« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

母の欲しい物

Pb130070 Pb130071

まち母(デナリの実母)の誕生日

プレゼントは、妹のいる南の島への旅はいかが?

聞くと一人で行けないという。

何が欲しい?

パソコン買ってインターネットしたいと言う。

OK!OK!

明日パソコン買いに行こうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三嶺~剣山のきのこ11月

P1010009 あわてんぼうのデは、写真はピンボケ

四国三嶺~剣山の11月末

さすがにキノコは少なかった。

Pb230107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三嶺を下ったら池が凍っていた

Photo Pb230069 Pb230070 Pb230071

/

/

/

四国三嶺から剣山に向かって下ったら池があった。

11月23日池は凍っていた。

風は無く、天気は一転とっても良くなった。

Photo_2

Pb230044 Pb230045 Pb230046

山のむこうまで

歩いていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

私どうなちゃうんだろう

Pb150084

母がやってきた。

美味しいイカを持って、烏賊そうめんを作ってくれた。

とっとこ太郎と3人で昼ごはんを食べた。

だーさんは、仕事。

三年寝太郎は、大きな文化会館で試験監督のアルバイト。

烏賊ゲソ、烏賊えら、・・・なんだったっけ?

どっさりいっぱい残っているから、早く使いなよと・・・言われたから、

今日はお好み焼きです。

関西では・・・なんていうと・・・違うよといわれそうですが

我が家では、キャベツがどっさりある時、おいしい山芋ある時、

たっぷり卵ある時、烏賊がどっさりある時

時には・・・・夕飯がお好み焼きになります。

デモね・・・・、3時のおやつを食べ過ぎた。

血糖上がりすぎて、食欲が無い。

お好み焼きの用意も億劫だ。

昨日から何故だか、くしゃみが止まりません。

鼓膜も痒い

目も痒い

涙も出る

鼻の奥も痒い

喉も痛い

まるでスギ花粉と同じ症状だ。

11月の中頃から変だなと思ってきた。

11月22~23日四国・三嶺~剣山を歩いてきた。

三嶺の小屋で夜咳が出て止まらなかった、息がヒューヒュー鳴った呼気はピーと鳴った。

両方の鼻は詰まって息が苦しかった。

風邪かなと思っていたが・・・・どうやら・・・・・。

何かアレルゲンに反応している。

私だけかと思ったら、同僚も言っている。

ネットで見ても似たようなこと書いている人の文読んだ。

何に反応しているんだろうね・・・。

試しにクラリチン1錠、昨夜飲んだ。

鼓膜も治まった、目も何とも無い、涙も止まった、鼻もなんとも無いし、喉も痛くない。

効いているんだね。

こんなに早々と・・・飲み始めるなんて、私大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臍の緒を巻いたお産②

Pb190105

先日の分娩経過をみさせて貰った胎児には、陣痛が起こる前から、エコー診断で

首には4回巻いていると言われていた。

遠くの町からの里帰り分娩のママだった。

パパは、ドクターだった。

帝王切開になるか、正常分娩になるかは、微妙な所だった。

帝王切開を勧める根拠も無いが、正常分娩できると言い切れる根拠も無い。

陣痛が起こってきた。

夜勤者から引き継いだ。

里帰りだがご実家の方は来ないでパパがずっと付き添った。

慌てず騒がず出すぎず・・・頭でお産を何とかしようとしない所が尊敬に値する。

ドクターらしくないパパだった。

じっとママの側に寄り添い、信じて待つ。

産科のドクターでもここまで出来るパパがいるだろうか?

支えました、待ちました、いつしか子宮口は全開しました。

分娩室に移動してからも、お産はなかなか進まず、

子宮口が全開してからも一定の所から降りてこなかった。

苦しいよとサインを出した。

ママには、酸素をマスクで吸ってもらった。

ずっと、きばらないで我慢してもらった。

ここまで来たら、踏ん切りつけて産んでしまうしかない。

ためらう児の背中を押し、ママの子宮が疲れ果ててしまう前に、

陣痛を強めてはどうだか・・・・・陣痛促進剤の使用を相談した。

主治医から説明、パパ・ママの承諾・・・・点滴を入れてお産を進めた。

ここまで付き合ったのだから、きみきみの顔をみて帰りたい欲望はあったが

体力・気力が満ちて出勤してきた同僚に託す。

18時過ぎに母児とも無事にお産されました。

気になるお産は、次の勤務で記録を読む。・・・・・・・・・・・・・

記録によると、生まれる時にきみきみたちは、生まれやすい方向に回旋しながら出てくる。

その回旋できみきみは、自分で臍の緒の4回巻絡を解きながら出てきた。

生まれた時は、最終的に何回巻いていたかは忘れたがきみきみは、正しい方向も分かっていたんだね。

本当に賢い子でした。

私が朝、したことは・・・・・・

生まれる前のお腹の中のきみきみに挨拶した。

もう生まれていいんだよ。

首に巻いていてキツイかも知れないけれど、怖くは無いよ。

ママもパパも待っているからね。

と、声かけた。

パパとママにも声かけた。

赤ちゃんはきっと聞いているから、心配ないと声かけてあげてと頼んだ。

きみきみは、聞いてくれていたんだね。

臍の緒を4回巻いたお産が数日後にもあった。

その時も私が関わらせてもらった。

今度は、きみきみを取り上げさせて貰えた。

書くのも嫌になって来たから明日へ    

臍の緒を巻いたお産③へ続く~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三嶺~剣山の鹿捕獲について

Pb230096

   P1010005_4

シカ捕獲作業のお知らせ

三嶺登山者のみなさまへ

香美市では、三嶺とその周辺地域の自然植生被害軽減を目的として銃器による鹿の捕獲作業を下記の通り行います。

捕獲作業の際には、猟友会の補護作業員や誘導員の指示に従って頂くようお願いします。

Pb230080

Pb230095_2 Pb230116 

鹿の糞は登山道に絶えない。

ところどころには、鹿の臭いしきり

足跡・・・イヤイヤ・・ヒズメあと。

三嶺水場で親子の鹿を見た。

高知県側で走る鹿を見た。

鹿の鳴く声は、あっちこっちで聞いた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

臍の緒を巻いたお産①

Pb230089 臍の緒を巻く

聞いたことがあるだろう。

臍の緒を巻く。

専門用語で言うならば

臍帯巻絡

さいたいけんらく

と読む。

さて

奇しくも、

首に4回巻いたお産の経過を2件につくことになった。

臍の緒を巻いた児のお産について・・書いてみよう。

昔、帝王切開した児が出てきたときには、児の正面から見たら、

首に1回

胸の前でクロスした状態で、昔の侍さんが決闘する時に袖が邪魔にならないように紐でくくるような状態とでも言いましょうか・・・たすきがけになっていた。

胎児心拍監視装置で陣痛が起こる毎に、胎児は悲鳴を上げるかのように、心拍が落ちた。

陣痛が強く、更に間隔が短くなるまで、耐えられない事は明らかだった。

帝王切開意外に無事に生まれる術は無かっただろう。

もちろん元気に生まれた。

その後も巻絡は、場所を変え、回数を変え、巻き方を変えて、きみきみたちは生まれてきた。

臍の緒の長さは、個人差がある。

巻き方の強さも個人差がある。

どうして巻いちゃうのかな?

ほんと不思議だ。

うちの子たちは、巻いていたことが無いので、巻いている分娩とそうでない分娩の差が分からない。

しかし、確実に胎児が陣痛をコントロールしていると言える。

陣痛を起こす事に躊躇して、予定日を大きく越えるような児は、自分で調整しながら進んでくる。

準備が進む。

子宮口が熟化して、

陣痛が始まれば開いてくれるように週数を重ねて、決して慌てないんだね。

陣痛も一気に強くしない。

強くしてみたり、緩めてみたり、もう1回強くしてみたり。

押したり、引いたりして、自分の限界を推し量っているようだ。

そして、もう行こうと決めた時、ためらわず進んでくる。

抽象的な表現だが、離れず側で経過を見る私の感想。

側で私のすることは・・・・・

児が悲鳴を上げないか?

限界がきていないか?

必ず経膣分娩で生まれられるか?

神経張って、看ているんだよ。

臍の緒を巻くお産の続きはまた明日・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天ヶ岳から寂光道を更に下る

Pb130072 京都・天ヶ岳~寂光道を下る。

今日あたりは、最高の紅葉だろう。

朝の早くから京都南ICの渋滞を知らせる交通情報がやっていた。

Pb130073 Pb130074

この分岐まで車が入れるだろう。

一般自動車は駄目そうだけど・・・。

大原の里には、十名山が有ってね

翠黛山・焼杉山・天ヶ岳にここから登れる。

Pb130075 Pb130076 Pb130077

Pb130078 Pb130079

Pb130080 Pb130081

Pb130082 Pb130083

Pb130085 Pb130087_2 Pb130089 Pb130086

Pb130088 Pb130090

Pb130091

今日は、大勢のみなさんは、天ヶ岳に行かれたことでしょうか?

鞍馬の紅葉は・・・・・・

大原の紅葉は・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真を探せば探すほどに落ちていく

ちょっと、へこんでいます。

気をつけていて、そういう事態が起こらないようにしているのに、そうの様になった時、

大きなさもあらん失敗をしたときより、何だか気力を消耗する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デナリ・・・どうした!!

