« 石敢當やシーサー | トップページ | 桃の里に満開 »

2010年4月 3日 (土)

初めての輪行その2・・・濱口梧稜

P3280049 P3280050_2 /

/

/

/

/

ビヤンキの自転車 BD1で

初めての輪行その2

先日初めて折りたたみ自転車を携えて

和歌山県JR湯浅駅から

海岸沿いに走り

JR御坊駅まで走った。

そして、広川町を快適に走る。

P3280051

昔の話。

濱口梧陵と言う人物がいた。

安政元年11月5日夜

安政南海大地震津波

広村に押し寄せた。

その時大量の藁に火を付け村人を高台に誘導した。

P3280052稲村の火   ・・・・・・・・・・・・・広村堤防・・・・・・・・・・・・・

P3280053

災害の後、梧陵は破損した橋を修理するなど復旧につとめた。

当時では最大級の堤防を約4年かけて修造した。

この大土木工事は、荒廃した被災地からの住民離散を防ぐ意味を持つとともに、

将来再び襲来するであろう津波に備えての防災事業であった。ウッデーさんより

|

« 石敢當やシーサー | トップページ | 桃の里に満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての輪行その2・・・濱口梧稜:

« 石敢當やシーサー | トップページ | 桃の里に満開 »