« 中毒な自分 | トップページ | だから言いたくなかったんよ・・・ »

2010年4月16日 (金)

それでも私はうどんを食べる

そんなこと、聞きたくね~!とおっしゃられていることでしょうが・・・

山の下着は真っ黒で・・
下山スグの温泉で出血に気がつきませんでした。
次ぎの下着に乾いた黒い血がポロポロついていたのを見たときは、

間違いなく蛭に吸血されたな・・と思っていました。

吸うだけ吸って落としてきたんだと思っていました。

犬にも寄生し大きな瘤を有するペットが良く見かけられるそうです。
知らなかったのは、無知なだけで、良くあることのようです。

ダニは、感染症を媒介するけれど、
痛みも感じさせず

(チクッと感は思い起こせばあったけれど)

彼らは謙虚な生き物でした。
柔らかく行動に支障の無いところに
ひっそり生きていただけなのでしょう。

彼らの生きているところに、無理やり立ち入って、縁あっただけのことなのかもしれない。

それにしても、エイリアンがお腹に寄生した映画の人物の心持ちでした。
書きましたが、

チョロリと出た足を引っ張った時の痛みとその頑固さと、その感覚の気持ち悪さに気を失いそうでした。

叫びたくなる

走り回りたくなる

何だかコメントに長く書きすぎました。
ともかく初めての経験で

いまだもって、興奮気味です。

noyamaさまのこのコメントに書いた返事ですが
表にUPさせて貰いました・・・・。ダニは、私の血を吸い

P4140092

私は、皮膚を切り裂きそのダニを取り出してもらった帰りに

うずいた「しも」を抱えながら、

作るの億劫だったし

疲れたから

それでもホッとして空腹で・・・・

コンビニに立ち寄って

「おろしぶっかけうどん」を買った。

何とも自分の剛を感じた。

/

その後の記事はこちら↓

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-3c1c.html

|

« 中毒な自分 | トップページ | だから言いたくなかったんよ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも私はうどんを食べる:

« 中毒な自分 | トップページ | だから言いたくなかったんよ・・・ »