大丈夫か???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう言って、きっと気にしてくれる人が私の周りにいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

書けばなんだ~そんな事か。

そう言われるだろうから、書くけれど、

私は、分娩介助させてもらった新生児(私は「きみきみ」と呼ぶ)の写真を、分娩の記録とともに残して行こうと決めている。

生まれて数日しか入院していないママときみきみには、2度と関われない巡りもある。

それは、悲しいかな勤務助産師の宿命と割り切っている。

自分の心と体の健康のためと、割り切っている。

だから、せめて生まれた後のきみきみの写真を残しておこうと決めているのに、

数年前、夜勤明けで山に行ったことがあった。

帰ってきた後に写真を撮れば間に合うと思って明けに撮らなかったことがあった。

その時のきみきみ3人の写真が今も無い。

撮り忘れたのだ。

それから、自分に決めた。

どんなにヘロヘロに疲れた朝でも、

どんなに時間が遅くなった朝でも、

帰りには必ずきみきみの写真は、撮ってから帰る!!

それから、何年が経っただろう。

自分の反省とともに、2度と同じ失敗はしないと決めていたのに、

11月5日生まれのきみきみの写真が2人ない。

保存先を間違えでもしたと、たかをくくっていた。

落ち着いた休みに、捜せばいいや・・・と思っていた。

昨日探した・・・ない。

疲れていたので早々に寝てしまった。

今日探した。

ない。

撮らなかったか?

その記憶すらない。

凹む。

ちょっと、立ち直れない。

11月17日のきみきみも、21日のきみきみも、27日のきみきみも、7人分が書けない。

書けばいいことは分かっている。

写真探せば探すほどに落ちていく。

先に進む方法も明らかで

でも

先に進めない。

些細な事で、ノックアウト。

沈んでいく自分を自覚する今

Pb190106

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

雲の海

Pb230064_3 

雪が降った前日とコロっと違う尾根歩きの日

午前中に、遠くの景色の中には雲が残っていました。

Photo_2 

見渡せば太平洋が見える・・・・筈

雲の海が見えた。

Photo_4   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

登山道に霜柱・氷・雪

Pb230073 2009年11月22~23日

四国・三嶺~剣山

登山道に霜柱

Pb230130_2  Pb230131_2

雪が舞った。

次の日、日が当たらなかった日裏にゴロゴロ氷が雪が残る。

Pb230133

一人で、明日縦走して日帰りで駆け抜けて降りてこよう。

予備日も1日ある。

何だか絶好のチャンス

下見は済んだ。

行ける。

余裕で行ける。

そう思った。

しかし、

安い交通費で山に行ける日じゃないんだな~

まだスタットレスに履き替えていないんだな~

慌てない慌てない

いつかチャンスは回ってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格闘中の私へ

Pb230057

おはようございます。

爽やかな朝をお迎えの事と思います。

私は、明けの朝。

あと数時間で帰って寝られると、自分に言い聞かせ格闘中だと思います。

本当は、今夜から山に沢に行くの楽しみにしていたんだけどね。

グスン

さあ、あとひとふん張り・・・・明けの心地よい睡眠を夢見て・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

四国・三嶺~剣山

Pb230117 Pb230118 Pb230119 Pb230120

一面ササハラ

一面アオゾラ

ずっと、ずっと山が続く

Pb230074 Pb230075 Pb230076

Pb230077

ため息が出そうな笹原でグルリと写真を撮ってみる。

楽しいよ~。

綺麗だよ。

冬枯れの~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレスは

「ITホワイトボックス」 見ました。

ブログのテーマの巻

2004年が日本のブログ元年と言われているんだって。

私が山が大好きなデナリを書き始めたのは、2006年1月

一気にブログ人口が増えた頃だったんだね。

流れに乗っかったんだ。

ほほ~お。

ブログの評価

●インタラクティブ

●更新頻度

●文章の書き方

●テーマ設定

●デザイン

CSS    ちゃんと・スムーズ・スピーディー

RSS 気に入った情報をあらかじめ登録しておくと新着リストが届く

トラックバック

ウィークタイ (弱い紐)が結構重要

新しい社会が出来始めている。

Pb190107

脱線の話

そう、三年寝太郎が話していた。

キーワードは クラブの後輩が辞めたいと言っている。

         ネットのコミュニティーの交流

         

おばさんの感想は、「おろかな~」「わかいね~」

学部がさまざまだけど、後輩は医学部

聡明な人でもするっと通れない人間関係なのかも・・・。

それを学びに学校に通っているんだと思うよ。

PCに向かっているだけでは感じる事も無い葛藤

それをストレスと呼ぶのだろうか?

話がますます反れてしまうが・・・・

そういえば、山の笹原

休憩ポイントで休憩した。

地面に薬が落ちていた。

[デパス]

精神安定剤として服用する人もあれば

副作用の眠気を、睡眠導入剤として服用する人もある。

内服する人の自覚する副作用は、眠気、ふらつき、めまい、肝機能異常、呼吸困難、動機、口渇、過敏症、健忘とHPで読んだ。

妊婦さんの情報でたまに聞くから何の薬か知っている。

山にこの薬を持って登ってくる人がいるんだね。

山でも必要ってことか?

寝るのもストレスかかるってことか?

落とした人は気つきもせず・・・・・拾いもせず・・・・・

PCも山も・・・・ストレス発散する場と感じていたから・・・驚いた。

どれもこれも、現代社会を垣間見た気がした。

仕事でも落ち込んだ同僚の話を耳にした。

それが人間ってことか。

鈍く生きるのも悪くないかも・・・。

繊細で感度良好

びんびん響いてガンガン撃つ

あっちもこっちも気を使う

自分を制御しすぎると、辛いよね。

狸もよし

鈍いのもよし

無邪気もよし

たまにはスイッチ切ってみよう。

そうすれば楽になるから・・・・。

聞かない振り

見ない振り

気つかぬ振り

大馬鹿な振り

鈍い振り

全然普通に出来る・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国・三嶺を下る朝陽を待つ

Pb230043 Pb230044 Pb230045 Pb230046

夜明け前

三嶺を下る。

Pb230051 Pb230052 Pb230053 Pb230054

山で夕陽を見るとき、それはそれは幸せな気分になる。

山で朝陽を見るため待つとき、それはそれは感謝の気持ちでいっぱいになる。

Pb230049 Pb230050

さあ来い!

Pb230055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

青い空冬枯れ

こんばんは。

何か自分のブログなのに、自分のものでない感じ。

何か開いて驚いた。

読む気の無くなる字ばっかり。

どうして、こんなに整理されちゃったんだしょうね。

せめて、最新の記事くらいそのまんまでUPして欲しいです。

そもそも、「続きを読む」は好きじゃないし・・・。

そうか・・・その人の意思でそうしていたんじゃなかったんだ・・・ね。

今、初めて知りました。

自分の書いた記事と自分のUPした写真見るの好きだったんだけどな。

自分でみても何か寂しい。

Pb230106

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四国三嶺・剣山縦走の帰りは

Photo_3

四国・三嶺~剣山の縦走の帰り道

つるぎの宿岩戸

シャンプー・リンスは、ついていません。

50円で購入

私は試供品が温泉セットのカバンに入れっぱなしなので、

安いにこしたことが無い。

入湯料400円なり~。

下山後

調子悪くてね。

寒気がして、吐き気がして、眩暈がして・・・・。

車に酔ったか、ふらふらしつつ温泉に入った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日の出前に三嶺頂上に立つ

P1010032 日の出前に、山頂付近の三嶺フュッテを出た。

暗闇にランプをつけて足元に注意を払って歩いた。

空は満点の星、今日は天気がいいよと言っていた。

一面真っ白な世界は、無かった。

普通の朝の道だった。

P1010033 三嶺頂上は真っ暗だった。

目がなれて、

かすかな光に瞳は慣れて

不自由なく歩く事はできた。

Pb230034 Pb230035 Pb230036

Pb230037

Pb230039 Pb230040 

暗いような

明るいような

Pb230041

Pb230047 Pb230048

三嶺の頂上から下る方向はちょっと注意

明るい時なら大丈夫だけどね

早朝暗闇は、ちょっと注意してね。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

四国・三嶺・名頃登山口の看板

Photo_2  クマに注意

登山、山仕事される人は

十分注意してください。

四国・三嶺・名頃登山口

こんな古くなって汚れた看板見ました。

今回名頃~三嶺~剣山~見の越・・・・何処も独特な匂いはせず気配なし。

感じんな~あ。

10人で歩いていたが、それだけのせいではないと思うよ。

鹿のにおいは、登山道でも其処ここに臭いと姿を感じた。

吹き上がってくる風も

吹き降ろしてくる風も無かったかもしれない。

季節のせいか?

