« トンネル・海・海・峠・また海 | トップページ | 赤倉岳~大塔山・・・・赤倉の頭 »

2010年4月11日 (日)

ひまわり・・モチベーション

P3030032互いに褒めあうことで

チームのモチベーションが上がる。

子どもは褒めて育てよと言う。

どうだろう。

私は、多分褒めて育てられた。

父も

母も褒めてくれた。

さて、私は、決して2人を褒めて育てたりはしなかった。

その代わり、結構打たれ強い若造に育ったと錯覚している。

ひょっとしたら、今でも十分親ばかちゃんりんですが、

モチベーションを上げるために

これからは、

思いっきり褒めていこうと思う母であります。

三年寝太郎の入っているサークルは、ともかく「凄いと仲間たちだ」と絶賛する。

「止める」と言って、ドロップアウトする仲間に対してひたむきに向き合う話や

一生懸命に次ぎの学年その次ぎの学年とバトンを渡すために、どれだけの努力を

本題のサークル活動をしていく以外に、時間と労力を費やしているか。

尊敬に値する周りの仲間に引っ張られ三年寝太郎もそれなりに頑張っているようだ。

新入生歓迎に凄まじく大変そうだ。

沢山の1回生を獲得するために、大変そうだ。

たかがサークル

たかが部活

大学のこの時期にしか培われない人生経験

モチベーションの高い生き方を学べるいいチーム

三年寝太郎は、チームメイトを褒める。

話を聞けば、未曾有なつわものばかり・・・

個性と個性のぶつかり合い

そこは人格と知性で乗り切る知恵を身に付けて、

おばさんから見て、将来は安心して預けられる子達だと思うよ・・・。

お互いに褒めあう・・・・・・。

上を見たいね。

モチベーションを上げて生きて行こう。

|

« トンネル・海・海・峠・また海 | トップページ | 赤倉岳~大塔山・・・・赤倉の頭 »

コメント

私は、けっこう人をほめて暮らしていると思う。
でも、
自分はほめられるこのないよね。
子供の大学時代はほとんどわからぬまま・・。
自分の世界をもちたがっているような・・。
いつか距離は縮むのでしょうか?ねえ~
デナリさんとこみたいに。

投稿: ふぁん | 2010年4月12日 (月) 22:14

ふぁんさまへ  デナリ

こんばんは。
ご無沙汰しています。

そうですか、いつも人を褒めて良いところばかり見ていられたら素敵ですね。
私は、自分の事タナに上げて、言いたいこと言いますね。
こまった物です。

いつか言わなければならないときが来そうなのに、言い出せなくて、どうしようか迷った末に、先日言ってしまいました。
何だか根に持っちゃったでしょうね・・・きっと。
そんなこんなで・・・。

投稿: ふぁんさまへ | 2010年4月12日 (月) 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひまわり・・モチベーション:

« トンネル・海・海・峠・また海 | トップページ | 赤倉岳~大塔山・・・・赤倉の頭 »