« 京都の春日茶屋のよもぎもち | トップページ | ガジュマルの黄葉 »

2009年10月19日 (月)

オシロイバナのいい香り

Pa180150 一面オシロイバナが広がって、何故だか今年は今頃満開です。

いい香りが夕刻になると漂って心地いい。

土曜の夜中、イヤイヤ・・・日曜の草木も眠る丑三つ時

家の外の道で、ガシャン!!!と音がした。

あわてて、窓を開けた。

道に自転車が倒れていた。

立った若い男性が散乱したA4くらいの紙を数枚拾い集めていた。

目と目が合った。

街灯をつけ覗き込んだが、何となく状況が想像ついたので、そっと戸を閉めた。

きっと、自転車で真夜中、こけたのでしょう。

朝、見て驚いた。

彼は、自転車乗っていて、道で自転車ごと倒れたんではなかったようだ。

ご覧あれ!!!

道の向こうのオシロイバナが、広く大きくなぎ倒されていた。

ちょうど自転車の形だね。

そうか、私が見たのは、オシロイバナの中から自転車を引き上げていた最中だったのね。

すると、酔っていたのか?

若いのにお気の毒さま。

自転車も飲酒運転だね。

路肩外して、大きく段差を外れて空き地に落ちたんだね。

恐らく怪我したでしょう。

怯えるように頭を上げた坊主の男の子の目が焼きついていいる。

貴方もお酒で失敗するタイプかもしれませんね。

お大事に!!!

それにしても、きっときっと、花のいい香りがしたことでしょう。

|

« 京都の春日茶屋のよもぎもち | トップページ | ガジュマルの黄葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オシロイバナのいい香り:

« 京都の春日茶屋のよもぎもち | トップページ | ガジュマルの黄葉 »