臭いは1回も無く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月22日名頃から三嶺へ

P10100012009年11月22~23日

三嶺~剣山を縦走してきました。

名頃から三嶺に登りはじめました。

P1010003 名頃の駐車場から林道を登りショートカットの谷沿いの道を登り

、奥の駐車場迄行かないで、途中からの登山道を登りました。

あけもどろ10人の例会でした。

P1010004 P1010007 P1010008

P1010010 P1010011

空には太陽は無く曇り空を登りはじめたのが10時、午後から雨で明日は曇りから晴れの予報でした。

昼前にはみぞれが降り始め、三嶺の避難小屋につくころには雪と強い風が吹いていました。

P1010012 P1010014  足元はこんな感じ。

この辺りは、凍ると下る時

ちょっと緊張するかもね。

滑るとえらいこっちゃ。

小屋から水場に

この道を下る。

共同装備として10人各自1Ll持って上がった。

それで足りない人がいた。

日没前になって、汲みに行くと言ってくれる人がいた。

水が足りないと言う人は、誰も汲みに行くのに付き合うという人はいない。

「来なくていい」と言ってくれたが、何があるか分からない。

私の方がややこしいのは、重々承知だが一人で行ってもらうのは、嫌だと思った。

P1010015 P1010016 P1010017

P1010018

P1010019P8170067

P1010020_3 P8170094 

P1010021   

P8170066

夏と景色は大違い。

楽しい・面白い。

山を堪能する。

山はコレだから止められません。

初冬は笹が枯れ、足元が確認しやすく歩きやすい。

ガスのために、高度感なく緊張しない。

今回は何か拍子抜けなほど楽ちんだった。

P1010022 P1010023

P8170068

P1010024_2 P8170071 

明日の朝

目が覚めたら、一面の銀世界LOVE

期待した。

ワクワクしながら、三嶺避難小屋で5時にシュラフに入ったのよ。

・(

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま四国・三嶺~剣山縦走してきました

P1010024

ただいま。

今日山から帰ってきました。

2009年11月22日三嶺の池  雪が激しい風とともに降りました。

P1010026 頂上の避難小屋に泊まりました。

Pb230135

明けて昨日11月23日雲一つ無い晴天

左奥は四国・剣山右は次郎ギュウ

ずっと、縦走してきました。

あけもどろ10人で行ってきました。

今日は、やっぱりお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

山を降りたら電話します

Pb200005

山から降りたら、電話します。

そう言って山に出かけます。

職場には手術日と言うものがあります。

手術といっても帝王切開と極々稀の子宮頚管縫縮術しか行われません。

帝王切開の手術が予定に上がる。

手術日に必ずOP係という係りがある。

さて、デも何年か振りにOP係りになっている。

山から降りたら電話します。

何故かと言うと、手術が無かったらOP係は要らない。

すると休みになる。

不確かな休み。

12月になると消えて無くなる有給休暇がある。

繰越も代休も買い上げもされず・・・・消滅する。

それを使えばいいと言われる。

さて、さて、明日は休みでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分から行かないとだめなんだ

Pb190109

自分から行かないと駄目なんだ。

CMの一節が、何故か耳に残る。

そうだね。

そうだよ。

「待つ」という謙虚さや控えめさが美しいなと感じる。

でも、いいじゃない。

「欲張らず」「でしゃばらず」

そうじゃなくてもいいじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣山の朝陽2

P8180271

写真は、夏の四国・剣山の朝陽だが。

さて、今日は四国の山に登っています。

連日のお茶目。

山が大好きなデナリであります。

帰ってきたらまた聞いてね。

違うか・・・見てねだね。

山の上は、冬でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

週2はきつい

Pb150085

楽しい事もほどほどに。

そういうコントロールが効かないデは、時に週2回山に行く。

そういう自分を制するように、自分に言い聞かしたこともあったが、

人生観が変わった。

許されるならそれもよし。

出来るのならそれもよし。

チャンスがあるのならそれもよし。

したくても出来ない人もいる。

したくてもできない時がある。

したくても出来ない場所もある。

チャンスがあるなら行き続けましょう。

だって、思ったんだもん。

もう行けなくなるかもしれないと思った事があった。

もし、また行けるようになったなら、行きたいだけ行くんだと

いける機会があったなら、行けるだけ行くんだと

価値観が180度変わった。

週2はきつい。

でも、楽しい。

好きな山ならなおさら行きたい。

今日は、何処の山で寝ているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文字に写真に表せない秋

Pb130053

京都・寂光院道

真っ赤な紅葉を見た。

赤いと言うより真紅

こんな木もあるんですね。

Pb130052

落ち葉が雨に濡れる。

それもそれもいい感じ

Pb130054 でもね、カサカサに乾いた落ち葉を

け散らして歩く時の

落ち葉の音

秋の豊かさを感じます。

あの音は

あの感覚は

文字に出来ない

写真に残せない

秋です。

日本はいいね。

よその秋を知らないのに変だけど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もも緑茶

Pb020004 三年寝太郎が、貰ってきたお茶。

「もも緑茶」

すごっく香りが桃

でも、ぱっと見、薄めの緑茶

こりゃ、何じゃ!!!

桃の甘酸っぱくジューシーな香りが広がる、爽やかな緑茶です。

原材料名:緑茶・香料

原産国:日本

製造者(有)コント・ド・フランス

        京都市下京区

香りが続くから4煎も飲んでしまった。

出がらし茶殻も置いて置いたら、いい香りする?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

涙ぽろぽろの

Pb190004 昨日

デナリは、ぼろぼろ涙が出ました。

たまねぎ半分摩り下ろし

ホウ酸500g

牛乳で耳たぶくらいの硬さに練って

容器に詰めた。

分量は適当。

夏に作りたかったんだけど怠けちゃって。

植木鉢を持ち上げると、華奢な小さなゴキブリが走る。

わたしゃ、ゴキブリ怖くも嫌いでもないんだが

やわな他3人が嫌うから、退治することにした。

ゴキブリも凍える冬が来たのに・・・今更ね。

何かの足しになるかとペットボトルのキャップを貯めて来ましたが

ホウ酸団子に変わり果ててしまいました。

調子に乗って摩り下ろしたたまねぎは、家中に拡散して、何もしていないのに

今もぽろぽろ涙がこぼれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都・天ヶ岳

Pb130046 Pb130047 京都・天ヶ岳

京都・天ヶ岳は、加茂川の源流部を持つ。

天ヶ岳から東に伸びる尾根は、4月終わりから5月にかけてシャクナゲが多い。

今回は、お世話する菜さまの下見のお付き合いで、寂光院道を大原に降りた。

Pb130048 Pb130049

Pb130055 

Pb130051_2

Pb130050

Pb130058 Pb130059 Pb130060 Pb130061

Pb130057 Pb130062

杉の植林

防鹿?ネット

そろそろ人里

寂光院は近いか?

Pb130065

Pb130063 Pb130064

Pb130066_2 Pb130067 

Pb130068 Pb130069

寂光院道は、下りに使う時、侮るなかれ・・・(下見の感想)

ほんのわずかの区間ですが、霧雨で濡れた急な岩地面落葉がかぶって滑りそう。

トラロープ付き。

高齢者の方から幅広く参加者45名引率予定の菜さまは、ここは・・・想定外だったと、言っていましたね。

過ぎてみれば、山では良くあるコンデションの道。

お馬鹿のデなら、周りに怯えられながら跳ねて降りてしまいそうですが。

流行ってますね。

山歩き。

登山ブーム

テレビでやってますね。

皆さま、十分な準備と確実な計画と安全な判断と・・・・。

良い山行きを・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬ソナの木

Pb150055

ハーブ園にあったメタセコイアの木

丸い大きな実がなっていた。

メタセコイアの木は、「冬のソナタ」のドラマ中で並木道

素敵でしたよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

わが子が舞台上で司会する

Pb180087

我が家は、今、花盛りです。

三年寝太郎が頂いてきた花束。

三年寝太郎が、定期演奏会で司会した・・・らしい。

想像つかないあなたの姿。

「あなた何もの?」と言うくらい頻回にあっちこっちへ演奏に出向いているようだ。

機会があれば聞きに行きたいと思うが、このかた行った事ないまま。

Pb180093 来年は、4回生

だーさんは、最後は絶対花束いくつも持って聞きに行くんだと

言っています。

 

いやいやそのずっとずっと昔からデ母は、行かなかった。

ピアノの演奏も行ってやったのは、小学中学年くらいまでだった。

たまに、だーさんは聴きに行っているみたいです。

Pb180090 花束

トランペット

仲間

司会

演奏

あなたはそのままで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鞍馬から薬王坂~天ヶ岳

  Pb130014_2  鞍馬から薬王坂

天ヶ岳に登り大原に降りる。

鞍馬から天ヶ岳への道は

自然林が多い静かな道。

Pb130015_2 

Pb130016 Pb130017

Pb130018_2 薬王坂

ほどほどの

まったりした

古い石段ののぼり。

薬王って、なあに?

