« 和歌山県赤倉岳と赤倉の頭 | トップページ | たむしば2010 »

2010年4月27日 (火)

うどんの容器・・・面白い発想

P4140001 ・・・うどんの容器・・・・

その話題・・・しつこく触れすぎ!!

しかし、書く。

だって、

とんでもない出来事だったんだもん。

女性なら分かるよね。

キンカン大に腫れる・切開したら大きな虫がまるまる出てきた。

そりゃもう、誰でも1回は経験する出来事???

それは無いでしょう・・・

あんなところを切開するなんて、山の中で暮らす女性でも・・・。

その日は、気落ちしてお腹は空いていたがスーパーに買い物に寄る気にならず

コンビニの冷やしうどんを買って一人家で食べた。

その前夜は、地元では猛烈な風が吹き荒れた。

ブロック塀の鉢が落ちて1本根元から枝がへし折れた。

かろうじてつながっていたが、思い切って切って、病院を受診した。

妙にカーブした枝だったので、どうしたものだか思案した。

で、洗った冷やしうどんの容器に水を張って見た。

前日夕からの緊張

体調悪く、ひどい咳、軽い頭痛、ボーとした意識

1件目行った女性先生の皮膚科・・・・水曜休診。

職場のドクターの開業している産婦人科に行った・・・・水曜休診。

やれやれ・・・隣の町の皮膚科に行った。

その間の1時間半程のドライブの長かったこと。

何だかほっとした。

デの気持ちが写真に現れているでしょう。

ところで、同僚が言った。

山に行く時、犬のノミダニ首輪を足に巻いたら駄目なのかな?

ポワ~ポワ~ンと想像してみた。

両足首にアンクレット・・・・・。

あれ、効くのかな~?

面白い発想

ありかも・・・・・・・。

少なくとも山ダニが、ズボンの中の足を這い上がって、

股の所で突き当たってそこで皮膚に食い込む事も無いかもしれない・・・・ね

その後も皮膚科へ通い抗生物質を飲むはめに・・・その後の記事は↓

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-1a7a.html

|

« 和歌山県赤倉岳と赤倉の頭 | トップページ | たむしば2010 »

コメント

たびたびお邪魔しまして・・・
なんか「ダニ」がどうとかで、サスペンスを遡るような気持ちになって記事を遡ってしまいました(失礼しました)。大塔でこんな目にあっていたとはつゆ知らず場違いのコメントさせていただきましたが、そんな経験のない私には貴重な記事でした。経験はなくても気持ちはかなり伝わってきましたが!取れた時の安堵感は読んだだけで「ホッ」ですね。 

投稿: kisyu | 2010年4月27日 (火) 22:15

kisyuさまへ   デナリ

こんばんは。

まあ・・・うれしい。
興味を持っていただけて・・・・
大きな山ダニにエイリアンみたいに寄生され
丸3日気がつかなくて、腫れてダニの姿が完全に見えないほどに、皮下にもぐりこまれた時の武勇伝は読んでいただけましたでしょうか?
まだなら、是非お読み下さいまし。
http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-3e19.html
大塔山の山ダニではありません。
どうでもいいよ・・・・と、言われそうですが、
赤倉岳の最低コルの山ダニです。

いやいや。
とっても楽しゅうございました。

面白い山で後の切開手術付きと
そうでも無い山で無事ことも無きとどちらを選ぶ?
と聞かれたら・・・
欲深い私は、前者をまた選びたいと答えると思います。

こんな表現したら叱られるかもしれませんが
もう、ほとんど中毒です。

投稿: kisyuさまへ | 2010年4月27日 (火) 22:59

それはそれはとんでもない出来事ですから、何度でも取り上げてくださってオッケー!!ですよ。
気付いてから取り出すまでのデさんの気持ちを思うとゾゾ~~ッ!!とします。私なら失神ものだ。

聞きたかったのはその時の足元に隙間があったのかどうでしょうか?
私は裾野散策の時もスパッツで防護します。
それはデナリさんと同じ災難に遭わないため、では無くて草陰にひそむ敵に対する為!
花を求めて歩くくせに、恐くって恐くって話になりませんね。

またヒントを貰いました。足元に奴らの嫌がる匂いを付けて歩けばいいかも知れん。(其処までするか!!って話ですね。苦笑)

投稿: 箱庭 | 2010年4月28日 (水) 09:31

箱庭さまへ   デナリ

ところで、寄生された初日のいでたち、特に足元を記事にUPしてみました。
良かったら参考にしてみてくださいまし。

特大山ダニは、たくさんの落ち葉にいたような気がします。

地下足袋に脚絆の彼らの足元にも取り付いていたと
その姿を見かけた仲間が認識していました。
歩いていたら落ちるだろうと思っていたので何も言わなかったそうです。

その時、一声かけてくれていたら良かったのにね。

投稿: 箱庭さまへ | 2010年4月28日 (水) 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うどんの容器・・・面白い発想:

« 和歌山県赤倉岳と赤倉の頭 | トップページ | たむしば2010 »