞いたんですけれど、どうしたらいいですか?

被保険者本人が出産した時には、分娩費用の補助として出産育児一時金

出産のため仕事を休んでいた期間の生活費の一部として出産手当金が支給されます。

被扶養者である家族が出産した時は家族出産育児一時金が支給されます。

私が「事前申請」と呼んでいる制度は、

受取代理制度といって、出産後に受け取る出産育児一時金を、医療機関が出産費用として代わって受け取る事により、被保険者が一時的に立て替える負担を軽減する事を目的としています。

申請できるのは、出産予定日まで1ヶ月以内の方です。

ところが、この制度が変わるのよ。

支給額緊急少子化対策の一環として、

平成21年10月1日から平成23年3月31日までに出産された方については、支給額42万円になります。

(産科医療費制度未加入の分娩機関で出産した場合は39万円

引き上げにあわせて、出産育児一時金直接支払制度が導入されます。

これにともない、出産育児一時金等の受取代理人制度は廃止になります。

なんだかね~。

病院事務さんたちの手続きも変更になるらしくってね。

病院から手続きする先も変わるらしい。

役所へ出していた書類が、今までと違う名称の先になるようで、どうやらその業務を遂行する新たな団体が出来たのかもしれない。

天下り先が一つ出来たんだろうと言っている人もいると聞いた。

詳細はさだかではありません・・・・無責任でごめ~ん。

ともかく出産するママには、支給額が上がるから何も問題はない。

知らない間に団体が経由するようになるだけだもの。

分娩費用が42万円より少ない時は、差額を自分で請求する事になるそうです。

ともかく、9月30日にお産するより、10月1日にお産するほうが、支給額に差があるってこと・・・。

そろそろ予定日のママがいたら、静にしていようね。

きみきみたちに言って聞かして・・・10月1日に生まれてきてねて頼んでおいたら、聞いて切れるかもよ。

嘘うそ・・・・きみきみたちの好きにさせてあげてね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天涯の花」を読んで④・・・・四国・剣山登山リフト終点 西島

P8180385

四国・剣山 リフト終点 西島

宮尾登美子さん

「天涯の花」   

ありゃりゃ・・・何回か話の中に出てくるんだけれどね。

どの辺りに出てきたか・・・本を見ても特定できず・・・・ふふふ。

西島の祠とか書いてある。

話は、登山リフトができるとか・・・いう予告の話は出てくるが、まだ建設されていない頃の話だった。

見ノ越まで道路が開通した頃に話は終わる。

新幹線に乗って久能が剣山に向かっているところで話は終わり・・・・。

幸せに決まっている。

西島ってどうせ、登山リフト作った人の名前かなんかと思っていましたけれど

誰かの姓じゃないんだね・・・。

ふ~ん。

Photo

おかしいね。

笑ってしまいました。

リフトを使って登って来た人は、

ここで杖を借りる事が出来るんだね。

つえいれ

必ずここへ返却

ごみばこではありません。

杖が出払って何も入っていないときに勘違いしちゃう人いるんだね。

山でゴミ箱あると思うな~あ。

持ってきたゴミは、もって帰ろうね。

車から降りてきたおじさんが、コンビニのゴミ箱にゴミ捨てているの良く見るよね。

そんな感覚?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大塔山の新体操

Photo きゃー!!!

素敵な木でしょ。

木の楽しみ方は

人それぞれ。

木を楽しむなんて

私だけじゃないでしょ。

おかげさまで

山でいろんな木と出会います。

さしずめ

新体操をしている女性の木?

大塔山に行ったとき見つけた木ですの

シルバーウィーク終わりましたね。

意外と平和な連休でしたね。

天気もしばらく良さそうです。

9月末から10月初めにかけては、運動会シーズン

毎週末は、希望者多いのでしょう。

・・・子どもも孫も関係ないデナリは、シフトを見れば土日は仕事パターンです。

今日も天気良さそうなので、冬支度

今頃のこのこ、夏グッズを片付けに精を出す。

今日は、祖母に会いに、自転車で行ってきましょう。

図書館行って、本を借りて来よう。

私に手に負えるかどうか分かりませんが、

踏み込みたくない領域の本借りて読んでみますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

テレビが壊れて家族大喜び

P9210010 P9210011おくりびとを見た日のことだった。

愉しみにしていた。

ありえない事態が起こった。

おくりびとおくりびとと、家族にブログに大騒ぎしていたにもかかわらず、いざテレビを見ようとしたらご覧のとおり。

声はすれども画像は映らずWHY???

P9210012 デナリの覚悟は、アナログの表示も無視して、

2011年7月その日が来るまでこのまま見続けて

地デジに代わるその瞬間の記事を書くために

テレビが消えるのを体験したいと思っていた。

そういえば、何ヶ月か前にもこんな風に横一本の光とともに画像が消えうせたことがあった。

たまたま居合わせた、子どもたちが2人・・・

P9210013 「やった~あ!!」と歓声を上げた。

しかし、しばらくすると復活した。

それ以来、順調に楽しい番組を提供してくれていた。

しかし、

残念なことに・・・・よりにもよって・・・おくりびとの夜にテレビが壊れてしまわなくても良さそうなものを・・・・・。

神様ってなんて意地悪。

P9210014 泣きが入ったに、見かねてだーさん二階の埃まみれのテレビを持って来てアンテナにつないでくれた。

壊れたテレビの上に小さい小さいテレビが乗った。

おくりびとを、テレビが壊れた騒ぎのおかげで家族4人でみることができました。

それ以後、気まぐれにテレビはツキはしないかと楽しみにしていましたが、どうやらここまでか・・・・・。

このテレビの上のテレビで、では・・・最後の日を迎えるまで・・・頑張る気でしたが

昨日、サイクリングから帰っただーさんは、三年寝太郎ととっとこ太郎を従えて

出かけたかと思うと、「ビエラ」を買ってきた。

今日の5時に届けてくれるという。

わ~いわ~い

意気込みとは裏腹に・・・一番楽しみにしているのは何を隠そう・・・母でありんす。

うふ

「天地人」毎週録画してもらうんだ~あ。

日曜も土曜も見逃す事あってがっかりする事もなくなるね・・・・。

それにしても、朝から大掃除。

テレビの埃を拭く

テレビラックもテレビをどけると誇りまみれ

ラックをどかすと床が誇りまみれ

掃除機かけては、雑巾で拭く、拭くと又埃で掃除機かけて

テレビが背にしていた壁は埃がくっついて、拭くとまた掃除機かけて

気になりだしたら、更にもっともっとと深みにはまっていく。

自業自得だが、頭が痛い鼓膜が痒い・・・裏の埃に潜んでいたスギ花粉が舞い上がったか???

5時に電気屋さん来るけれど、その前に疲れ果ててしまった。

お昼寝したいとことだけど・・・・掃除のためにひき散らかしたリビングを何とかしなくては・・・。

誰か~あ。

かたずけてくれ~。

デナリは、ダメだ。

しかし、だーさん仕事、三年寝太郎学校、とっとこ太郎は、ろくでもない格好で2階で寝ているし、1回呼んでテレビと台を玄関まで運ぶの手伝ってもらったら、それきり呼んでも降りてこない。

だれか~あ。もう一人我が家に孝行息子はいないものか・・・・。

見回したが誰もおらず・・・・。

にいがつぶらな瞳でお座りするのみ・・・。く~!!!

あんたが、男前(あくまでビジュアルも重要)のおのこに変身して、デナリ母さん任せてくださいと整理整頓してくれないかな。

頭がトロケて、まともに考えられなくなって妄想グジャグジャ。

にいは、メスでした。

・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「京都・奈良・滋賀 自転車散歩」

P9110001 だーさんが買った「京都・奈良・滋賀 自転車散歩」

意外とたくさんの短いコースが載っていて

プランを一つ一つ行って見ようかと言う話になっている。

さて、実現するでしょうか。

チャリ通勤+休みもチャリですか・・・・

どんだけ・・・足鍛えるんでしょうね。

太ももパンパン。

ふくらはぎも腫れているのだか、単に太っているだけなのか

はたまた、筋肉隆々なのか・・・分からないし~。

はっきり言える事は・・・太いってことだけです。

ふ~!!!

そんなこんな言いながら・・・・行ってきましたよ。

とっとこ太郎も発病せずじまいだし、

ぶーぶーだーさんに罰当たりな文句を言いながら。

連休中は、家ネタも事欠かないし、UPしたいこと多すぎ~い。

聞いて聞いてって・・・・ちゃりちゃり~って行った事も、又おいおい聞いてね。

言いたくって仕方が無い。

UPしすぎで何処まで予約するんだ~。

困ったものです。ハイ

朝8時過ぎ、電話が鳴った。

それは、とっとこ太郎の担任の先生からだった。

そうか、いよいよ明日から学校が始まるんだね。

元気元気の我が家の面々。

私の休みは、明日も、もう1日。

さて、弁当に気合入れて作ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝焼けの空眠い目をこすりながら

P9220016 09年9月22日5時43分の朝焼け

高速道路を走る車の中で見た。

車のラジオから流れる声も、この朝焼けの事を話している。

P9220017

ほんの数分間、曇った空に朝焼けが映り、それはそれは何ともいえない絵になっていました。

だーさんと京都のポタリングに出かけていく途中の贈り物でした。

P9220018眠い目をこすりながら

みた朝焼けは

「今日の天気が下り坂」

を知らせていましたが、

結局京都では

雨に降られる事も

ありませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

鯛飯おいしい。

昨日は、実家に行ってきた。

[帰る]と表現しなくなったのは、いつの頃からだろう。

実家は、「居るか???」と電話してからではないと、ウカウカ行かない。

だって、1ヶ月2ヶ月の旅なんてヘッチャラで北海道とかへ行ってしまう。

車で行ける所なら、何処へでも行ける。

なのに南の妹の所へは・・・離島だからか1回も行った事がないのは何故??

