« 彼岸花は・・・ | トップページ | 早朝に下る時、山が又おいでと言った »

2009年10月 2日 (金)

連休の訪問者

秋のシルバーウィーク

結果的には、山に行かなかった。

全員集合の1日は無かったが家族と共に過ごした。

連休初日だっただろうか?

昼間

100均に行くついでに、買い物もしたかった。

三年寝太郎とっとこ太郎と共に車で出かけた。

途中で、忘れ物に気がついた。

引き返して帰ってきた。

家の前に車をつけた。

三年寝太郎に取りに入ってもらった。

エンジンはかけたまま、スグ出て行こうと待っていた。

何気に見ると男性がご近所さんの前に立っていた。

その手には、黄色い紙を持っていた。

たすきがけのカバン、反対の手にはバインダーを持っていた。

何の勧誘か?調査か?

あのお宅の前に立っているってことは、うちにも来たな・・・と思った。

玄関門扉から入っていった。

なかなか出てこなかった。

ちょっとして、出てきた時、黄色い紙は持っていなかった。

門扉のポストに入れないで玄関のポストに入れたのかなと思った。

うちにも入れてくれているかな??

ポストを開けた。

何も入っていなかった。

おや???

何だ?

私の触手がヒクヒク反応した。

なかなか三年寝太郎が出てこないから、車に乗って、その男性をじっと見ていた。

その場を離れて歩き出した。

じんわり、何か異質のものを感じ始めた。

三年寝太郎が出てきた。

発進した。

すると、まだその辺をウロウロしていた。

声かけようと思ってもなんか避けられている。

今度は、うちの隣の隣の裏に立ち、2階を何か調査している振りをした。

通りかかりの車の中からまじまじ眺める私たちと1度も目をあわせなかったその男性に

不信感が募った。

少し走って車を停めた。

振り返るとその場に立って、何かしている風に見えるが明らかに挙動が変だった。

その場で振り返りじっと見ていると、明らかに先ほど入っていった家のまえに戻っていった。

車の場所から左へ入ると、先ほどの家の前まで見渡せるから、車を降りておっさん何をしているかその角からそっと見てきて・・・・ととっとこ太郎に言った。

とっとこ太郎降りて見渡せる角まで入っていった。

のぞいていたとっとこ太郎が走って戻ってくる。

こっちへ歩いてきている・・・・。

角まで来て、車を見るなり、男性くるっと引き返して行った。

明らか怪しい。

左へ入り自宅の前にまた車を回して停めた。

099_3 見ると今度は、ずっと向こうにスタスタ歩いていた。

先の家は調査しないのか?

黄色い紙切れは??

じっと、その人がいつ振り返るか見ていた。

500mずっと先まで見渡せるその道をサッサと歩き続けた。

施設の建物の角を曲がって姿は見えなくなった。

Aysdigenahito  どうせ、近所のキャッシュコーナでお金出さないと何も買い物できない。

意図しないで男性の歩いた方へ車を走らせた。

いなくなっているね・・・と、ずいぶん走ったら,男性がまだ歩いていたいた。

追い抜いて近くのスーパーの駐車場に入ったらやっぱり怪しげに歩いていた。

この道、人あまり歩かないのよね。

キャッシュコーナでお金出して、戻ってきて、本当に買い物に出発しようと車を出した。

男性何処かに行ったかな?

見たら・・・田んぼに降りるスロープの陰に隠れてこちらを見ていた。

怪しい。

そんな所で何したいのか・・・。

スーパーに車を置いていたんで帰るに帰れなかったのかも?

別に、付いて回るつもりなんてサラサラ無いんだけれど、注目していたら明らか怪しい男性だった。

怪しいけれど、何だか気持ち悪くてドアップの写真は撮れなかった。

連休の留守宅を見て回っていたのかも知れないと思った。

駐在所に言おうかと思ったけれど、止めた。

オレオレ詐欺と勘違いした電話の一件があるので、またまた、暇人丸出しの御馬鹿な妄想おばちゃんくらいにしか、思われないきがして・・・躊躇した。

実際そうかも。

本当に、黄色い紙をポストに入れてあるのか?

留守のご近所さん所に見に行こうかと思ったが、それも止めた。

そっと入っていく私の方がいかにも怪しい。

本当に空き巣入ったときは、ややこしい。

誰かご近所さんを誘って立ち会ってもらおうと思って夜に電気のついているお宅が無いかと見渡した。

あいにく車も無い。

夕方の早い時間は、我が家だけだった。

ついて回られて、しばらくご近所には来ないだろうとタカをくくった。

あきらめた。

そして、忘れてしまっていた。

写真みて、そんな事もあったなあと思い出した。

今もご近所に空き巣が入ったという話は聞いていない。

しかし、そう言えば連休の最終日

インターホンが鳴った。

「中ノ島の何とかカンとかと言いますが、水回りのリフォームで回らせてもらっています」と回って来ていたな。

チラシの1枚も入って無かった。

ホント?営業???

後から、モニターのメモリー見た。

景色だけで

その男性は映っていなかった。

リフォーム会社が実在するか調べてみようと思ったが、名前思い出せなかった。

だーさんの車が出ているから留守と思って確認しに来たのかも・・・・。

いやはや・・・の妄想は留まる所を知らない・・・・。

グスン

私の仕事では、おや??とか何か変?とかいう感覚は、流してはいけない。

それが予兆だったり、実際に異常が起こっていることがあるから。

ママの訴えも流さない。

そう言う仕事しているから・・・か?

妄想婦人だからか・・・?

ちょっと、変だとひっかかって仕方が無い。

困ったものです。ほんとグスン

|

« 彼岸花は・・・ | トップページ | 早朝に下る時、山が又おいでと言った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休の訪問者:

« 彼岸花は・・・ | トップページ | 早朝に下る時、山が又おいでと言った »