« ジギタリスの群生 | トップページ | 山陽電鉄 須磨浦公園駅行きの電車 »

2010年6月28日 (月)

朝の早くからごそごそと

昨日の山で弁慶の泣き所を2箇所、蛭に血を吸われました。

長く大きく伸びた蛭がぺタと張り付いているのを見たときは、叫ぶ叫ぶ。

きゃ~どころの騒ぎではありませんでした。

パシパシ・・・容赦なく平手打ち・・・・・繰り返す事数回いや数十回?

こりゃ、たまったもんじゃないと・・・・吸血もそこそこに、ポロリと自ら落ちました。

どうやら口も残っていない様子で・・・痒みなし

しばらく出血止まりませんでした。

着替えた洗濯物は、早速洗濯して干しました。

ザックは、熱湯に近いお湯で風呂場で洗いました。

靴も念のため同じように洗いました。

P6280001

そうそう、今日から朝夕にプラノバールを1錠ずつ10日間のみ始めます。

後は、天気・・・・・・。

P6280002 天気がいいから、

いのこり勤務で

帰宅時間は明らか

日没後とわかっているけれど

今日は何が何でも

自転車で出勤したい気分なのです。

|

« ジギタリスの群生 | トップページ | 山陽電鉄 須磨浦公園駅行きの電車 »

コメント

今度日本へ帰ったら、六甲に再度行く時は一緒に連れて行って下さい。ただし、私は、鵯越から出発します。
多分半分の所で、抜かれると思います。良ければよろしく、しかし、虫に、蛭に良く噛まれますね、本当に良くもてると思います。人が善過ぎるのではないかと私なりに一人合点しています。
一つ質問ですが、私も3年前の南岳経由槍ヶ岳の時左の薬指の先端部を虫らしき刺され傷が有って時々その部分がしこりとなって、膨れます。何の原因かわかりませんが、以前貴女もなると書かれていたが、診断お願いします。では又再見

投稿: 浜口です | 2010年6月28日 (月) 22:47

浜口さまへ    デナリ

こんばんは。
観月の翌朝、二日酔いのmujinaさんについてきて貰って
3時までにBCに戻ると頑張って歩いた日を思い出して
池木屋山から霧降山を歩きました。
もう再び宮川谷から池木屋山のコースは行くことはないと思っていました。
だから、こんな深い山にそれも梅雨のサナカ行くことになるとは、よくよく縁がある山だと思いました。
山が私を呼んだのだと感じる今日この頃です。

六甲全山よろしくお願いします。
しこりは、無責任なこといえませんが良かったら帰国したときにでも、また状況教えてください。

投稿: 浜口さまへ | 2010年6月28日 (月) 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝の早くからごそごそと:

« ジギタリスの群生 | トップページ | 山陽電鉄 須磨浦公園駅行きの電車 »