それは、ともかくとして・・・・・。

敬老の日。

敬老と言うには、シャカリキな2人は、元気でありがたい。

可愛いプレゼントを持って行くと、釣りの繊細な仕掛けを作っていた。

真知母は、ケーキを切って・・・いた。

ホンの近い距離なのに、年に何回行くだろうか・・・・。

私が混んだ道に文句を言いながらケーキを食べると・・・・

アクティブ2人は・・・「混むの分かっているから動かない」

「こんな連休は何処へも行かない」・・・と言っていた。

5本指の毛糸の色違いソックス2足とレッグウォーマー1足

そして、長袖のヒートテック

うすペラペラだけど、本当に暖かいのを理解しただろうか???

ささやかでごめ~ん・・・・

この連休も家族にサービス

鯛があんまり綺麗だったから買ってしまった。

鯛めし作った。

P9210009美味しかった。

うろこはピチピチ

ピンクにキラキラ

長崎県産

何処にも出かけないけれど

美味しいもので

旅をした。

グスン私の山~。

自画自賛・・・彼岸の墓参り・敬老の日の実家帰り・家族に鯛めし

まあ、何てよき子よき妻よき母・・・

ふふふ当たり前か・・・みんなしていて・・・私が普段からしていないだけ

遂に。今日も今日とて・・・・もう、絶望的。

とっとこ太郎・・・学校の3人に一人がかかった新フルを発病しなかった。

元気に毎日うちでグダグダしている。

・・ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひるがのSAの鉄塔

Photo_4

岐阜県 ひるがのSAの鉄塔

いや~ん。

ひさびさの鉄塔・・・・・。

鉄塔には、たくさんの鳥が留まる。

手も多いし、どっしりしているし。

なかなか素敵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

夕焼けこやけでOH!Happy Day~

♪夕焼けこやけで日が暮れそう~

自転車漕ぎながら、誰も聞いていないと思って、大きな声でプラプラ歌う。

お~っと、こんな時間釣りですか?

お~っと、畑を耕す人も居た。

聞こえないよね。

聞こえても問題ないよね。

再び、口の中で小さな声でモゴモゴと、♪夕焼けこやけで日が暮れそう~

そんな歌あったっけ?って思っている貴方は正しい。

字余りで歌いますのん。

・・・夕焼け小焼けで日が暮れて山のお寺のって歌いたくなくてだって暮れてないんだもん。

P9160080 P9160081_2

P9160082 P9160083

P9160084

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

元気で毎日ありがとう。

程よくメリハリのある毎日がとっても幸せなんだとよく分かる。

一番大事なものはそれなりの心と身体の健康です。

いっぺん思いっきり自転車漕ぎながら歌ってみたい

♪Oh!!Happy Day~

歌も良く知らないし、歌えないし~い。

そうそう、今夜「おくりびと」見られるね。

完全ノーカットだとか。

私、見に行ってないんだ。

こんなに早くにテレビで見せてもらえるなんて、何だか得した気分。

何だか嬉しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

川辺の葛の花

P9190137

自転車で走る通勤道。

デナリの五感をくすぐる。

朝には香らないが、帰り道には決まっていい香り。

なんと、魅惑的な香りでしょう。

くずの花が咲く。

花も可愛いし・・・はなまる。

川面はキラキラして葛の花を演出してくれる。

視覚と臭覚に100点満点。

P9190138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

やわらかい日差し

Imgp00081_2 ヌタハラ谷の写真を貰った。

自分の写真は嫌いです。

だるまのようないでたちを目の当たりにしてげげ~っ。

Imgp00141 Imgp00161

Imgp00171_3

Imgp00191

Imgp00201 Imgp00231 

Imgp00271 Imgp00291

Imgp00401 Imgp00421 Imgp00451 

Imgp00471 Imgp00481

Imgp00491 Imgp00501

沢登りは楽しい。

時間があっという間に過ぎる。

休憩も忘れる。

食べるのも忘れる。

やわらかい日々 Imgp00091_2

写真撮影:クロトのハゲさま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年 彼岸花

P9190141 P9190142 P9190143 P9190144 P9190145

彼岸花が咲いている。

家の窓から赤が見えた。

夕陽を背に風に揺れていた。

何枚撮っても風は止まなかった。

刈り取る前の稲穂

川の流れ

P9190146 P9190147

くもの巣がはってある。

もっと光ればいいのに。

巣の主は見当たらなかった。

墓参りにとっとこ太郎を連れて行ってきた。

その帰りに、センター試験の申し込み・・・18800円振り込んだ。

も少し気合入れてくださいよ。

遂にとっとこ太郎の周りの友たちが、新フル感染から復活した。

P9190148休校措置も解かれた。

そして、遂に発病しなかった。

流行遅れを残念がる母を尻目に・・・・

「無敵の身体」と豪語する。

「お母さん、山に行けば良かったのに」

予防接種要るのかな・・・・とっとこ太郎・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

出あってしまったんだね

「あ!!臭いがする。」

普段は用心して口にしないようにしているのに、油断して口に出てしまった。

P9140066

確かに、地球のなかまだもの居て当たり前。

自分の庭じゃないんだから山には入れば、居て当然。

近頃そんな風に自然に受け入れられるようになった。

こんな山にもいるのか?と先日思ったのが、

台高・桧塚から東へ更に尾根を歩き進めるほんの少しの間

笹原が気持ちいい開けた登山道

ほんの一瞬北から吹く風に乗って2度だけ臭いがした。

風上に確かに誰かがいるんだと思った。

いっつもそうだ。

こんなポジションで遠くにいるんだと思った。

1回目の臭いは偶然。

2回目の臭いは偶然じゃないのかもしれないと自分に言い聞かせている。

さっさと立ち去る。

そばに居ても臭わないこの臭い。

被害妄想・取り越し苦労

いつもそれで済むように願いつつ。

ネットでこんな記事

   ・・・・19日って今日じゃない。

お見舞い申し上げます。

お怪我された方も

熊も

さぞかし、怖い思いをされた事でしょう。

であってしまったんだね。

19日午後2時半ごろ、岐阜県高山市丹生川町の乗鞍スカイライン終点の畳平バスターミナルで、観光客らがクマに襲われ7人が負傷した。全員救急車で搬送され、うち3、4人が重傷との情報がある。

県警高山署によると、クマは体長約1.5メートルらしい。建物でふさがれた場所に追い込まれているという。現場に居合わせた人が携帯電話で110番した。

・ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通勤道の花

P9120007 P9120008

P9120009

P9120013 P9120012

通勤道の河原には、秋には秋の花が咲いている。

ススキの穂もやせ細り・・・・・。

冬に向かって一歩一歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明宝フランクと、ひるがのヨーグルト

P8190453

高山に向かって走る。

ひるがのSA

コンビ二に寄るのは、とっとこ太郎の楽しみだった。

P8190452 2人で槍ヶ岳に登った時、行きで此処に寄ったんだ。

その時食べた明宝フランクが美味しかったんだって。

帰りに寄ったひるがのSAのコンビ二では、その頃置いてなかったんだ。

P8190454 今はどうだか知らないよ。

で、わざわざ、外からSAに入ってコンビニに買いに行きました。

ちなみに、入って出るだけなら、ETCは、無料でゲートが開きました。

P8190451_2 ひるがののヨーグルトも食べました。

なかなか濃厚で美味しかったですよ。

あれも食べたい、これも食べたいと貪欲ナリ。

P8190458 何処か観光するでなく。

何かとっておきのご馳走を食べるわけでなく

こうして、グダグダ4人でブラブラ・・・楽しゅうございました。

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

ありゃりゃ・・まさかの9連休

P9170117_2

とっとこ太郎の担任の先生から電話がありました。

土曜日も学校閉鎖続行。

いよいよ、9連休確定。

とっとこお前は、なんて強いんだ。

発病しないと、皆に言われている。

さてさて・・・・母は、狙っていた5日間北アルプスを潔くあきらめる事にいたします。

新型インフルエンザを万一発病したら、そんな子どもの状態を5日間も知らずに

山をのこのこ歩くなんてそんな間抜けな事態は避けたい。

何が大事か・・・ひとまず・・・家族への危機管理と自分の健康管理

センター試験申し込み

お金の払い込みしました。

いよいよです。

デも受験生の母の末席に参加。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハロウィンのUSJで足を投げ出し空を見る