Pb130019Pb130020_2  Pb130027 

Pb130029

表示がはっきりしているから迷う事もない。

そこここに、標識がある。

しかし、525.2のピーク付近は方向を二度変えるよ。

Pb130021_2 Pb130025 Pb130023 Pb130024

Pb130028_2 Pb130030 Pb130031 Pb130032 Pb130033

鞍馬の尾根が見える。

Pb130034 Pb130035 Pb130036 Pb130037

Pb130038 Pb130039 Pb130040 Pb130041 Pb130042

Pb130043 ほら、いい感じでしょ。

Pb130044

Pb130022

↑こんな看板もありましたわ。

Pb130045 あんまり、これと言って変化のない道。

この岩見てから

30分何となく頂上に着いた。

メンバー:あけもどろ

菜さま・枷さま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜はボジョボジョ

Pb190003 我が家も、ボジョレーヌーボー

「何も世なのかに乗らなくてもいいんじゃない?」そう言う私に

だーさんが、

「お祝いものだから」とか、「縁起ものだから」とか、

何ていったか忘れたが

何だかかんだか言って、昨夜買ってきた。

ペットボトルに入っている。

昨日は、とっとこ太郎を除いて、酒盛り酒盛り~。

三年寝太郎恐るべし・・・・

お酒は何でも来い!確実に強くなっている。

何やかんやで、もまれていますなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

海まで行って来た

Pb190099 Pb190100

Pb190101 Pb190102

/

/

今日はね、休みだったんだけどね。

朝から手こずりそうなレポートがあってね。

それが、午後まで引きずりそうだと覚悟していた。

開き直ったら、あっさり午前中に解決した。

早速速達で郵送した。

明日が期限だった。

余裕で間に合った。

ホッとした。

Pb190095_2 だーさんに、

先日、ご機嫌の自転車道を見つけたことを話した。

お昼を食べて走りに行くことになった。

あの先まで、走りたかったんだけどね。

行き止まり。

Pb190103

空は、どんより曇っていた。

風は、とっても冷たかった。

Pb190104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の揺らぎが可愛いね

Pb150083

パートナーの携帯電話を見たことアル?

ニュースでやってましたね。

ほほえましくって、笑っちゃいました。

デ?

見ないな~。

多分これからも。

それがいいとか悪いとか、そう言う事もどっちでもいい。

何だか、でも、見る人には愛があるし、心の揺らぎが可愛い気がする。

見ないデには、愛がない?

そういうこともないんだけれど、ものぐさなもので・・・・。

なんか、面倒な気がして、おまけに時間がない。

きっと、こっそり見たら見たで、黙ってられるわけでもなく。

見た感想なんか言ったりして

分析結果なんかコメントしたりして

そういう自分の姿も面倒で~。

確かに見ない。

見せてくれると言っても「どうでもいいし~い」と

けんもほろろに言い放ちそうです。

言いたい事は

だからって、愛がないわけではありません。

まあ、愛があってもなくても

どっちでもいいし~い。

そうそう、近頃ちょっと、思っています。

携帯電話持たないで生きていこうかな~。

みんなに不便やで~え!!といわれて、未だ踏みとどまっていますが・・・。

自分の携帯電話も見ないんだから・・・・。

ほほほ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣山の朝陽とちょこっと御礼

P8180274

おはようございます。

今日も元気です。

私のブログを整理してくれたりしてくれて

見易くしてくれている方が何処かにおられるのですね。

ひっそり、ありがとうございます。

いや~あ。

ひっそり、好きな「鉄塔」をどっさり検索してくれていたから、

人の目には、デナリの鉄塔はどんなに見えるんだろうね?

ちょっと、興味を持ってクリックしてみた。

そしたらね・・・綺麗になっていた。

ありがとうございます。

ささやかに御礼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

あずきキャラメル

Pb150010 お土産ではないけれど

ありゃりゃ~。

先日歩いた山で

あけもどろの柚ちゃんが持っていた

あずきキャラメル

お~!!

食べたいと思わなかったけれど、

写真ははずせません・・・・。

あずき好きなデも一度は食べねばならんかのう~。

あんは、十勝産あずき使用ですと・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい景色

Pb150004_2

30年ぶりに、生まれて育った地を歩いた。

育った家ももう無く

歩いて回ることも無く。

我が物顔に駆け回っていた頃を思い出した。

子どもの頃、夏休み毎朝、ラジオ体操に通った児童公園

いつ以来だろうか?

こんなに小さい所だったっけ?

こんな小さな広場の秋祭りで獅子舞が空中を舞った。

獅子舞が舞う太い竹を切り出す亡き父が子ども心に嬉しかった。

そんな頃が懐かしかった。

感無量だった。

家は立ち並び。

見る影も無いが、家の前に柿の木があった。

駆け上がった神社の階段はハードで、薄気味悪く怖い所だった。

Pb150005 Pb150006_2

Pb150007 Pb150011

昔と変わることなく

神馬がこちらを見ていた。

人里はずれた西の端にあった神社は、一人では決して行かない所だった。

公園から神社までは、田んぼしかなかった凸凹道だった。

今は昔

懐かしい小さな小さな頃を思い出した。

Pb150008_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更にお昼寝するわ

Pb150037

こんにちは。

ちょっと、サボってしまいました。

私にしては、珍しい。

金曜日山に行った。

朝、3時半に起きた。

日帰りの山だった。

帰宅して夕飯食べてお風呂入って、寝てしまう。

土曜日仕事だった。

日曜日山を歩いた。

そして、週明け月火水と仕事だった。

何にも疲れている訳でも、筋肉痛がある訳でもない。

なのに、眠い。

眠たい。

そんな事があっても、一晩ぐっと寝たら眠気も飛ぶ。

でも、風邪でもなんでもない、身体もだるくない、階段も重くない。

軽い元気、食欲アル。

でも、火曜(昨日)仕事から帰ってくると、夕飯食べてお風呂へ入ったら、スグ寝た。

だから、昨日UPしないで力尽きた。

3晩コレでもかと寝たら、快復していない筈はない。

そんな日は、早朝に起きる、元気がみなぎる。

ハズ???

なのに

今日は、寝坊した。

今日もお昼買ってって頼んだ・・・・・・

自分でも驚くくらい眠い。

しかし、元気食欲アル身体軽い。

ただただ、眠い。

明日は休み。

おまけに今日は、暇なのに人が多い。

だから帰るようにと・・・半日勤務。

こんな日は、お出かけしたいのに・・・。

時間が出来た。Pb150036_2

帰宅して眠い。

そうして、書いている。

またお昼寝するわ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

黒い雲を従えて鉄塔

Pb150064_2

そこは、緑地公園

大きな工場と、住宅地の間には、緩衝緑地帯

贅沢なこの公園は、手入れが行き届いている。

落葉も綺麗に掃除されていて、木々は青々。

人も少なく、時間の経過が遅く感じる。

見上げれば鉄塔

夕陽にはまだ早いが沈む気の太陽は、黒い雲を従えて

鉄塔のバックを勤めていた。

自転車を走らせ写真を撮る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザの現場

Pb150038

新型インフルエンザ

低年齢化してきましたね。

ちまたの噂も、高校・大学の休校が下火になり

小中校の学校閉鎖を耳にするようになって久しい。

昨日は、母乳のケアーをする係りの仕事を定時まで勤務した。

そのあと、5時まで帰るスタッフのかわりに小児科に手伝いに行った。

ひたすら、薬の調合。

3歳の子

判定出たA型+

カルテが回ってきた。

タミフル65mg分2 5日分

1包 1.08g を10袋  分包機?で作る。

薬は、冷蔵庫

瓶に入っている。

残り3瓶

児科といえども、1g程仕分けていれば、一瓶なんてあっという間に無くなる。

残りが少ない。

瓶の補給がなくなったら、カプセルを割って小児の薬を作るしかないなとドクターが言っていた。

タミフルも春を迎えるまでもつだろうか?

ワクチンもネットを見たママが質問している。

現場には、まだワクチンは回ってきていませんと返事している。

現場は、大変ってこってす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

今度一緒にちゃりちゃり来ようね。

Pb150058_3   山の上から海を見下ろす。

工場が見える。

煙突にタンクに鉄塔に・・・・

公園を延々走る。

Pb150059

音楽を聴きながらスピードも上がる。

心地よい風が吹く。

優しい日差しが心も温かくしてくれる。

どんどん走る。

Pb150060 Pb150061

このちゃりんこ道は、走りやすい。

また、走りに行こう!

Pb150062

Pb150063

今度、走りに行こうね。

川を下り、公園を西に走り、海の端まで行ってこよう。

お弁当も持って、みんなが凍える超寒い日に・・・。

それともお正月がいいかしら・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖護院・生八つ橋

Pb130152 京都のお土産は、定番の生八つ橋

一緒に行った人が、

生八つ橋は、聖護院と言った。

本店まで出かけて行った。

店構えは、いい感じのお店でした。

私は、栗・抹茶のセットを買いました。

熱いお茶と、生八つ橋

おいしゅうございました。

味オンチのデナリは、何処の何でもおいしゅうございます。

Pb130153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都・静原神社

Pb130140

Pb130141

京都・静原

静原神社の紅葉

Pb130142

大原から鞍馬の間

多分

江文峠を越え

薬王坂を越えて

鞍馬に歩いたんだろう。

Pb130143 里の神社は

のんびりといいところでした。

静原神社

銀杏の大きな木もあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

鞍馬プリン

Pb130151 京都・鞍馬駅で買った。

鞍馬のお土産

鞍馬プリン

私は、現地で食べた。

ザックに入れて振り回して持ち帰ったから、カラメルとプリンがぐっちょぐちょ。

残念ですがビジュアルは最低にしてしまいました。

本当は、可愛いプリンちゃんです。

帰って来て、容器を洗った。

蓋がついているから、何かに使えそう。

6個揃うと可愛いね。

Pb140001 かたずけられない女のデ

それでも、ビンを洗い置く。

家族のヤレヤレコールが聞こえてくる・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ツアーコンダクターさんにはなれないな私

Pb150054 猛烈に反発したくなるときがアル。

Pb150050

ちゃんと相手の説明を聞き取れる人と、そこそこ上の空で聞き取れない人がいる。

は、後者です。はい

人に説明する時、この人は聞いてないな・・・わかったんかいな?・・と思う時がある。

前にこんな機会があった。

ボランチアの受付にをしたときの事。

申し込みの名簿にチェックを入れて、用意した資料・お土産・名札等の入った封筒・もろもろ説明して渡す。

ただ、それだけの事なんだけど・・・・こんな事があった。

受付時間の幅が、何時間有っただろうか?

