« その昔のトロッコ | トップページ | ハチコのかえ芯 »

2010年4月15日 (木)

ダニが媒介する・・・ツツガムシ病・日本紅斑熱

P4140093 ダニが媒介する感染症

先日のデの武勇伝???を読んでもらっただろうか。

痛みは感じず・・・この出された抗生剤を毎食後に1日3回1錠飲むのみ。

初め痛み止めも出してくれないのかよう~と思いましたが、

元来神経が鈍い箇所なのかもしれませんね。

鼠頚部と言えば鼠頸部、それよかちょっと内側

ミノマイシン・・・・・よく効くそうだよ。

このHPのダニにそっくり

http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/monosiri/23/23.html

ツツガムシ病・日本紅斑熱

ちょっと、虫嫌いなもんで用心に用心を重ねていたんだけどな~。

しばらく自転車通勤は止めときます。

毎日3検(1日3回熱を測る)しましょう・・・・・・・

更新がピタと止まったら、発症して養生したんだと思ってくれ

遥か昔に学んだこんな感染症をこの歳にして・・出会うとは・・・・・。

春から初夏の山行きはご用心

もしも、発症しても予後は良いようですよ。

健康だし

薬も飲んだし

恐れるに足りないよ・・・・・まち母へ・・・今度のランチは決行します。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6152005.html

ミノマイシンはこちらで学ぶ

/

その後の記事は、飛び飛びですが1ヶ月後まで続く

次の記事はこちら↓

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-416e.html

|

« その昔のトロッコ | トップページ | ハチコのかえ芯 »

コメント

ダニですか。。。
 二,三日前ウチの人もツツガムシにやられたのでは!と騒いでいましたが,見た感じは違うだろうと。。。その後発熱もしないから,何でもなかったようですが。
 私は蚊には誰よりも先に刺されるのですが,ネパールの山蛭は友人を襲い,幸いダニとも相性は悪いようです。
 この辺りは丹沢から降りてきた鹿がツツガムシを連れてきたようで,近くの県立病院には薬剤が常に用意されていると言うことです。
 草地に座ったりするのは避けましょうとか,草むらへ行くときは肌を出さないようにとか,ポスターにあります。

投稿: flugelGT | 2010年4月16日 (金) 22:44

flugel GT さまへ   デナリ

こんばんは。
奥さまご無事でよかったですね。
そうですか、
そちらでは、常識だったんですね。
こちらでも、常識なのかもしれません。

聞き及んでいましたが
いざ自分の体内に姿が見えないその昆虫の存在を知ってしまった時は、どうしようも無く恐怖でした。

気持ち悪い。

ツツガムシはこちらにはいませんが
遥か昔、微生物学で学んだ知識が
こんな歳になって経験できたとは・・・

いつも山では座らないし
荷も降ろさないんだけどな~。

投稿: flugel GTさまへ | 2010年4月17日 (土) 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダニが媒介する・・・ツツガムシ病・日本紅斑熱:

« その昔のトロッコ | トップページ | ハチコのかえ芯 »