P9170097_2 「ET 」P9170102 P9170103

USJで写真撮影OKだったから

撮った~あ。

P9170099 P9170104昔とすっかり変わっているのね。

P9170098 P9170099_2 P9170100

ターミネーター4

ジョンの写真も

掲げられていました。

P9170105

P9170125 ショーアトラクション

「ウィケッド」

歌上手いねと感心する。

P9170106 P9170107 P9170108

P9170109

P9170111 P9170112

ハロウィン パレード

華やかで楽しい。

可愛い綺麗。

P9170113 P9170114 P9170115 P9170119

P9170116

こうもりの形をした紙ふぶきが舞う。

青い空。

空に色とりどりの無数の紙ふぶきが舞う。

それはそれは、素敵。

決定的な瞬間を捉えることが出来なくて・・・少し悲しく。

P9170118 P9170120

おやつ食べたくて

何するにせよ

並ぶしかない。

P9170122

P9170121 デは疲れ果てて・・・・いち抜けた。

縁石に腰掛けて、戦線離脱。

P9170123 座り込んで

空を見上げる。

山では、疲れ知らずも

テーマパークでは、からきしダメダメ。

P9170124 お土産買った。

カード使って、気が大きくなった。

ジャカジャカ買っちまった。

P9170127  P9170110 

次は、孫とでも来る日まで、くることないだろうな~とか、思いながら・・・。

制服姿の学生さんたち。

集合時間にゾロゾロ歩く。

紛れて、たった一台・・・いそいそと帰宅する。

高速道路は、夕陽が綺麗でありました。

P9170128_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USJのハロウィン

先日、USJのハロウィンに行ってきました。

P9170129P9170085

調べが悪くてね

開園1時間半前から

スタンバイしてしまった。

家から1時間の距離

行こうと思えばすぐ行けたんだけど。

P9170130 P9170087

オープンした年には、年間パスポート買った。

結局2回しか行かなかったなあ。

11月3日までUSJでは、ハロウィン一色

パレードもお土産もランチも。

P9170088 P9170089

平日の朝一番に行ったものだから

「スパイダーマン」と

「ジュラシック パーク」は待ち時間無し。

P9170091_3 朝からジェットコースターは、吐きそうなので「ハリウッド ドリーム」を後回しにしたのが悪かった。

午後に行ったら60分待ちになっていた、躊躇していたら70分に変わり

P9170093 帰る前に乗ろうと思ったら100分待ちになってしまい、絶望的になった。

「ジョーズ」は、20分待ちで船に乗った。

「ペパーミント パティのスタント スライド」も待って乗った。

P9170090 おやつにコンボ

まあ、食べこたえがありますわ。

おいしいよ。

780円でしたか・・・ちょっと驚いてかじるかじる。

P9170094 ランチに付いていたデザートはパンプキンプリン

さすがハロウィンです。

おいしい

P9170095 P9170096

ところで・・・ハロウィンって何のお祭り???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

天涯の花を読んで③・・刀掛けの松

四国P8170139_2 剣山 「刀掛けの松」

十字路になっている。

それぞれの道は

●頂上に向かう

●西島に下る

●西に向かうと大剣神社

●向かうと修験の場

P8170140_2 

お地蔵さまも

小さいお社

P8180336

刀掛けの松

P8180337 キレンゲショウマは、

←東に向かう。

宮尾登美子さん

「天涯の花」

第一章 吉野川の岸辺

源平の戦いの事。

平家は源氏に破れ、壇ノ浦でことごとく討ち死にした。ときの幼帝安徳天皇も、二位尼に抱かれて入水し崩御なされたと教えられたじゃろ。

ところが、この辺りに今も残る言い伝えでは、安徳天皇はご守護の任を負う平教盛の二男、平国盛に守られてこの阿波の国祖谷山の山中に逃げ延びられたという。

・・・・・ほんじゃけん、祖谷山一帯には平家や武士にちなんだ地名がようある。

剣山も安徳帝の御剣を頂上の宝蔵石の下に埋めたけん、そう名づけた言うし、

国盛杉刀掛けの松・・・・。

/////////////////////////////////////////

今は、枯れて倒れて朽ちたこの松に、刀を掛けたのでしょうか?

P8180366

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヌタハラ谷の景色

P9140012 三重県松阪市 櫛田川水系 蓮川 

ヌタハラ谷

入って早々にゴルジュ 横目に見ながら少し奥へ

(あれあれ、あの山、この山の事も書いていたのに

気が多い事この上ないが、更に飛んでみる。

柔らか頭で読んでみて・・ね)

P91400132009年9月14日天気晴れ

昨日は少し雨

明日は雨の予報

そんな合間の晴れたよき日でした。

乾いていて、ナイス日和。

水は少ないめ・・・と思うよ

P9140014_2 P9140015 P9140016

P9140017 沢の分岐は意外なほど少なく、現在地が分かり易い。

夫婦滝・不動滝も明らか分かる。

夫婦滝の左岸巻きがまあたいへん。

P9140018

P9140019 夫婦滝と不動滝は別編にて。

ガツガツのぼる。

いとたのし。

すぐ、

夢中になって我を忘れる。

この沢は、しっかりした岩

逆層もなければぬるぬる岩も少ない。

チャンとホールドあるから楽しい。

ルートも明白

P9140020 P9140021 P9140022

「そのロープ持てば?」と言われて

「嫌~だ」と言った。

だって、ちゃんとホールドあるもん。

躊躇ったのは、苔と落ち葉が中に虫・先の岩にニョロさんを隠していないか薄気味悪かっただけ。

P9140023 P9140024

P9140025_2 P9140026_2  

P9140027

P9140028 P9140029 P9140030 P9140040 P9140041

P9140042_2 P9140043 P9140044

P9140045_2

P9140046_2 P9140054   

泳ぐことなく

遊べる谷でした。

(続く)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヌタハラ谷の入渓口

ヌタハラ谷三重県松阪市 は、蓮ダム沿いに上流へ。

宮の谷林道への橋を左に見ながらサラに奥に行く。

まだかまだか・・・・と走り続ける。

Photo_3 ひたすら真っ直ぐ。

キュと大きく曲がる。

そのカーブの突き当たり、ネットの写真と一緒だ!!

突き当たりの杉の木の感じで間違いないと確信する。

中に踏み跡が続いている。

ザイルなしと言う情報だがハーネス・ヘルメット・沢シューズ

虫除けスプレーに日焼け止めばっちり。

いざいざ。

P9140011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

山と川に育まれて

P9130004 自転車通勤

サッサと帰る橋の上

光がキラキラする。

カメラを出して写真撮る

P9130005

P9130006P9130007 そうそう、とっとこ太郎は、昨日から学校閉鎖

土曜まで、休み5連休。

土曜は登校予定だがそれすら休んだら9連休とか何とかほざいている。

とっとこ太郎の仲良い仲間が軒並み新フルに感染ている。

一番仲良しの友とは、「2人は付き合っているの?」とひやかされている位いつも一緒。

誤解のないように・・・同姓だし、変な関係ではありません。

その子が新フルに感染。

「すまんな。とっとこ」そんなメールが来たらしい。

「きみにもウツシタだろう」・・・という謝りのメールだろう・・が、

とっとこ太郎は何故だか発病しない。

不顕性感染なんだろうか。

P9130008

自転車こいで家に着いた。

西の空は赤かった。

川と山とに育まれて、私たちは元気です。

P9130009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カサカサの花

さあて、毎日のチャリ通はいとおかし。

真夏は避けていたけれど、真夏の河原で咲いていたんだね。

カサカサになって、種も落ちたでしょう。

こんな姿も愛おしく素敵に思える毎日です。

こんな愉しみも私の毎日に加わって、贅沢な生活送らせて貰っています。

P9120010

P9120011

右足の太ももの限局した一部分が痺れている。

いつからなのか分からないが、太ももの筋肉も骨も自覚はない。

表の一部分だけ、いた痒いのか、麻痺しているのか分からないが、ともかく何か変。

足腫れている感じがする日もあった。

どこかで何かが起こっているのだと思った。

太ももだけそれも左だけ。

痺れていても歩ける。

山に行きたかった。

でも、何か起こっては困る。

意を決して・・・循環器系血管外科と看板上げた専門病院の内科を受診した。

深部静脈血栓症・静脈瘤とか・・・その辺りを勝手に疑った。

血管系の領域ではありません・・と言われた。

喜んでいいのか、悪いのか・・・・・。

行きたかった山に、黙って行ってきた。

だって毎日往復自転車で通勤始めた。

片道50分。

一たん、休憩していた自転車通勤

毎日毎日どんな日もこぎ続けたのは、悪くなるなら症状早く出るかなと思って。

なんとも無いから山に行ってきた。

何なんだろうね・・・不気味なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゃんこを助けるプロジェクト2

P9130001 P9130003

弱った黒猫を、動物病院の関係の方が見に来てやってくれた。

私たちの思っていた程もひどくなく、命に別状もなさそうだった。

ノミ駆除と目薬二種と特別療養食と書かれたキャットフード缶を1缶

猫を触れないデが、1500円支払いました。

目薬もさしてあげられません。

ほんと根性なし。

しかし、夜勤でこんな落書きしてカンパを募る入れ物を休憩室に置いて帰った。

そしたら、どっさり入れてくれました。

私もせめて、100円。

しかし、残念な事にミルクを飲んだり、キャットフードを食べたりした猫ちゃんは元気になった。

そして、姿は消えた。

何処かに行ってしまった。

ノミ駆除後にシャンプーしようと言ってくれた同僚

飼ってもいいと言って子供さんと休みの日に黒猫チャンに会いにきてくれた同僚

夜勤の食事を分けて与えてくれた同僚

多かれ少なかれたくさんのスタッフの心配と期待を一心に背負って

黒猫ちゃんは何処かに消えた。

2回の目薬とノミ駆除が生命の危険を感じてどこかに兄弟猫と母猫とともにねぐらを変えて、姿が無くなった。

いつかフラッと戻ってくるかと待っていた。

2度と会う事が無い気がする黒猫ちゃん。

カンパに感謝して、カンパを呼びかけた紙切れに、お礼を書いて

休憩室に貼った。

ありがとう。

いつかこの街で大人になった水色の瞳の黒猫を見かけることがあれば嬉しい。

どこかですれ違う事があるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

にゃんこを助けるプロジェクト1

P9110006

ある日の午後。

職場に産み落とされた猫ちゃん兄弟

2ヶ月位経ったのに、小さくぐったりした。

前は、近寄る人間を威嚇して、シ~!!!と吹いていたらしい。

しかし、ここ数日、近寄る人間から逃げる元気も無く。

もう、ダメなんじゃないかと囁かれはじめた。

死んでしまうちょっと前?