4時間くらい有っただろうか?

早い人は、午前中から済ませていた。

名簿の最後にチェックしていない人たちは、6人。

ギリギリに滑り込んで来た。

同じ県の人たちばかりだった。

6人を代表して、男性が一人来られた。

朝からいろんな所をバスを仕立てて、回って来た末の到着だったようだった。

みんなを代表して、聞きに来られたその方の事をよく覚えている。

何故かと言うと・・・

なんだかソワソワしていて落ち着きない男性だなあ~。

若干、顔が赤い。

長旅で発熱か??インフルか??

悲しい習性で・・・・瞬時にいくつかの項目を情報収集して相手を見てしまう。

どうしたんだろう?

酔っている?

って、思ったものだから・・・・・・。

大抵の人は、いろんなことを説明受けたら、復唱したり、渡された物を出して確かめたりする。

その人は、名札が入った封筒を説明されても見もしないで6人分をその手にわしずかみにして、2人分くらいだったかお土産の紙袋をを片手に、残りのお土産袋を誰かに助けてもらって運び去って行った。

それだけなら、忘れ去る出来事なんだが・・・・・。

そこからのおまけがある。

場面が変わったある時、女性の方が凄い剣幕で、色んな資料を貰っていない。

名札を貰っていないと言いに来た。

その人の横には、先の男性が立っている。

ありゃりゃ~。

お渡ししましたよね・・・・と、その人に言うと、府に落ちない様子。

渡したお土産袋を持っている。

6人分のお土産袋がそこにある。

男性がその紙袋を探しだした。

そして、一つの紙袋から封筒を出してきた。

それを見て、女性が私にえらい剣幕で

「あなた、出してちゃんと説明したの!!」

その人の顔を見ないで、その男性の方を見て返事した。

「説明させて貰いました」

(させていただきましたが正しいんですが、私は仕事ではありません、同じ立場の広い意味での仲間だし、悪くないと思っったんで、ささやかな抵抗で・・・貰いました・・・と言った)

何を聞いていたんだろう?

やっぱ、上の空だったんだ。

名札の裏に宿泊先の部屋番号が書いています。

そんな簡単な事が理解できなかったんだ。

それにしても、

その女性は、何ものなんでしょう・・・・。

実るほど頭を垂れる稲穂かな・・・・・。

人の振り見てわが振りなおそ!!!

ちょっと、勉強になりました。

やだやだ、女はコレやカラ・・・なんて、言われないようにしないとね

そこで、デは思った。

私はツアコンには、逆立ちしてもなれないな・・・。

はあ???何聞いていたの??な~んちゃって言い返して

即、くびになります。

はい

でも、仕事でもあるな・・・・・

10くらい説明しても1か2くらいしか、伝わっていない事もあるもんな・・・。

適当なデは、気をつけなければ・・・。

自分を戒める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クールダウンの夕陽

Pb150074 Pb150077

Pb150078

ただいま。

今日も山に行ってきました。

集合場所まで、行き1時間15分 帰り1時間  ちゃりんこで行ってきました。

Pb150079 Pb150080

解散。

急いで帰りたかったのは、理由がある。

夕陽のベストショットを撮りたかったのと

陽が沈んだ暗闇を照らすライトを持っていなかった。

Pb150081

Pb150082

今日もよく歩きました。

陽が沈んで、クールダウン

帰宅後

お風呂に入る。

幸せ~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

鞍馬から薬王坂へ

Pb130002 Pb130003

/

/

/

/

/

2009年11月13日金曜日

京都・天ヶ岳に行ってきた。

Pb130004 朝に鞍馬に着いた。

平日の駅前は、車を置かせてもらえた。

1日500円

でも、すぐ満車になりそう。

Pb130005 叡山電鉄鞍馬駅

天狗さんがお出迎え。

鞍馬へは、

来たかったが

チャンスがなくて。

ようやく来るチャンス。

山だなんて・・・・

Pb130006 鞍馬寺に寄らずに登山口へ

大原まで縦走し、

帰りがどうするかが問題だ。

春分の日から11月30日まで

休日のみバスがあるようだった。

休日は混みそう。

しかし、バスがある。

Pb130008

今年の紅葉にたくさんの方達をお連れすると言う。

(私は関係ないんだけれど)

下見に付いて来させてもらった。

Pb130009 Pb130010_2 下見だからどんどん歩く。

Pb130011 Pb130012

雨でも下見だから行く。

薬王坂から天ヶ岳

大原・静原へ

スタートした。

Pb130013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天ヶ岳の帰りの温泉は

山の帰りは温泉っていうのは、ここのところのお決まりになっていた。

しかし、近頃立ち寄る温泉とは違い・・・・京都の観光地の温泉はとっても高価。

Pb130007 天ヶ岳から下山。

くらま温泉

浴衣・タオル付きで2500円

露天風呂セットで1100円

丁度いいんじゃない?っと思ったが、値段見て温泉やめて帰って入る事になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消防車が3台とヘリ2機

Pb130100 昨日、京都府

鞍馬~薬王坂~天ヶ岳~寂光院道~大原

行ってきました。

車を回収に、再び登り返し

大原から同じコースを鞍馬まで帰る計画でした。

朝7時半,,鞍馬を出発して

12時寂光院

大原バスターミナルに向かって歩いていくと

サイレンとともに寂光院への一本道を消防車が1台走り去った。

2

2_2 

2_3

2_4

そのうち、また1台消防車が奥へ向かって走り去った。

そして、又1台。

Pb130113_2 Pb130117 Pb130119 Pb130120

そして、上空がにわかに騒がしくなった。

消防車のサイレンの音

大原から西に見えるその山は、翠黛山

その上空に青いヘリコプターと赤いヘリコプターがホバリングしている。

小さい豆粒にしか見えないが、よく見ると、色や形が見える。

消防車だけ見たときは、「奥で火事でも起きたか?」と思ったが、

後で聞いてきた情報によると、消防車が消火に向かう時は、サイレンに加えて鐘を鳴らすから、消防車の出動は、消火かそうでないか分かるんだと・・・。

鐘は鳴っていなかった。

そうこうする内に、ヘリが飛び始めた。

女性が滑落したともれきいた。

ヘリから、するすると何かが下ろされた。

それが引き上げられるのをじっと見守った。

しかし、見ることはなかった。

12時半。

30分の見守りの後、あきらめて鞍馬に戻ろうとした。

当初の予定では、寂光院道を天ヶ岳にのぼり鞍馬へ下ろうかと話したが、

は、とっても怖かった。

昔昔にあった、遭難事故した人に出くわした事を思い出し、

そう言う現場に足を踏み込みたく無いと心の中で思った。

消防車が進み行った先は、まさしく寂光院道だった。

野次馬と思われるのも嫌だった。

出会った救助の方達と

「これから、何処へ行くのか?こんな時間から登るのか?」

そんな会話が予想され嫌だった。

山に戻らず、CLは、下道を江文峠~薬王坂~鞍馬に戻る道を戻ってくれた。

Pb130121 Pb130122

帰ってから検索すれば

何が起こっていたのか理解できると思った。

しかし、

検索したが出てこなかった。

何があったのでしょう・・・。

ただの訓練かな。

赤いヘリは消防管轄 青いヘリは警察管轄のヘリだったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

同窓会・ヒステリック

Pb030008 借りたDVDを見た。

「同窓会」

涙を拭いた袖口がズクズクになった。

なんて、幸せなストーリーなんだ

展開が見え見えで、読め読めで・・・・分かっているけれど涙

高垣くん何となくそんな感じかなと思ったけれど、結婚しただんなにまで、秘密を守り通した雪さんは、凄い。

見てなんだか元気になった。

「HYSTERIC

1994年に起きた青学大生殺害事件がもとになっている

行き当たりばったりな生き方をする男女のお話。

何かいつか心がホッとする時間があるのかと思ったら、まあ、とんでもない。

むちゃくちゃですわ。

疲れた。

誰かがリストに入れていたから見ちゃったが、三年か?とっとこか?

2人に断りなく返送しちまった・・・ひひひ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンドセレクションの美容クリーム

Pb100003 夜勤明けで帰宅した。

とっとこ太郎の自転車がある。

おや???

マッチョなやつは、学校が大好き、健康体。

こんな時間に・・・といぶかしんだ。

考えられるのは、まだ朝だと知らずに寝続けている??

だーさんのメモ・・・・とっとこ太郎は頭が痛くて休んでいます。

声かけると、「頭が痛い」と、眼は充血・紅潮した顔

おいおい、ここにきて新型インフルですか?

まあそれもよし。

話題はここから・・・・。

寄り道が多すぎる・・・・・・。

夜勤明けは、電話も出ない、玄関も出ないで寝たいだけ眠る。

しかし、とっとこ太郎が臥せっているので、いつも通りに行かない母は、

食べたくないという病人に、栄養ドリンク飲ませて、卵粥作って、スポーツ飲料置いておいて・・・・・。

何やかんやしていたら、寝そびれた。

そこへ、置き薬屋さんがチェックに来てくれた。

そこで、まんまと、美容クリームを勧められ、定価が5250円の品物を

3675円で買ってしまいました。

その買った美容クリームの箱には、こんなマーク。

モンドセレクション

これって、聞いたことあるけれど、食べ物じゃなかったっけ?

