« 雲の空・水平線が光る | トップページ | 円樹ヶ浜まで自転車で走った »

2010年5月29日 (土)

大きく振りかぶって「脳内ホルモン」

とっとこ太郎に、「母は、オタクだ」と言われている。

近頃テレビで、

新シリーズ「大きく振りかぶって 夏の大会編」 を楽しみに見ている。

そこで、レンタルDVD「大きく振りかぶって」を借りて1巻から見てみたいと思った。

そしたら、何を思ったか???

レンタル予約したのに、1巻見てないのに、2巻と3巻の発送メールが届いた。

何でやねん!!!

仕方が無いから先に1巻を自分で借りてきて見てみた。

何て意地悪なの???

でも面白いから許しちゃう。

新入生の野球部員ばかりの合宿

顧問のしが先生が部員に話した・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・スポーツで重要な脳内ホルモンは3つ・・・・・・・・・・・・・・・・

①自分の将来に集中するためのホルモン

   「きっと勝てる」 「きっと自分は出来る」と言う

  自分への期待 チャレンジの気持ちの時には

   脳内ではチロトロピンが活躍している

②現在  目の前の事に集中している時に活躍しているホルモンは

        コルチコトロピン

③過去に集中している時に活躍しているホルモン

  今日も良く頑張ったと言う充実感   幸せを噛みしめている時

        ドーパミン

だから、練習は量より質だ。

質を上げるためには、一人一人の意識が重要。

やれると思うこと

やると集中すること

やって良かったと満足すること

そうは言っても、やらなければいけない練習メニューよりやりたいメニューを優先することはないだろうか?

運動神経を鍛えるように 脳神経を鍛えることも必要!

食事の前にする訓練でを鍛えることが出来る。

 ●間食などせずに空腹で食事をむかえると「これを食べられる」と期待する

 ●食べている時は 「美味しい」と集中する

 ●食べ終わって「美味しかった」と満足する

この反射は毎食毎日することで鍛えられる

チロトロピン コルチコトロピン ドーパミンが分泌される

上記の訓練で分泌が盛んになる

すると、おのずと①②③の分泌が盛んになり脳神経も鍛えられる。

・・・・・・・・・自分に問うてみる・・・・・・・・

今年こそきっと行ける

そのために色んな努力を惜しまない

そして、毎回目的を持って行う準備訓練に参加してみて

   敢行できたことに満足している

そして、行けた時、更にその先に見えてくる更なる道が想像できる。

何だか楽しみな毎日

おおきく振りかぶって

1回目のチャンス(7月の勤務希望)・・・・休みの希望を書いた。

|

« 雲の空・水平線が光る | トップページ | 円樹ヶ浜まで自転車で走った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きく振りかぶって「脳内ホルモン」:

« 雲の空・水平線が光る | トップページ | 円樹ヶ浜まで自転車で走った »