病院の中庭に猫の死体?

あの子もうダメか???

デナリが、そんなこと言ったものだから・・・・

「保健所電話して引き取りに来てもらって・・・と、任命された」

「私が???」

「死ぬなら死ぬで仕方が無い。生きる子猫ちゃんは触れないが、死んだ子猫ちゃんなら触れるし、箱に入れて、ゴミの焼却場に持っていくから、私が保健所に連絡するのは嫌だ」と言って断った。

猫と胎児を一緒にするな!!と怒られそうだが、流産した死亡胎児を棺の白い箱に入れる。

それと何も変わらない。

だから、出きる自信ある。

猫ちゃんは、目やにが酷い。

近隣の犬猫病院に里親捜してくれるように頼む電話をかけてくれた同僚がいた。

預かっている他の動物たちに、子猫の病が移らない様に、目やにを治して健康を快復することが出来たら、預かり里親捜しましょうと言われたそうです。

そこで、子猫を救おうと・・・動き始めた。

きみきみ生まれたその時は、ママの産道にすむ細菌にきみきみの目が感染しないように

目薬をさす。

私の職場は、エコリシンという点眼薬をさす。

溶解すると使用期限がある。

期限が切れたエコリシンを猫ちゃんにさしてくれた同僚がいた。

もちろん私は触れません。

そしたら、開かなかった目が開いた。

瞳は水色でそれはそれは可愛くなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

団子美味しい

P9100029_2 

団子おいしい。

まんまるで可愛い。

艶々で魅力的。

だーさんが買ってきた団子。

/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台高・桧塚(三重県松阪市)の登山ポスト

Photo_2 櫛田川水系

蓮川

ヌタハラ谷

(三重県松阪市)に

行ってきました。

ヌタハラ林道のヌタハラ谷入り口に駐車し

夫婦滝~不動滝と沢を上り

1150m付近で、1408m桧塚に向かう沢分岐で遡行終了し沢から尾根に取り付き、桧塚に突き上げて、

桧塚からヌタハラ林道へ降り帰ってきた。

1泊2日のこの沢を後半を中止して、日帰りで行ってきました。

下山時ヌタハラ林道に降りた時、登山口にあった登山ポスト

ちゃんと、鍵がかかってありました。

ここまで回収しに来るのは、半端じゃないね。

林道は、がけ崩れの跡がしきり。

この登山道、まあ、キツイきつい。

下りにこのコースは、酷い。

しかし、この下山道のおかげで、日帰りが可能なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

鹿児島の黒糖菓子 げたんは

P9040002 鹿児島の黒糖

だーさんが頂いてきた。

鹿児島のお菓子。

名前を聞いたが、だーさん知らず。

ネットで調べてみた。

鹿児島・黒糖のおかし

げたんは

鹿児島県霧島市横川町が発祥の地とされる銘菓「げたんは」。

明治の味が再現された。

材料は小麦粉とふくらし粉、喜界島産の黒砂糖、水。

堅めの生地に黒砂糖が染みこんだ素朴な味わい。http://kyushu.yomiuri.co.jp/entame/topics/0903/to_09032203.htm

おいしい。

もっと食べたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣山の御神水

P8180378_3   P8180369_3 剣山を下る。

大剣神社

御参りして

下る。

P8180374

御神水を頂く。

日本100名水

P8180376 P8180377

病気を治す若返りの水

とっとこ太郎と冷たい朝の水を頂く。

背がシャキッと伸びる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しゃべれども しゃべれども」

P1010011_2 借りたDVDを見た。

「しゃべれども しゃべれども」

ほっこりするお話でした。

ゆず「明日天気になあれ」が流れて更にほっこりした。

今日は沢に行っていると思います。

少し涼しくなったので寒いでしょうか。

天気よくなあれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

最後の文化祭と最後の体育祭

P9090014 P9090013 P9090016

とっとこ太郎の文化祭に行ってきた。

三年寝太郎と行ってきた。

とっとこたちはとっても楽しそう。

それはそれはみんな仲良しで、これぞ青春って感じで生き生きしていました。

焼きそばを頂きました。

お金は無料。

父兄家族にふるまわれ、生徒たちは自由にいただく事が出来ます。

お店はいっぱいあって、展示から発表・・・・

なんといっても、中学生高校生・・・・おっそろしくたくさんのクラスがしのぎを削る。

いと楽しげ。

P9090015

とっとこ太郎は、中高一貫教育のカリキュラムを進んできた。

小学4年の時、その頃始めたテニスが楽しかった。

私たちの地元では、公立中学では、なかなか続けていけない環境だった。

それで、私学に進学してテニスをするために地元に進まず受験した。

本当に来る日も来る日もコツコツ積み重ねた。

よかった事は、6年間、毎日、共にテニスを続ける事、自分に負けない事、仲間と仲良くする事、仲間を尊重する事、共に学び続けたテニス仲間がいた。

そして、楽しい事にあくなきクラスメートがいつも周りにいた事・・・。

大事に育ててやってくれる先生がたくさん周りにいてやってくれた事・・・。

P9100030 それは、それは、贅沢な6年間だったように思いますね~。

まだ、卒業まで4ヶ月ありますが・・・想像つきます。

この腕の落書き見てやってください。

親にも何故だか満足感を与えてくれるこの学校に感謝します。

ちなみに、三年寝太郎も卒業生。

訪ねた母校はどんな感じがしたのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天涯の花を読んで2・・・大剣神社

P8180367 P8180371 P8180372

現世最高の良縁を願い

天地一際の悪縁を絶つ

戸も閉まっていた。

人の気配もなく。

P8180368 神社は、

岩を

背負っていた。

大剣神社

宮尾登美子さん

「天涯の花」

第三章剣山へ

通称、お花畠と大剣谷の巻き道を通ったところに無人の大剣神社があった。

「あら、ここも剣神社じゃ。大の字が上についちょる」と珠子が声を挙げると、・・・・・・・

二人並んで拍手を打った。

神社の下へ少し下がると、

そこには巨大な奇岩が傾いたまま突出しており、その根元からは残雪の間にこんこんと澄んだ水の溢れ出ているのが見えた。

この岩の下には、安徳天皇の宝剣を埋めてあるため、この山を剣山と名づけたのじゃそうな、と話しながら・・・・・・頂上へのいちばんきつい急坂へとりかかる。

今日は、本を全部読み終えました。

何だか心がすっきりして、安らぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日チャリ通

P9110002

近頃涼しくなったね。

毎日チャリ通日和です。

春から夏にガダガタ、ガンガン工事をあっちもこっちもしていましたが、

工事区間が移動して、私のチャリ通には漸く影響が無くなりました。

日に日に日没が速くなっていっていますが、しばらくは仕事帰りも快適に走れそうです。

急がない。

躊躇なく止まる。

そう決めて、余裕を持って家を出る。

朝は、7時に出発する。

写真撮ったり、自転車ついたり、車に関わらない行き帰り。

根性出したら35分くらいでしょうか。

のんびりするから、50分。

更衣室には、1番乗り。

お茶飲んで、一服する。

おもむろに、着替えて8時。

本当の1番乗りさんが出勤してくる。

P9110003_2 灰色鷺さん

鉄の看板の上に

すくっと立っていた。

撮ろうとしたら

飛んでしまった。

あら~あ。

折角撮ったのに

どれだか分かりゃしない。

P9110005 

朝陽で川面がキラキラ眩しい。

この感覚が好きなんだな。

毎日チャリ通。

明日、山に行く。

そのために、日曜休みを返上して今日も出勤ナリ。

ちなみに、この写真は帰り道の夕陽だよ。

さて、新フルで近隣の高校は、軒並み大事になっている。

例を上げて言うと、昨日、とっこ太郎の学校の中三のあるクラスは、36人中30人欠席。

今日、いよいよ、とっとこ太郎のクラスでも6人が発症した。

我が家の決戦も今週になるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

夕陽で背が温かくなる・・・疲れたらまた明日

P9100025

仕事の帰り道

夕陽を背に自転車を漕ぐ。

秋の夕陽は長い。

背中がポカポカ温かい。

帰ろう。

今日は1日穏やかな日でした。

感謝する。

P9100026

デナリの所は、あっちに飛んだりこっちの話書いたり、まあ気ぜわしい事この上ない。

分かっているけど、あふれる気持ちは、止められない。

沸いてくる文章(落書き)は、枯れる事がない。

ただ、一つ難問が・・・・。

ともかく、書いてて飽きてくる。

剣山は、もっぱら今のブームだが、ほんの数行UPすると根性なくなる。

忍耐してまで・・・意味がない。

疲れたらまた明日。

そしたら、次の日、またチョコチョコっと書きたくなる。

だから飛び飛び。

毎日読んでたら続くかもしれないけれど、雑多で訳分からないと思う。

ゴメンね、整理されてなくて・・・・・

おこがましいけれど、解説すると

連載中は・・・・①四国・剣山

         ②和歌山・大塔山

        ③岐阜・ひるがの

         ④多賀SA

         ⑤可愛い子・・・・・はずっと続けるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天涯の花を読んで① 白骨樹

P8170138四国

剣山

西島~山頂へ歩く

白骨樹

宮尾登美子さん

「天涯の花」

読み進める。

舞台は

四国剣山。

読めば読むほど

行った見たそこここが、

話の中に出てくる。

P8170144_2 もしも

本を読んでみたいと思う人は

行ってきてから読むといい。

物語の文章を通して

もう一度歩いているような

得した気分になる。

浄身

(主人公・きよみ)が

典夫の後について

ここを歩く。

何だか

何かが起こりそうで

ドキドキした。

胸がキュントした。

P8180332_2

狙って行った訳でもないのに

キレンゲジョウマ

見られたことは

本当にラッキーだったと思う。

山に行く。

本を読む。

物語の中に

どっぷり遊ぶ。

山を登ったり下ったり。

何度も何度も

往復する。

贅沢な山行き

得した。

物語に出てくるポイントを、文章と共にUPしてみるね。

お~お~!!自己満足ふふふ・・・・。

P8180333 

宮尾登美子さん「天涯の花」 第5章 天に咲く花

典夫は腕時計をのぞいて、

「今夜はうちで泊まるんやったなあ。そしたら寄り道しておそうなってもかまわんやろ」

といい、

「この先、白骨林過ぎたあたりに分かれ道がある。そこを古剣谷のほうへ向かって行くと先達さんが滝に打たれて行をする行場があるんじゃ。キレンゲショウマはその行場の当たりにしか咲かん。それもちょうど今頃だけじゃ。行ってみるか

こんなにたくさん文章をUPしたら、著作権の侵害?

それでも。

読んでいて楽しいよ。

1ぺん剣山に行って、1ぺん本読んで、思い出して楽しんでみて。

ふふふ・・・何だかゆめごこち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大塔山のキノコ

P4270142 和歌山県

大塔山

写真のキノコは

4月に登った時に

撮ったものです。

今度山に行く。

愉しみな山に行く。

きっと、

とっても楽しいに決まっている。

だって、いつも楽しいから。

天気もよさげ。

楽しい事この上ない。

P4270151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

「天涯の花」 キレンゲショウマ

P9100021_2  槍ヶ岳を歩くと

播隆聖人「槍ヶ岳開山」

六甲山を歩くと

加藤文太郎「孤高の人」

四国剣山を歩くと

平珠子「天涯の花」

山に物語りあり。

図書館で借りてきた。

PCで検索してメモを渡す。

奥の書庫から出してきてくれた。

「天涯の花」

NHKでドラマ化されたとき・・・珠子の不倫の略奪愛?が反感招いたとネットで読んだ。

表紙が素敵 キレンゲショウマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣山本宮

P8170145

P8170188_2  ルンルンで三嶺を登って降りてきた。

身の越しから上がってくるが、足が重い。

普通の観光客の人に抜かされた。

普通じゃないなと、思い始めたその時、思いがけず鳥居が現れた。

帰って来てから読んでいる

「天涯の花」

剣山の中腹に鎮座する剣神社の宮司夫妻の養女になる。

P8180325_2 頂上から降りてくると

←この鳥居。

鳥居をくぐって

振り返ると

この鳥居。P8180326_3

まだ読み終えていないんだけどね。

どんどん、読めそうです。

ワクワク楽しい事がいっぱいあった山でした。

朝陽の鳥居をくぐってあっという間に登山口まで降りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アプ3点2200gのきみきみ

P9100022

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

昨日の朝

自転車で仕事へ行く。

P9100023

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

今日は、きみきみ生後5日目

正期産の分娩にもかかわらず、きみきみの体重は軽かった。

小さく大変な思いをしたきみきみは、それでもたくましかった。

スグ復活した。

クベース(保育器のこと)には入らず元気だった。

おっぱいも上手に吸った。

母乳のみで復活した。

体重も減ったが、2100g止まりで持ちこたえた。

生下時体重に戻っただろう。

頑張ったママ

強かったきみきみ。

90996baby4 無事退院される。

おめでとう。

よかった。

ちょっと、安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

四国剣山山頂~次郎笈

P8170169 P8170170 P8170171 P8170172

P8180373  Photo Photo_2

Photo_4 Photo

P8170167 剣山頂上

三角点の木道から

階段を下りていく。

一本道が

次郎笈に向かって

伸びている。

行きたいね。

じろうぎゅ~う

ビューテフル

テフル~う。

これぞ山って感じ~。

P8170168

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多賀SAから多賀神社

P8260470 多賀SA

こんな看板ありまして、

SA外にお散歩できますよと

紹介している。

多賀神社

P8260471 P8260472 P8260473

P8260490

P8260488 P8260489 P8260477 P8260479

P8260480 P8260481 P8260483

P8260487 P8260484 多賀SAに車を停めて歩くこと15分?

多賀神社に着く。

神社の前にはお餅のお店があってね。

鳥居があってね。

太鼓橋があってね。

そこを遠慮がちに渡った。

神様にカメラを向けるはいかがなものか?

ポスターを撮ってみた。

お参りした。

おみくじ引いた。

お土産買った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひるがの高原夏の花

P8190406_2 岐阜県  

ひるがの高原の夏の花 P8190445 P8190444 P8190443 P8190429P8190407 P8190408 P8190409 P8190410 P8190411 P8190412 P8190416 P8190417 P8190418 P8190420 P8190421 P8190422 P8190423 P8190424 P8190425 P8190426 P8190427 P8190428

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

心がほぐれるとき

四国・剣山P8170198_2

夕陽が沈むのを待つ。

う~ん。満足する。

ありがとう。

感謝。感謝。

笹の葉が、夕陽を浴びてキラキラ光る。

心がほぐれる。

P8170199 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

病院の猫

P1010007 P1010008 病院の猫

さて、どうしたものでしょうか。

可愛い猫ちゃんが生まれた。

白と黒のパンダカラー

真っ黒な魔女の宅急便のキキカラー

母猫が何処からか見張っているそうです。

職場のゴミ捨て場横のダンボール置き場のダンボールの中に産み落とされた。

小さいただただ小さい。

中庭に出てきて寝そべっている。

シューっと威嚇音出すと聞いていましたが、出さないよ。

心地よいまどろみの中、動くのも億劫なのか?

捨て猫の哀愁を漂わせて、可愛いというより切ない。

病院の中庭に居ついた猫兄弟

将来はどうなってしまうのでしょう。

目が離せなくなりそうです。

P1010009_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「キノの旅 Ⅵ」「ビアンカの大冒険」

Image0151 借りたDVDを見た。

「キノの旅」

・・・・・・・・・・・平和な国・・・・・・・・・・・

競争心・敵がい心・残虐さ

タタタ人の復讐心

・・・・・・・・・・・優しい国・・・・・・・・

エゴだとキノが言った

♪遠くで降り出した雨

誰かが濡れながらそっと震える

「ビアンカの大冒険ゴールデンイーグルを救え」

「山のあなた 徳一の恋」

「レッドクリフ 赤壁の戦い」

あ~ん。

ドサドサ見続ける。

写真も確かに撮ったんだけどね。

あれ??

見た。

もう2本見たんだけどな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

優しくて

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

P8170232

夕陽は、穏やかでそれは優しくて。

今日も夕陽は、剣山で。

P8170221

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野生鳥獣って何?

P8180394 四国・剣山

見ノ越登山口

見つけた看板

野生鳥獣の密猟?

もしかして熊?

熊とって何すんの?

何のことを言っているのか

気になった。

検索してみた。

キーワードは

徳島県

野生鳥獣

密猟

野生鳥獣の愛玩飼養はメジロとホオジロに限り1世帯1羽のみ認められている

2005年徳島県牟岐署は、

海部郡の70歳男性と74歳男性を鳥獣保護法違反容疑で書類送検。

70歳男性はメジロ5羽、オオルリ1羽、ホオジロ2羽の計8羽を捕獲。

74歳男性は、メジロ3羽を捕獲。

メジロって可愛いよね。

1羽って、可哀想。

自由奪われて

孤独なんだ。

飼わないとだめなのかな?