そう言えば、昔好きな袋菓子にこのマークがついていて、やっぱりね・・・・。

と意味も分からず若い頃・・・美味しいから金賞なんだと嬉しかったのを覚えている。

ところで、どうして書いたかって?

名前は聞いたことあるけれど、何???

食べ物じゃないんだ・・・。

前にお米に付いていて何じゃこのマークは・・と思ったことがあった。

今度は、化粧品か????

訳わかんないし・・・・。

検索してみた。

でも、何だか分からなかった。

それに、本当に金賞?

金賞って何?

JISマークみたいな物??

ハテナを抱えて、読んでみたけれど・・・結論・・・分からないまま・・・。

探究心の乏しいデは、「まあいいや」「どっちでもいいし」

「もし、貼りたい放題のマークだったら、許さないからね~」と

一人で息巻いて・・・・日焼けシミそばかす皺・・・何でもOKの顔に塗ってみるのでありました。

コエンザイムQ10・・・・

ヒアルロンサン・・・

もろもろ・・・いいっチュー物は何でも混入の帰来あり。

乾燥防ぐに丁度いいから買ったけれど、こんなの塗りたくるより、山行きで徹底的に日よけする事の方が重要じゃ!!!

もう遅い。

いやまだ、遅くはない?

仕方がないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那智の滝・和歌山県

Pa250053 Pa250054

和歌山県

那智本宮大社から「那智の滝」を見た。

小雨降る秋の夕

何だか小さく見えた。

Pa250055 Pa250058

階段降りて

道を下って

滝の側まで行くんだよ。

Pa250059

Pa250060 那智御瀧

飛瀧神社

そうそう、逃しましたが

御神水がいただけるそうですよ。

両手広げて、水のパワーをいただく。

熊野の「森の力」・く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

にんじんのオレンジ色

Pb070002_2 サラダは何がいい?

と聞いた。

すると、

三年寝太郎が

ポテトサラダが

いいと言った。

で、

大急ぎでにんじん。

艶々して綺麗だったから、

写真撮ってみた。

湯気で少々ピンボケで。

それでも、何だか生命力がみなぎる色で。

好きだな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小栗判官(おぐりはんがん)・照手姫(てるてひめ)

Pa250019

和歌山県・熊野には、語りべさんがおられてな、

いろんなお話を語って聞かせてくれる。

先日のイベントで泊まったお宿で、熊野の語りべさんによるお話の会を聞くことができた。

夕食を食べながら、山の仲間が語らっていた。

その日の女性の参加は私一人だった。

一人で抜け出して、温泉に入った。

いい気持ちで戻ったら、

語りべさんの話を聞きに行くようにと言われた。

語りべさんの話は、聞いてみたかったので喜んで会場に行った。

熊野とは

熊の出るような所と言う意味ではないようです。

木々が生い茂っている「こもる」という様子を言っているみたい。

熊の古語は「神」を意味し、神聖な土地を「くまくまし」と古代の人は呼んでいた。

奥深く、神秘な処。神の里という意味。

平城京や平安京に住んだ昔の人々には、紀伊山脈によって都との関係が絶たれた辺境の地である、
この地域を「クマノ」と呼び、熊野のクマの語源は、辺境を意味する「隅(くま)」なんだと。

そんなお話を初めにしてくれた。

紙芝居を聞く子どものように、食入って聞き入った。

そのあと、和歌山県湯の峰温泉にまつわる。

小栗判官がよみがえりの湯に入り、生き返った話

照手(てるて)姫の数奇な人生

判官が毒殺される。

判官が死んだ後、照手姫も処刑されるところを生き延びる。

しかし、転々と売られ過酷な人生を送る。

死んで土葬にされた判官と知らずに再び車に乗せられ引かれた判官の亡骸と出会う。

死んだ夫の供養と思い照手は休みを貰って、その車を引いて運ぶのを3日間手伝う。

湯の峰温泉に行き着いた判官は7749日湯治の末に蘇った。

再開した2人はその後、末永く暮らしたとさ・・・。

かいつまんだら、こんなお話。

今で言う韓流ドラマも真っ青なメロドラマ?

温泉入って

あけもどろ樟さまの奥様の手作りのご馳走を頂いて

右脳細胞目いっぱいに働かせて語りを聞いて心地よくなった。

みんなミーティングしているけれど、空いた椅子がなかった。

眠いデには、コレは幸いと、部屋に戻って、心地よい眠りについた。

脳からα波が出て幸せな寝つきでありました。

見た夢はおぼえていませ~ん。

熊野のお湯においで~。

Pa250034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛毒カエンタケ

Pa250040

昨日テレビ見ました。

猛毒カエンタケ

食す事ができる似た感じのベニナギナタタケと鑑別できないらしい。

カエンタケの毒は、たんぱく質の合成を全て止めてしまう猛毒で生命にかかわる。

食べることはもちろん、触ることも厳禁だ。

1980年以降 里山では、ナラ枯れが増加した。

猛毒カエンタケもその地域と重なるように増殖しているそうです。

ナラ枯れが増えているのは、

大木を好むカシナガキクイムシと言う虫が増えていて

その虫が介するカビが原因でナラ枯れが起こるそうです。

昔は、里山はどんどん伐採されたりして大木になるまで育つ事はなかったので

その虫が好む大木はなかったから、ナラ枯れが起こらなかった。

だから、猛毒カエンタケも増えることもなかったんだって・・・・。

猛毒は、デが勝手に先に付けているだけなんだけど・・・・・。

大阪・京都・滋賀・福井・・・

カエンタケは写真撮った事ないから・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

雷にも怯えないにい

Pb110004 今朝は、凄い雨と雷だった。

寝ていても我が家の真上に落ちたような錯覚するように

近いものだった。

何度も何度も鳴った。

そのうち、にいが怯えて泣き始めるだろうと覚悟した。

しかし、ガサッとも動かないにい。

この子はもしかして、耳が聞こえていないのかと心配になるくらいだった。

Pb110006

この子が我が家に来たのは秋だった。

8月生まれと推定されるにいは、その年の台風を野良犬として母犬とともに過ごしたのだろう。

そのときの記憶と学習がにいをこのように強くさせているのかもしれない。

ありがたい。

しかし、少し心がキュンとなった。

出かけに足でパタパタしに来るのを急いでいる時は煩わしく思うこともあるけれど

この子はお互い別れの日が来るまでずっと、一緒だろうと愛しく思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピンボケ葉

大雨・洪水警報が出ている。

2階から降りてきたとっとこ太郎がパソコン触っているかと思ったら

「もう1回寝~よ~」と、部屋にへっこんだ。

地元では、あっち、こっちに浸水がみられて、電車も動いていない事になっている。

三年寝太郎も休校と言って、部屋に戻って行った。

昨日の夜勤明けから4日間フリーを楽しみにして、

時間をどう活用しようかと思っていたのでばなをくじかれた。

お間抜けは、ご丁寧に作った弁当が玄関に並んでいる。

2階で二人の話し声と笑い声が聞こえる。

子どもの頃、大きな台風が直撃すると家族が家の中に揃った。

その時、何だか幸せな気持ちになった。

その気持ちに似ている。

だーさんは、あいにく?仕事に出かけて行った。

今から警報解除されることがあっても、この調子では学校へ行かないな。

こりゃこりゃ~。

お昼は、弁当食べずに3人でランチに行く?

それともパスタ作る?

何だか楽しい1日が始まった。Pa250032

被災にみまわれた皆さまに

お見舞い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和歌山県・川湯温泉

Pa250012 Pa250013 先日、

山のお手伝いで行った

熊野古道

前日から現地入り

和歌山県

川湯温泉

みどりや

玄関には

源泉飲泉所

コップがあって

あつあつ温泉が飲める。

飲まなかったけれど。

Pa240007 Pa240008 「みどりや」の奥に

「まつや」がある。

Pa240009 Pa240011

前日お手伝いの後、宿泊させてもらいました。

みんな、話しをしたりしているうちに、ちょっと遠慮して温泉に入りました。

まあ、誰も入っていない温泉にのんびり。

だ~れもいないので、写真撮れるな・・・とお部屋に戻ってカメラ持って、再び。

履物があったら、もちろん、あきらめて戻るつもりでしたが

誰にも会いませんでした。

失礼してパチり

Pa240010

一人一室とってくれていました。

それがまつやさんは、和室ツインって言うのでしょうか。

たたみにお布団2枚敷いてあってね、ベットのようだがベットでない。

そんなお部屋に一人だなんて、ちょっと怖い。

と思ったが温泉に入って熟睡でした。

いつもの事ですが、横になった瞬間の記憶すらないほどに

一瞬で眠りについたようだ。

気がつけば朝になっていた。

癒しのお湯だったのでしょう。

ゆるゆると、朝にはスッキリと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

雲と

Pa290066

「比較優位」

面白い。

ちょっと、手ごわい。

そうとう難しい。

経済学の考え方は自分の生活を考える時に分析活用できるって事なんだね。

日常に置き換えて考えてみるとするか。

話しは全然関係ないけれど

山の向こうの青空を撮った。

朝。

山の奥の谷間沿いの林道で空を見上げた。

青い空。

谷を挟んで山から山へ

あっちからこっちへ

実は空を撮るには邪魔な電線が

こんなにも華奢な感じに写ると思わなかったのでなんだか意外で・・・。

縦にも横にも斜めにもそんな所で撮っていたなんて気がつかなかったもので・・・。

帰って来てから写真見て思った。

この場所でも少し撮り方を変えたら「私の好きな写真」が撮れていたかもしれないと思った。

写真テオモシロイネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

神戸市主催六甲全山縦走が11月8日にあったんですね。

P4270134

先週からたくさんの方が

「六甲全山縦走2009」

検索して

の所へ来てくれます。

きっと、参加された方でしょう。

ごめんなさい

ごめんなさい。

2009年になってから

六甲全山縦走

(須磨浦公園駅~宝塚)を

12時間50分で

歩いた事はありますが、

KOBE市主催の全山縦走行っていません。

過去に、大会へ参加した事もありません。

これは、ヤバイな~と思いつつも、どうしようもなくて。

山へ行く前はそのテーマで私も検索する。

その時、出てきた記事が、求めている物でない時、がっかりしますよね。

分かります。わかります。

誤解を招く何がいけないのか、私も検索してみた。

ありゃ~りゃ。

そりゃそうですね。

ごめんなさい期待はずれで・・・・。

今年新年早々から下見に行って、

3月に山の仲間と全山縦走した事を書いているだけなのです。

昨日。

11月8日(日)にあったんですね。

きゃ~、すみません悪気は無いのです。

|

楽しかったといつも思う山はいいなといつも思う。

Pa290164

Pa290165 奈良県

川迫川布引谷鉄山ルンゼへは

国道309号線

道は山道

冬季は閉鎖され通行できない。

ゲートがあってね通せんぼ。

冬が来ると、春まで長い長い間、閉ざされます。

雪が解けてもこの道は通行できません。

大きな岩が落ちてスグには通行できません。

落石じゃなくて、落盤って言うところがマジでしょ・・・。

車は通れず春先に歩くと、道を塞ぐ岩石が転がって通行止めの意味が分かるそうです。

行った事無いけれど・・・・

見た事ないけれど・・・・

秋は自由に歩けます。

Pa290166 Pa290168

Pa290169 Pa290179

Pa290180 前を歩く人

Pa290181 後ろを歩く人

Pa290170

平日登山隊は、自由でいい。

平日登山隊は、せかさないからいい。

平日登山隊は、待たないからいい。

だから楽しい。

撮りたい時に撮るけれど、さっさと追いつく。

待ってとも言わないし

遅いとも言わないし

それでも決しておそくない。

Pa290171 Pa290176

Pa290172

今日は、楽しかったといつも思う。

山はいいなといつも思う。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

鉄山から下山・大川口

Pa290159 鉄山ルンゼを登り

鉄山から降りてくる。

大川口

木の階段を降りる。

林道にでた~あ。

橋は渡らないで、車へ戻る。

Pa290160

Pa290161_2

Pa290162 Pa290163_2  

ここから先は、私有地です。

立ち入れません。

そう言う所から降りてきました。

すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時の流れは速いもので

Pa290178

子どもの頃の散歩続き

見つけた地図

子どもの頃、ミスギを連れて歩いた。

池があった。

一つ目の池を過ぎて、2つ目の池は、その頃池一面にどっさり金魚を飼っていた。

ゴムボートで、大きな米ブクロみたいな袋に入れた餌をボートの上からまいているのを見たことがあった。

池一面が真っ赤な不思議な池でした。

更に歩いていく。

ずっとずっと奥に歩いていくと、分岐があった。

左に曲がると、一本道でテレビ塔があった。

遠く海が見渡せた。

眼下に工場が見えた。

天気のいい日は最高のロケーションでした。

下っていくと村の外れの何にも無い荒地に出た。

お地蔵堂があった。

靴を脱いで中に入るとお座敷になっていた。

上がってお参りできるようになっていた。

いつも綺麗にされていた。

でも、入る気にならないから、一人の時は通過した。

普段触ったことの無い自由に叩ける木魚があった。

木魚を叩いたのは、後にも先にも、あの頃だけだと思う。

木魚はギョロっと睨む生き物のようで、何だか怖い気がした。

その周辺は、ずっと大きくなるまでホタルが飛んでいた。

そこからは、だんだん人の気配がする在所に近づいていくからホッとしてくる。

夏休みは、ラジオ体操に通った神社の公園があった。

奥には、大人としか行かない神社の本殿が長い階段の山の上にあった。

何故行かなかったかって?

神馬がいて、両側の狐が怖かったから・・・・。

神社の入り口には鳥居があった。

公園からその鳥居までは回りに家は無かった。

昔々の記憶だ。

そのうち、デナリも大きくなりいつしか行かなくなった。

もちろん中学になると、土曜の午後も部活が始まったからそう言う山歩きもしなくなったのはもちろんの事ですが、何故行かなくなったかと言うと・・・。

うろ覚えの不確かな事実だが

村で大人が行くえ知れずになった。

その人が金魚の池の奥の山で首を吊っているのが発見されたと聞いた。

怖かったからもう2度とこの道は歩いた事が無かった。

あんなに好きだった。この散歩コース。

金魚の池のその山は、今は住宅地になっていた。

土の道は、アスファルトと化し家もいっぱい建っていることだろう。

怖い事は何にも無い。

この歳になると、そんな風にいろんなことに怯えていた頃が愛しくてならない

え???

数えてみれば40年?

いや~ん。

てか???

犬のミスギを連れて、山を何度も歩いた話しは、

子ども達が小さい頃から度々話をしたものだから、

今度のハイキングで行くと聞いて、

「一緒に行かないか?母の子どもの頃歩いた山へ!!」

と聞いたが、夫も含めて3人は行かな~いそうです。

それではと・・・一から子どもの頃に歩いた話を聞かそうと始めると、

「その話しは嫌ほど聞いた」と遮られた。

そうそう、100ぺん聞いた?

く~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間の性(サガ)

日々、私達の周りで起こっている事は、全て経済学に基づいて、理解する事ができる。

ピークエンドの法則

Pa290177

めっちゃ、おもろ~い。

見るたびに、こうして書きたくなる近頃お気にいりNO1番組

「出社が楽しい経済学」

「心の会計」

同じ1万円でも心の中で使い方を変えてしまう。

働いて得た1万円とギャンブルで得た1万円

人間って、バカなのね~。

行動経済学

人はしばしば非合理的な行動をとる。

何処をどう取っても面白すぎ~。

休みの日の午前中、

PCの前に座って、ゲラゲラ笑ながら経済学を見ているデであります。

いや、NO1は、「天国の階段」かな?

何度も放送されているが、ひっそりマイブーム。

いや~、NO1は、JINkだった。

ふむ。

あ!獣の奏者エリンもあった。

あ~。

山記事

きみきみ記事

書かずにまたやっちまった~あ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

山の国道の岩

山の帰り道。

奈良県・大峰・鉄山ルンゼを登って、鉄山登って 大川口に下った。

下山口から車の駐車ポイントに戻る。

国道を歩いて、見つけた岩

私のカテゴリー

岩を検索すると普通は外岩登り、さぞかし、何処かの壁に取り付いて登攀している記事を想像するだろうが、ともかく岩は岩。

面目ない。

本当に岩だけなんだ。

話は戻って

階段の手すりか

はたまた、家の浴室の持ち手か

Pa290174

指し示されて見た先に見たものは・・・・

こんな物見つけました。

早とちりなデは一瞬思った。

「今どきの山屋さんは、

こんな所にも岩登りするのか???

新種の登攀具か?」

ずっと、上まで続いているのか?

見渡して違うと理解した。

Pa290175

どうやら、岩の割れ目がどれ位広がるのか測定しているのかな?

何かの調査か研究か???

興味深深~。

国道309号線大川口から林道歩き

探してみてみて、きっと気もまぎれるから・・・・・。

車には30分の歩きで到着しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子どものころの楽しみ

Photo 先日、登山の大会のお手伝いに行ってきた。

前日から現地に入り

参加者の受付をした。

午後から時間が出来たら一人でその辺りを徘徊する事を密かに楽しみにしていた。

自由時間が無かった。

しかし、面白い物見つけた。

乗せて行って貰った車の中で見つけた地図

2万5千の地図を何げにに見て驚いた。

そこは、私が子どもの頃に育った土地だった。

今度行くハイキングの地図だった。

持ち主に断り無く、乗車中に盗撮した。

へ~え。

こんなに家が密集しているんだ。

そりゃそうだね40年たっているんだもんね。

地図の赤い輪のコースの中央辺りに自宅があった。

山の上に父の会社があった。

土曜学校から帰ると、昼食を食べた。

吉本新喜劇を見終わったら、

ミスギという紀州犬を連れて、2人でこの輪を2時間で歩いた。

何で2時間て覚えているかと言うと、2時に家を出る。

帰宅時に時計を見るのが楽しみにしていたから・・・・。

今のデは、子どものころからこんなのだったのね。

一人でブラブラしたい。

くるっと回って、どれ位かかるか興味ある。

1回したら、何度も行きたくなる。

当時誰も行かない山の中

道こそあったが行きから帰りまで誰にも会わなかった。

その中でも、1箇所とても寂しい場所があった。

何がある訳でもないんだが、そこはゾクッとするけど明るい場所だった。

山の中では、ミスギのリードは外した。

その寂しい場所だけいつも側にミスギにいて欲しかった。

しかし、そんな時に限って、スピードを上げて先を行ってしまう。

心臓がバクバクした。

私も走る。

薄情な犬だった。

そのポイントを過ぎてしまうと、決まって私の横を歩きに来た。

何故だか覚えているそのポイント。

今も歩けば思い出せるだろうか?

長くなりそうなので、続きは明日

かな?

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄山を下ったら

  Pa290145

Pa290146 鉄山を下ると

尾根の右にも左にも

とっても見晴らしのいい

広場に出る。

Pa290152_3 Pa290153_3 Pa290154_2

Pa290151_2  川迫ダムが見える。

Pa290140 Pa290141

/

/

/

足元には、可愛い実と

苔の絨毯。

Pa290148

Pa290158バリゴヤの頭か

稲村ヶ岳か

まあ、川をはさんで

向かいが見えた。

Pa290157

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

三陰交(さんいんこう)

Pa290173 貴女の手や足は温かいですか?

心の温かい女性は、手が冷たい?

じゃあ、手の暖かい女性は

心がつめたい?

の手は、心が冷たいから

その通り・・・・暖かい。

そんな、どっちでもいいことは、さておいて・・・・。

女性の冷えは、よろしくない。

昨日お産のママに、三陰交にカイロ貼る・・・って言いましたが、

三陰交とは、足のツボです。

手足の冷たいママは、陣痛が弱い。

そう言い切ると、語弊があるかも知れないし、本当にそうですか?と突っ込み入れられそうだから・・・言い換えると・・・・・

陣痛が弱まっている人に手足が冷えたりしやすい人が多く見受けられる。

暖めよう。

冷え性の女性も、三陰交を保温しようね。

太谿(たいけい)も三陰交(さんいんこう)も足のツボだよ。

アキレス腱の上だよ。

冷え性の女性は、検索して勉強してみることをお勧めします。

更年期障害の女性にも効果あるかも・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の雲

Pa290149

心に湧き出る書きたい事が、わんさかあるのに、何か時間が無い。

言葉選んで書きたい事は、後回し。

鉄山ルンゼの記事のUPもしたい。

大雲取り越え山行の報告書も書かないと駄目だし。

さてさて、今日は勘弁。

身体が5つくらい欲しいよ~。

鍋でもして、手抜き手抜き~。

/

そうそう。

そろそろ、六甲全山縦走2009 本番なのですね。

デは、春にグズグズの花粉症と戦いながら行ってきましたよ。

だから、全然関係ないんだけれど、

思い出した事がある。

先日、平日登山隊での山の帰りの車の中での一コマ・・・・。

平日登山隊の登山計画は、雨天中止。

ただし、雨天中止の際は、裏メニューがある。

雨天中止の際は、出発時間を1時間早めて、

雨の六甲全山縦走決行!!!

雨でも楽しい平日登山隊。

2人は、帰りの車の中で・・・語り合っている。

朝、雨降ってなくて、嬉しかったと・・・・・。

やった~!!!と思ったと・・・・。

2人ともホッとしたと・・・・。

よくよく聞けば、お二人は

鉄山ルンゼに行ける喜びもさることながら、

雨の六甲全山縦走に引きずり出されなくても済むことが、嬉しかったそうであります。

そうなんだ。

ふ~ん。

そうなんだ。

雨のトレーニングはお嫌と申されるか・・・・。

それでは、実現するまで裏メニューは、是非是非継続せねばなりませぬと

決意を強くするデでありました。

次の平日登山隊も

では、是非裏メニューを発動させて頂きたいと思うのですがどうでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

柿ありがとう。

Pb020005 柿を頂く。

柿ありがとう。

柿は、硬い方が好きです。

剥いて置かないと

家族の誰も食べない。

だから、頂いたら

頂いただけ先に向いて4つに切っておく。

そしたら、何だかいつの間にか減って行って、何だかいつの間にか無くなる。

家族のお腹に納まって、我が家に来てくれて柿柿ありがとう。

奴らの血となれ、肉となれ~。

ありがとう。

ひとまずお礼まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を見る紅葉

Pa290184

今年1番のお気に入りの秋の写真

ありがとう。

山。

毎日の幸せに感謝。

いつも私のたわいもない独り言に付き合って読んで下さってありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知のお土産・塩ケンピ

Pb030007 真知母が、四国を旅してきた。

お土産持ってきてくれた。

夜勤で4人のきみきみが生まれて

ちょっと疲れた。

深い眠りの底で、真知母の声が聞こえた。

三年寝太郎が何か話している。

そして、更に眠りの底に沈んでいった。

年に何回も逢わない母娘なのに、親不孝だね~。

夕食後、呆れるだーさんの目の前で、料理秤で4等分してビニール袋に分配する私。

高知土産は、塩ケンピ

塩味効いた甘い美味しい芋ケンピ

少し細めのカッテイング~。

ありがとう。

今日はありがとうの3連発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

奈良県・洞川温泉

Pa290190 奈良県・大峰・川迫川・布引谷鉄山ルンゼの帰り道

立ち寄った温泉は、少し寄り道

洞川温泉

Pa290194 温泉は、さすが平日

のびのび・・・

それでも何人もおられましたが、

いいお湯でした。

デは、カラスの行水

温度の高い湯に入ると心臓がバクバクなってくる。

Pa290191露天風呂には

ぬる~いお湯もありまして

ぬる~いお湯は

デ向きでした。

入湯料

600円でしたか。

Pa290193

Pa290192

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母子健康手帳44

Pb040009_3  母子健康手帳44

大阪府熊取町からの

里帰りのママの

母子健康手帳。

近頃、

バタバタしてチェックしていなかったんですが

先日、

一晩で4人のきみきみと出会えた。

出生証明書を書いて、母子健康手帳も書いて、預かる。

保管場所に入れようとして、見つけたニューデザイン

そこで、

誰のママのものなのかも、知らないんだけど

見かけたので思わず撮らせてもらった。

手書き調の熊の親子

熊取町だからクマさんなのかな?

個性があっていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の落ち葉

Pa290183

歴史大河スペクタクル

唐招提寺1200年の謎~天平を駆けぬけた男と女たち

昨日、見ました。

面白かった。

いつもテレビに向かって、独り言を言うデ母に向かって、側でいるとっとこ太郎は言う。

「変やで・・・お母さん。」

しかし、昨夜はそうではなかった。

中国から危険を冒し、日本に渡ってきた鑑真和上に対して

当時の日本の対応は、酷いものだったようで・・・・・した。

それを見つつ、は言った。

「日本人って小せ~の。」

そう思う!!

え??????

同意してくれるのか?

意外な反応だった。

あんたもそう思うのか?

ちょっと、嬉しかった。

一緒に見れて楽しかった。

あれあれ、「見れてじゃないでしょ・・・見られてでしょ・・・

な~んて言ってませんか???

・0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

大雲取り越え・秋

P7120090

先日、紅葉早い雨の

和歌山県・熊野古道・大雲取り越えに行ってきた。

秋に再び。

上の写真は、2009年7月 光あふれる木立の中から太平洋を見渡して撮った写真の1枚だが・・・・・。

Pa250045

この辺りまで来ると、きっと青い海が見えるんだけどなあ~と案内した。

潮岬の南を台風が通過した(これからする?)そのせいで、

前線が刺激され小雨が降り続いた。

それでも、荒天と言うのではないし、雨止むし・・・問題なかったの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

木枯らし1号・2009

Pa290117_2 木枯らし吹き始めましたね。

私の好きな季節です。

風に負けないように、背筋を伸ばして

進んで行きましょう。

六甲でも雪が降るかもしれないと、天気予報で言ってましたね。

この風は、木枯らし1号ですか?

今日は、夜勤です。

行ってきます。

よ~し、来い!!!きみきみ。

今夜は助産師2人。

ジャンケン負けるかも・・・・。

そんじゃあ、せっせと外回り頑張ります。

妊婦さんに新型インフル予防接種が開始になりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

根性のぼりで「胎内くぐり」唸りまくるデ

Pa290120_2

胎内くぐり

鉄山ルンゼ

突き当たりの岩の奥に抜け穴があってね。

岩の上の上に穴が開いていてね。

それも登るの大変なんだ。

巻く事も出来るけれど、アドレナリン出まくりでトップを登ってくれた。

ザイル垂らしてもらって、登った。

ザックは、先に吊り上げてもらった。

ザック有りでは、は登れません。

ズルズル滑るし・・。

今にも生まれそうに唸りながら根性登りした。

面白かった。

くぐれて良かった。

良かった。

感謝感謝

Pa290123_2 Pa290124_2 Pa290125_2 Pa290127up_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜も生でさだまさし見逃す

Pa290157

あちゃ~あ。

今ね、予約ビデオを見ています。

今夜も生でさだまさし・・・・。

昨日研修で疲れ寝てしまって、忘れていた。

いや~ん。

京都でやっていたんですね。

行きたかったな~。

大谷大学か~あ。

行った事ないけれど行きたかったね

それにしても、なんでもすぐ忘れちゃうんだね、私。

予約しておいて良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い蔦

Pa290185

おはようございます。

秋も深まり、冬がやってきます。

季節の変わり目

体調を崩さないようにね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »