« 今と言う時は今しかなくて | トップページ | 霧降山のこぶし平 »

2010年7月 9日 (金)

プラノバールで生理を早める

P7030006

プラノバールを飲み終えた。

今回私が飲んだのは、生理日を早めるためだったのですが

生理の5日目を初日として10日間朝夕に各1錠づつ飲む。

飲み終えると数日で始まる。

医師の管理のもとで処方される。

女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合薬です。

いわゆる“ピル”と呼ばれる薬の仲間です。

卵胞ホルモンの配合量が中くらいなので、「中用量ピル」にあたります。

代表的な女性ホルモン薬で、産婦人科領域で広く処方されています。

副作用がある。

はじめて朝1錠。

飲んだすぐ後、頭が痛かった。

そして、車酔い船酔い様のつわりの時みたいな吐き気

昼ごはんが食べられなかった。

休憩時間中水分だけ取ってずっと座って眠った。

夜ももう1錠飲んだ。

夕飯飲んですぐ寝た。

朝はいつもよりすっきり・・・していた。

初めての飲み始めは、夜開始の方が賢い飲み方かもしれない。

それ以来、その症状は無くなった。

10日間朝夕に飲む。

1週間飲んだ頃、口内炎が1個出来た。

何かの拍子に治った。

そして又1個出来た。

そしてすぐ治った。

副作用で多いのは、吐き気や嘔吐、乳房の張りや痛み、予定外の出血などです。これらは、2~3カ月して体が慣れてくるとたいてい軽快しますので、それほど心配いりません。不正出血は、飲み忘れでもよく起こりますから注意してください。

重い副作用はまずありませんが、念のため注意が必要なのは「血栓症」です。血液の固まりで血管が詰まることで起こります。生じる所はいろいろです。手足、とくにふくらはぎの痛みやシビレ、激しい頭痛、突然の息切れ、急に視力が落ちるといった症状が前触れとなります。万一、そのような症状があらわれたら、すぐ医師に連絡してください。


【重い副作用】 ..滅多に無いが初期症状等に念のため注意

  • 血栓症..手足の痛み・はれ・むくみ・しびれ、胸の痛み、突然の息切れ・息が苦しい、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む、頭痛、片側の麻痺、うまく話せない、意識が薄れる。


【その他】

  • 吐き気、吐く、食欲不振、下痢、便秘、腹痛
  • 乳房が張る、乳房痛、下腹部痛、帯下、予定外の性器出血(点状出血、破綻出血)
  • むくみ、体重増加、にきび
  • 頭痛、眠気、だるい
  • 肝機能の異常、発疹

|

« 今と言う時は今しかなくて | トップページ | 霧降山のこぶし平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今と言う時は今しかなくて | トップページ | 霧降山のこぶし平 »