ちょっと目の周りが白いのがお間抜けな感じで可愛い。

愛すべきメジロなんだ。

そういう文化は、必要かもね。

メジロもしかり、イルカもしかり?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国・剣山山頂の木道

P8170162 四国・剣山

山頂の木道

そうですね。

鳥取大山の頂上も

こんな感じでしたね。

P8170163

アイゼンの無数の穴

雪が積もって

さぞかし綺麗だろう。

雪の頂上は

どんな感じなのか

想像してみる。

う~ん。

どんなだろう。

アイゼンか。

四国はどんな雪が降るんだろう

どの当たりまで車が入れるんだろう。

想像つかない。

P8170164

登山者の皆さんへ

植物を守るために

登山道・木道を

外れないで下さい。

環境省・徳島県

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

何故だか触れず

P8180380 四国

剣山の登山道

剣山の御神水を

頂いてリフトの終点

西島駅

までの間だったかな。

何だかパワーがもらえそうな

素敵な木を見つけた。

鬱蒼とした感じで

いい感じ。

P8180381

P8180382  今回の山の中で

コレはと言う木が見つかったら

触れてみなさいといっていた。

とっとこ太郎に

木の幹に触れさせてもらい

パワーを頂きなさいと進めた。

なのになのに

木の皮が

生命溢れすぎて

皮がこぶこぶで

「木が凄くていい感じなのは分かるが、皮はグロィから、触るのは却下」

そう言って流されてしまった。

それじゃあ、母だけでもと思ってみたものの、母も何故だか触れなかった。

どうしたんだろうか~あ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育てのお金

P8180357 子供一人当たり26000円

すごい補助金だね。

こちとら、

ようやく来春に、

末っ子は高校を卒業するよ。

ふふふ・・・・。

ところで、考えちゃいました。

お産後のママが悪い訳ではない。

しかし、これってどうなん??って思った出来事。

お産すんでいよいよ退院。

めでたい朝の出来事。

いっぱいの病室は、退院していくママ

お見送りして、スタッフさんが忘れ物をチェックする。

余談だが

忘れ物が多いのは、冷蔵庫に飲み物食べ物・・・・。

ギリギリに出そうと思っている間に忘れてしまうのだろう。

たまに、携帯の充電器とか・・・。

あらかじめお聞きしている連絡先に忘れ物があることを連絡する。

話は戻って

掃除してくれて、殺菌システムそして、空気を入れ替えて、新しい部屋の準備完了する。

お産後に部屋がなくて待ってもらっていたママに、待機部屋を出て次のママが移動してもらう。

そして、昼ご飯は新しい部屋で召し上がってもらう。

そんなかんじが・・・病院の流れ。

ママには関わりないことだけど、

ともかく退院の日の朝は、よどみなく退院されることを待っている。

そりゃ色んな都合があって、遅くなることもあるよね。

こちらの都合は表に出さないで・・・おめでたい朝お見送りする。

分かっているんだけど、ある朝にこんな事有りました。

10時までにお願いします。

って事になっているのですが、なかなか帰れないママがいた。

ママのせいではない。

パパは、ママのベットで寝ている。

姿を見てきたスタッフが、「いつ帰られるのかな?」と言い出した。

11時になっても退院する様子ないし。

事務所から、退院の清算が完了したという連絡もないし・・・・。

どうしたんだろうな。

このままでは、お昼ご飯は新しい部屋で食べてもらえないなあ。

結局、分娩室で産後初めての朝食を食べてもらって、待機して部屋が空くのを待ってもらっていた新人ママには、昼ご飯も結局そこで食べてもらう事になった。

そんなこちらの都合は、ママには関係ないし、知らせることもない。

きっと、こんなものだと疑問にも思わないだろう。

さて、帰らないママは、帰りたくないんじゃなくて帰れない。

入院費が払えない。

お金がない。

事前申請という制度。

分娩費用にも適応できる制度がある。

分娩手当て金は、分娩後に支給される。

35万円程度でしょうか。

詳しいことは責任持てません自分で調べてくださいね。

それを、申請することで本人に支給されないで直で病院に振り込みますよと通知が来れば差額を払うのみになる。

お金のあるなしに関わらず、きちっと手続きしてくる人が多くなった。

私もきっとするだろう。

持ち歩く現金が最小限で済むから・・・私はイイと思うの。

お金のないと言ったパパは、

その手続きを知らなかったのか、

したかったけれど出来なかったのか、

もともとルーズなのか・・・・。

「盗難にあったからお金ない」とギリギリになって受付に申し出たそうです。

パパは、それで済むと思っていたんだね。

そうは行かない。

きっと、ここのところは誤算だったのだろう。

それで、

事前申請に行くように説明され、

手続きに行ったり、

完了の連絡が来るのを待ったりってことで遅れていたようです。

事前申請も健康保険を滞納なく支払っていることが前提で、

滞納があればその差額は支給額から差し引かれる。

だから、分娩手当金と入院費用の差額。

分娩手当金から差し引かれた保険料の滞納金額。

その合計を支払わないとダメで、

それが届くのを待っていたようでした。

支給金額がいくら高額でも、

きちんと支払いに準備しておくことが出来なければ他に遣ってしまうのかもしれないね。

このことは、ママには内緒にして欲しいとパパはおっしゃる。

それは、思いやりなのか愛なのか。

どうぞ、これから先。

育児・教育・生活・医療・・・・・。

どの子もこの子も、お金と時間と手間と愛情と・・・・・。

親の無償の献身を私たちの意思に関係なく強いられる。

それを親の愛と呼ぶのだろう。

親の都合なんか関係なくお金は要る。

自分の食べるものがなくても子供に食べさせてあげたいと頑張る。

そういう親に支給される時、生きる補助金なんだと思う。

分娩の入院費すら用意できない状況の人生のスタートの子

その子のせいではない。

これから先の諸々のことを想い描く。

どうぞ健やかに。

すこし、堅実に。

すこし、切り詰めて。

すこし、先を考えて。

余計なお世話ですが

この子とママを守ってあげてくださいね。

・・

こん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国・剣山山頂・宝蔵石

四国・剣山山頂

P8180286 P8170147

宝蔵石とフュッテと

朝陽と

P8180318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

紙一重で守られたなと言う感覚

お産は怖い。

今日も私は、きみきみとママとともに守られた。

お産の神様に感謝する。

今朝。

この手に黄土色したきみきみ生まれた。

周りのみんなは、後で「足が震えた」と話した。

子宮口が全開で分娩室に移動した。

胎児心拍監視装置をつけた。

そして、スグ再び内診した。

すると、

胎胞(羊水で満たされて胎児が入っている袋)がパンパンになって

破水寸前でした。

いよいよ、分娩になると破水するのは当たり前で

珍しい事でも

とんでもない事が起こっているのでもなかった。

しかし、今朝は

そこからとんでもない事が起こった。

その内診で破水した。

するときみきみの心拍がどっと下がった。

普通、ママの2倍くらいの心拍数なんだが、一気に半分になった。

破水とともに低下したきみきみの心拍数。

臍帯がきみきみより先に出てきたのではない。

羊水も全く濁っていない澄んだものだった。

出血もない。

ママの心拍をモニターしているかもしれないと、ママの脈拍を見た。

違う。

違う心拍だ。

きみきみの心拍だ。

心拍が下がる事は少なくない。

ママの向きを変えてもらう。

変わらない。

反対側に向いて横になってもらう。

何も変わらない。

酸素マスクでママに酸素を吸ってもらう。

きみきみに酸素が届けと、ママにゆっくり大きく深呼吸してもらう。

しかし、大抵このあたりで、陣痛の無いときは、元の速さの心拍に回復する。

今朝のきみきみは全く戻る事がなかった。

もう、回復する余力はきみきみに無いという事で、一刻を争って生まれるしかない。

他の業務をしていたスタッフを呼び戻し

主治医に連絡、大至急と言ってもらう。

分娩後のきみきみが入るための保育器をONしてもらった。

蘇生(仮死状態のきみきみを生き返らせる処置)のための

処置台インファントウォーマーという)も暖めてスグ処置できるようにスタンバイ。

きみきみを、大急ぎで出すために、お下に会陰切開を入れるだろう。

その時のために、表面麻酔を注射器に吸う。

蘇生後の管理をお願いするために小児科のドクターに連絡する。

前置きを長く書いたが。

きみきみが破水し胎児仮死状態になって20分後

生まれたきみきみは、予想通りの仮死だった。

泣かない。

色の悪いきみきみ。

かろうじて、酸素できみきみの色がましになったが、泣く事が出来なかった。

両手両足はダランとしていた。

ママは状態がいい、出血も無い。

きみきみをインファントに移動した。

吸引して酸素を吸ってもらって・・・私たちがする事は生まれた直後と何も変わらなかった。

きみきみがはっきり泣いた。

きみきみ生まれて8分後、小児科のドクターが到着した。

スグ任せて、ママの元に戻った。

きみきみのぎゃあぎゃあ鳴く声が響き始めた。

その地点のアプガールスコアは8点9点

そこで、みんなホッとした。

スグに、きみきみの血中酸素濃度100パーセントに上がって、下がらなくなったので

生まれて20分後に、

0.5L流したマスクで酸素を吸いながら

ママの胸の上でカンガルーケアーを開始した。

う~んう~んと唸っていた。

胸の動きが苦しそうだった。

しかし、カンガルーケアーをしているうちに、呼吸状態が落ち着いてきた。

遂に生まれて41分後酸素を止めた。

きみきみの血中酸素濃度が100パーセントから下がらなくなった。

ママのおっぱいをマッサージした。

乳腺を開通させてきみきみの胃袋に

1刻でも早く、

1滴でも多く

ママの母乳を入れたくて

ドンドン圧をかけて出した。

その母乳をきみきみの口の中に垂らした。

きみきみは、それに答えてしっかり吸った。

きみきみは、保育器にも入らず

ママと同室同床で帰室した。

酸素濃度を測る機械をつけている以外は

他のきみきみと変わる事はなかった。

私自身のプライベートな記録は、まだしていない。

ママの横で眠るきみきみの写真のみ撮らせてもらって勤務を終えた。

帰宅して寝た。

とっとこ太郎は、お昼寝している。

三年寝太郎は、バイトに行っている。

だーさんは、休日と言うのに、アルバイトに招かれてお話に出かけて行った。

これから、図書館に本を借りに行くがてら、

きみきみの8時間後をのぞきに職場に行ってこようかなと思った。

行きたいが、止めとこうかな。

これもまた、神様の思し召し。

満月の夜が明けた朝の出来事。

明日仕事に出勤すればわかる事だし、

スイッチを切って、身体を休めて次の勤務に備える。

勤務の時は、神経を集中する。

それの方が正解か?

気になるが我慢する事に、心が決まった。

紙一重のところで守られたなと言う感覚

心も澄んで・・・・穏やか。

P8170200 ・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

剣山山頂フュッテに

P8180387 剣山山頂ヒュッテに泊めて貰った。

登山口の見ノ越からみえる

小屋は、山頂ヒュッテ横の

雲山荘

山頂に泊まった日は

空いていて2館は空けていませんでした。

P8170146窓からの見晴らしは

とっても広々。

とっても青々。

空も雲も星も朝陽も

手に取れる。

P8170149_2

P8170150 P8170152 P8170183 

P8170184

P8170249

P8170250 P8170252 P8180293

P8180304 P8180324

食堂の談話室には

そうそう、

「岳」が5巻くらいまで

置いてあったな。

お風呂に入れてもらえました。

さっぱりしました。

山でお風呂だなんて・・・でもネットで調べて知っていました。

混雑する日は、どうなんでしょうね。

のんびり出来ていい日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草刈り機の音が響く今日

P9050005_2

今年も稲刈り

唸るような

地響きのような

響く音が耳に鳴り続ける

草刈り機の運転音

P9050006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

今朝4時に目が覚めた

P9050003

今日の朝陽だよ。

4時雨のような音が聞こえる。

気になって窓を開けてみた。

道は濡れていなかった。

杜の木が風でザワザワしただけだった。

窓を開けて洗濯始めた。

干した。

にいを散歩に

朝陽がマッタリしていた。

P9050004 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメットが飛んで来て、神秘十字にビビル

昨日、また運転中にびっくり。

昨日は休みだった。

髪のカットを2時に予約をしていた。

少し頭痛がする。

でも予約してあるから行かなくちゃ。

でも気が進まない。

今日を逃したら

「お茶の水博士」

当分生活していかないと

ダメになる。

おでこは禿げていないけれど、

前髪をひっつめて

ちょんまげにしているので

まるで、アトムの博士

そうそう、

片側三車線。

右折しようとした。

対向車線が走り去るまで待った。

全部行ってしまったから右折し始めた。

一番端を原付バイクのおっちゃんが突っ込んできて無理やり先に、凄いスーイードで、私が右折しようとしている方向に左折した。

そして、私も右折した。

平日のこの時間

茶系のアロハシャツ

このおっちゃん何もの???と思いつつ、ハンドルを真っ直ぐにして、車が落ち着いたその時、おっちゃんの頭からヘルメットが飛んだ。

そして、走っている私の車の前に飛んできた。

止まった。

ヘルメットを轢かずに済みました。

気がついたおっちゃん。

単車を停めて、誤りながら拾いに来ました。

端によったその姿に、にっこりしてあげる気になりませんでした。

何か不気味なものを感じて・・・轢かなかったことにホッとしました。

走る単車から、かぶっているヘルメットなんか、普通飛んでくる????

ちょっと、気色悪い。

不気味。

P8180322_3 これは、

おまけの話なんだけど

美容院で読んでいた雑誌で

手相占い。

手のひらの中央に

十字架のクロスがあれば

その人は

霊感に優れ

そういう仕事に就くとか・・

何とか書いてあった。

ふと見た手のひら

中央に十字

ひえ~~~~

手のまんなかに、ばっちりくっきリ大きな十字。

私。

霊感要らないし。

絶対要らないし!!!!

思わず言葉にしてしまった。

美容師さん聞いてくれたから、説明して感想のべた。

「気色悪いし~。霊感なんか要らないし~。」

帰って手相検索した。

キーワードは、手のひら・十字

知脳線感情線の間に  十字があると  それは「神秘十字」って言うんだって。

手を思いっきり開いて皺を伸ばすと知能線の少し下だった。

線の上のようにも見えるけど下下。

微妙。

違う違う。

縦は運命線だし。

「奉仕十字」って言うのもあるらしい。

それもありますなあ~。

ともかく気色悪さは消えた。

ほ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長距離ドライブのにい

P8190450

P8190461

P8200465 ひるがのへ

にいも連れて行きました。

車酔いも心配しましたが

全く問題なく。

ハアハア言ったり

ゲロゲロ吐いたりすることもなく。

キューキュー泣いたり

ガサガサ暴れたりすることもなく・・・至っておりこうさんでした。

よかったよかった。

いいぞ~!!にい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

たった今いまの夕陽

P9040001 たった今今。

振り返れば窓から見える

今の夕陽。

髪をカットに行ってちょっとご機嫌。

しかし、何だか頭痛いのは何故?

いい加減夕食作らないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質問の答え

Photo C1 C2_2 C3 C4 C5 C6 C7

Photo_3

四国・三嶺の頂上

三角点があってね。

まあ、とっても見渡し良好

遮るもの何もなし。

澄みきった彼方

青い山々

P8170072 眼下には

池と三嶺避難小屋

それはそれは

素敵です。

頂上には、

誰もいないと思ったら

高知から男性が

1人おいでになっていました。

私たち2人の写真を

撮っていただきました。

こちらの山は、

初めてですか?

と聞いてくれました。

きちんと返事しなかった。

そうしたら、あの山は・・・・。

この山は・・・とお話してくれた。

矢筈岳

烏帽子山

高野山

あるんだ。

あるんだ。

四国にも・・・・・。

次からは・・・・四国の山セカンドステージってところでしょうか?

知らない山々の頂を踏んでいこう。

剣山頂上フュッテに置いてあった「徳島の山々」って本

当たり前だが、マニアックな山満載だった。

ちょちょっと、日帰り無理かな~ってまじまじ見ていたら

現役で山に行っているのか?

昔山に行っていたのかとフュッテで聞いてくれた人がいた。

何て返事していいか分からなかった。

山道具屋さんで・・・どちらの山に行かれるのですか?

店員さんに聞かれても思う。

何て返事していいのか迷う。

頂上でも下界でも

山のこと聞かれたとき、どんな風に返事しようか迷う。

迷っている間に、「ええ。まあ。ニッコリ 」で済ませてしまう。

スラスラ・・・山を語れないデでありました。

用意していたようにスラスラ答えられる人の理解に戸惑う。

戸惑う自分に戸惑う。

でも、何だか嬉しい。

どちらから来られたのですか?

「名頃から登ってきました。」

たいてい、登山口を答える。

往々にして、自宅の都道府県名を問い直される。

珍しいっすかねえ。

言うと・・・復唱される。

田舎ものですみませ~ん。

P8170073 抜いてきた2パーティーは、

下山途中で

すれ違った。

その方々は、

愛媛県の方々と

中国地方の方々と。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜県ひるがのSAのスマートIC

P8190456

P8200468 かろうじて、4人が何とか揃った。

中途半端で、遠出も出来ない。

とっとこ太郎がテニスがしたいといった。

P8190455 ひるがのに久々に行くことになった。

にいも連れて行けるし。

調べが甘くて

知らなかったよ。

ひるがのSA

サービスエリアだけど、

インターチェンジの役割も

出来るようになっているんだね。

知らなかったのもだから、

高鷲ICで降りて、

P8200466 何とかロードを夜中にドライブした。

スマートインターチェンジと言って

普通のインターチェンジを作ったら

多額の費用が要るところだが、

このシステムで

SAから出入りできるようにすると

経済的にICを作ることが出来るのだと、テレビでやっていたと、とっとこ太郎が今頃言いおった。

帰りは、ここから高速道路に入って

帰りました。

初めてひるがの高原に行ったのは、

三年寝太郎が小学2年の夏休みだった。

P8200467 その頃、まだ高速道路が郡上八幡ICまでしか出来ていなくって、

南も各務原で東名高速道路とつながっていなかった。

だから、どうせ国道を走らないとダメならと、養老あたりは、地道を走り、

郡上八幡ICから白鳥の町を抜けて

長く長く走ったっけ・・・。

そのうち、白鳥ICが出来て、

名神高速とつながってどんどん便利に行き易くなってきた。

今は便利で、地元の高速ICから直通だ。

なかなか道路を作ってもらうのも悪くないねと話ました。

楽々・・・・。

だーさんと運転半分ずつ。

にいも、ご機嫌で乗っていました。

恐るべし・・スマートIC.

ETCを装備している車のみ、サービスエリアから高速道路に入れる。

ETCを装備している車なら、サービスエリアに外から買い物に行けるんだよね。

高速道路無料になったらETC必要なくなるから買い控えしている人がいるって?

変なの~。

つければ便利なのにねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝蔵石の向こうに朝陽が昇り幸せな気持ちになる

P8170242

P8170243 四国・剣山山頂

岩の上に、祠があってお祭りされている。

岩は、宝蔵石ていうんだね。

その下には、水がはってある。

蓋があって気がつかなかったが

とっとこ太郎が、見つけた。

P8170241

P8170244 P8170246

ちゃんと、初穂料は2人分ケースに入れました。

人形祓い

P8170247_2 デナリはゆっくり沈みました。

とっとこ太郎はあっという間に沈みました。

とっとこ太郎は、大喜び。

P8170248 受験は

これで

OKってかあ~???

そんな美味しい話は、

そうそう

転がっていましぇ~んよ。

母の願いは、

一心に

厄払い、

厄落とし。

災いから

お守り下さい。

人形祓いをとっとこ太郎が見つけたのは、剣山の夕陽を堪能した後だった。

P8180307 P8180308 P8180309 P8180315 P8180316

書いたのは、夕刻日没後だったのですけれど、きっと明日の朝は、真っ赤な太陽が見られる。

きっと朝陽をいっぱい浴びてから、人形祓いしようって相談していたんだ。

宝蔵石の向こうに朝陽が上る。

母と子に、幸せがみなぎる。

P8180317

P8180320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

だーさんのお昼寝

P8150026 いや~ん。

お見苦しいものをお見せいたします。

だーさんのお昼寝でございます。

P8150027

P8150029 にいは、

だーさんが大好き。

三年寝太郎

どっちが好きなのか

聞いてみたいが

さて、どっちだろうか?

三年寝太郎のことは、

明らか大好き。

だーさんも大好き。

構って欲しくて仕方が無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先に歩いてと言われて

P8170064 四国

三嶺

稜線まで

上がってくると

さえぎるものが

無くなって

それはそれは

見通し良くなる。

天気は

抜群に良かった。

P8170065_2 P8170066

抜け出た頃から

とっとこ太郎

テンションが

一層良くなった。

先に歩くと

P8170067 が遅れる。

ペースを合わすのが

面倒になったのか

「やっぱり、先行って」

と、トップを譲られた。

気合入れて歩いてくれ!

そう言わない穏やかさが

貴方の優しさなんだと、頼もしい。

貴方にアイゼン・ピッケル

買ったらさぞかし

面白い山に

行けるだろうにと思った。

本人は、望んでいるわけでもないんだが。

P8170068 P8170069

青い山・青い笹原

P8170071

登りが一段落したら池に出た。

頂上がそこに見えた。

P8170075 四国

三嶺

噂とおりの美しい山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただの望遠鏡に大喜びする

P8170185 四国剣山頂上フュッテの前

お母さん。

望遠鏡、遠くまで見通せるよ。

P8170186 真面目に山々を眺める

とっとこ太郎を押しのけて

山が見えることより

タダだということに

デナリは反応して

まあ、

がめつし!

とっとこ太郎に

代わり返すことなく

かぶりついた。

P8170187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

木は四国・剣山の木

P8180335 こんばんは。

デナリは、元気です。

耳の下の痛みは

朝はありましたが、

昼がピークで

その後消えた。

咽頭痛は無く

イガイガ感はあった。

咳は、イガイガ感による

軽い咳払いは少しあった。

朝の熱は、

36.7

私は元気だ。

食欲は、やや落ち。

いや、普段が凄すぎるだけで、今は普通なだけかもしれない。

マスクして仕事をした。

お騒がせいたしました。

私は、元気です。

とほほ

しかし、あけもどろの集会が明日あります。

念のためお休みしようと思います。

木は、四国・剣山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も剣山

P8170220

P8170218

P8170223

今日も

8月17日

四国剣山

夕陽自慢。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝の暗がり

おはようございます

昨日は休みだった。

カットしてカラーして貰いに行こうと思っていた。

膝の裏が痛い。

朝になったら、病院行こうかなと思っていた。

行ったほうがいいかもしれない。

また、この件は落ち着いたら書くとして・・・・

結局病院には行っていない。

三年寝太郎が東京から5日ぶりに帰ってきた。

「いい気なものだ」と・・・チクリと釘をさす。

1年半後には、更に進学すると言っている。

それならそれで、今からもっと本気出しておかないとね。

「自由な生活もいいが、浪人なんてダメだからね。」

「●●か、○○しかダメだからね。」

「落ちたら就職してください。」

「遠くへ進学したかったら・・・生活費を働いて貯めてから進学してください。」

嫌なこと言いツイデに、

「人ごみ生活5日間

今日から7日以内にあんたは、新フルを発病する」…といってやった。

「何でそんなこと言うかな!!」

「そんなリスクを犯して楽しんできたってこと覚悟しときなあ!!」

フン・・と振り切るように2階に上がってしまった。

こんな時の声賭けは・・・食事に限る。

ホイホイ降りてきた。

東京の同行者のクラブの後輩・男性が口唇ヘルペスだとか・・・・

疲れて抵抗力が下がっているのね。

免疫落ちているのね。

医学部生のその後輩から

「先輩方も健康管理に気をつけてください」

メールが来たそうです。

単なる母のイヤミだけではないんだと・・・ちょっと聴く耳持ってくれたかな?

ふふふ・・・三年寝太郎の1週間以内に新フル発病にかけしました。

三年寝太郎は、もちろん未発病に500円。

私は、発病に500円。

しかし、そう言う尻から

デナリ母は自分自身が危うし。

昨日の昼過ぎから・・・何だか咳は出ないが喀痰が絡む。

喀痰絡まなくなったと思ったら、昨日の夕刻から両耳下腺が痛いの私。

足の病院どころの話ではないんです。

「お母さん~!!

板の間に寝たり、不摂生するからやん!!近かよらんとこう!!」

とっとこ太郎に言われました。グスン

「医療従事者ワクチン優先接種だって??」

「輸入ワクチン??嫌だな~。」

って職場でそんな話題・・・・

「私、射たない」って言ったら・・・

「射たないのは勝手だが、それで新フルに、かかって欠勤でもしたり、周囲に新フルうつして、蔓延でもさせたら、何て言われるか!!」という話になった。

そうだね。

そうだね。

妊婦さんに新フルをうつさない。

インフルの妊婦さんにイイ看護やイイ助産するためにも必要なんだね。

射たないと駄目な日が来たら予防接種を射つ覚悟した矢先・・・これですか?私。

さて、明日からのデナリの健康に注目あれ!!

家族みな元気

デナリどうなることやら・・・・

P8180384

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

四国・剣山山頂ヒュッテの夕食

P8170179

四国・剣山の頂上ヒュッテの夕食

とっても美味しかったよ。

とっとこ太郎がおいしい。

美味しかったと言っていました。

お腹いっぱいになりました。

頭からパクパク食べました。

P8170178 お蕎麦も

あまごも

お願いしてから作ってくれるのね。

P8170180_2

多分、人気の混んだ日にはそうも行かないのかもしれません。

でも、のんびり、いい日に泊めて貰いました。

P8170180

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショベルカーに招かれて

通勤ネタその2

疲れた朝は、先週の事になってしまった。

毎日飛ぶように過ぎていく。

元気で活気ある毎日が送れている証拠だと、感謝している。

時速20キロで走る軽乗用車について走った朝の次の日

神様は、私をからかって面白がっている???って思うような朝だった。

今日も私かよ!!!!

前を走るトラック

トラックの荷台の縦横の長さにぴったりのキャタピラー

ショベルカーを積んでいる。

ショベルと長いアームは、トラックの後ろに突き出して

トラックの振動で私の車に向かって、おいでおいでする。

素人目にも、これっていいの??って聞きたいくらいの危険予知可能。

見晴らしよくて風が通って、気分いい。

しかし、アップダウンがある、左右にもカーブが激しい私の通勤道。

トラックが揺れるたびに、ショベルがぐんぐん動く。

それにも増して、トラックが振り子電車のようにユサユサ軋んで

荷台がシナル。

タイヤがキューっと、つぶれる感じ。

カーブを出る時にトラックもショベルカーも元のポジションに戻る様子を何度も目にする。

デナリの頭を

トラック横転  のニュースの見出し

妄想がいっぱいになる。

だめだめ

巻き込まれたらイヤイヤ・・・・くわばらくわばら。

少し後ろに引いた。

あれ????

バックミラーを見たら、のけぞった????

私の後ろの車は、私を避けてか、はたまた、私の前のトラックを避けて?

恐ろしく後方を車間距離とって走っている。

止めてよ!!

私が目立つじゃない。

昨朝の時速20キロの時より精神的にキツイ。

それに、区間が長い。

30分くらいついて走っただろうか???

疲れた。

私が右折するまで、延々走り続けた。

途中、事故が有った様で警察車両が出ていた。

原付バイクが路肩に・・・。

こんな見晴らしのいいところで・・・あれまあ・・・。

警察官2名が立っていた。

おまわりさん、おまわりさん・・・前のトラック見て見て!!!!

P8280012 デナリの心の声が届いたのか・・・・

一人のおまわりさんが・・・前のトラックをずーっと見ていた。

お~!!!いいぞ!!!

と思ったが、眺めて見送っただけだった。

それだけかい!!

何とかせんかい!!

横転するぞ!!

聞いてみたい・・・この積載量って合法??

それから、変わらずゆるゆる10分ついて走った。

こんな朝はごめんだよ。

おいでおいでに招かれて・・・・

笑う門には福来る

やれやれ、今朝も今朝とてブログネタ

止まって撮って走っても、追いつける交通渋滞

ごめんなさい写真撮っちゃいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三嶺の稜線

A1 A2 A3 A4

四国・三嶺登る

稜線近くなってくると、見渡せてますます楽しくなってくる。

三嶺から西へも縦走したいね。

東にも縦走してみたいね。

だーさんは、独身の時一人で縦走したそうな。

ふふ~ん。

B1 B2 B3 B4 B5 B6 B7 B8

B9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »