2010年10月 6日 (水)

山の神さまに合掌する

Photo_2 fuji 山の神さまにお願いする

山で仕事する方々に、きっとこんな写真をご覧に入れたら「写真を撮るなんて」と叱られるだろうなとか

山の神さまは女性と聞くけれど、嫉妬されたり嫌われたくないなとか

いろいろ思いつつ、

おまつりしている祠にカメラを向け写真を撮らせてもらった罰当たりなであります。

そんな事を言いながら、UPもするという怖いものなしの傲慢な振る舞い。

矢納谷 (奈良県) へ行った時、登りで合掌してから入渓するつもりが出来なくて

下りでは是非合掌しておきたかった。

ヘルメットを取り 合掌

もちろん山行の無事 ただそれだけです。

「午後から天気は落ちる夜は雨」の予報

降水確率は午前20~30パーセント 午後60パーセント

矢納谷コーリン滝10時51分 このペースなら竜ヶ岳も回って来れそうな感じ

しかし、まだまだ天気は良かったが予報を信じて 

ルンゼの大巻きして更に上流への遡行を打ち切り沢を下り始める。

山の神さま13時08分

上谷川出合いの駐車地まで40分の林道歩きの途中で

かすかに分からないくらいの雨粒

14時車に乗って帰る・・・・15時頃からマジ雨

山の神さまに感謝

車の中でも合掌

今回も、早め早めの行動が無事を招く。

「家にも山の神がいる」と北鎌の相棒さんは言った。

矢納谷記事は、あっち→http://denari2.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

鯖街道 根来坂峠のお地蔵さま

P4180071鯖街道

この山道を、鯖背負って

京都の町まで売りに行ったの?

峠を越える途中

休憩したのでしょうか。

焼き鯖寿司好きだし

若狭の町に鯖食べに行って見たいものだと遠く若狭湾を眺めて思いました。

P4180072

P4180070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

金剛山・葛木神社のこまいぬさん

P2040054_2 P2040055 金剛山葛木神社の狛犬さん

少し雪化粧

空は曇って気温は-4度

昨日一昨日降った雪で一面真っ白

泥と混ざった雪でなくて真っ白いところを歩けるのが嬉しかった。

トレランシューズで行った。

なかなか優れものだった。

ゴア仕様は快適だった。

少々なところでもアイゼン好きじゃないにとっては、

優れものの新しい靴を大好きになった。

滑らない。

フリクション良く効く。

軽い。

しっかり歩ける。

色んなものを試してみたくなった。

走りたくなった。

走ると通せる気がした。

この靴あれば、春先の六甲全山縦走も靴で迷わなくてもいける気がした。

アイゼン無しで行けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪のおじぞうさま

P2040035

金剛山のはずれの雪のお地蔵様

暖かそうです。

誰かの優しさをまとっているようです。heart04

優しそうなお地蔵様です。

P2040036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

京都・静原神社

Pb130140

Pb130141

京都・静原

静原神社の紅葉

Pb130142

大原から鞍馬の間

多分

江文峠を越え

薬王坂を越えて

鞍馬に歩いたんだろう。

Pb130143 里の神社は

のんびりといいところでした。

静原神社

銀杏の大きな木もあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

多賀SAから多賀神社

P8260470 多賀SA

こんな看板ありまして、

SA外にお散歩できますよと

紹介している。

多賀神社

P8260471 P8260472 P8260473

P8260490

P8260488 P8260489 P8260477 P8260479

P8260480 P8260481 P8260483

P8260487 P8260484 多賀SAに車を停めて歩くこと15分?

多賀神社に着く。

神社の前にはお餅のお店があってね。

鳥居があってね。

太鼓橋があってね。

そこを遠慮がちに渡った。

神様にカメラを向けるはいかがなものか?

ポスターを撮ってみた。

お参りした。

おみくじ引いた。

お土産買った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

大雲取越えのお地蔵さま

P7120096 お地蔵さまを撮るなんて・・・・って、

そんな話もあるかもしれませんが、

良いんじゃない。

P7120110 行かない人に逢えるように、

これも出会いとお地蔵さまも許してくれるに違いない。

キュウキュウ、キチキチは、たわみがないよね。

P7120166 何事もいいよね、いいよね。

可愛いね。

綺麗だね。

P7120170 素敵だね。

そう言って、写真撮られたら嫌な気がしないよね。

お地蔵さまもそうなんだと勝手にカメラ向ける。

P7120171 切ないお顔も

幸せなお顔も個性個性

すみませんね。P7120241

何でもかんでも手を合わせてはいけないと学校の授業で雑談で言っていた先生がいたなあ~。

しかし、和子母は、三年寝太郎を連れてよくお地蔵さま参りしていたなあ。

ほっぺや頭を撫でて、自分や三年寝太郎の頭やほっぺを撫でていた。

好きだったな・・・そういうところ。

私も孫には、そんなこと教えてやれたら良いのにな・・・・。

地蔵さまに話しかける。

いいことも悪いこともひっくるめて・・・・・。

お地蔵さまに見守られて歩む大雲取越え・小雲取越え・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

熊野古道・大雲取越え・地蔵堂

P7120156 熊野古道

大雲取越え

地蔵茶屋跡は、車でもいけるよ。

林道沿いに東屋と公衆トイレと

休憩所があってね。

地蔵さまがたくさんお祭りされてある

地蔵堂。

P7120165

P7120160 大雲取越え

非常電話は此処だけかな。

P7120161

P7120162

P7120164

大雲取越えの中間は、このあたり。

だからゆっくり休憩しましょう。

そして、それから後半に元気に歩きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

大雲取越えのお地蔵さま

P7120217 お地蔵さまを撮る。

真似して私も撮る。

でも、なかなか思うようには撮れないや・・・・

P7120218_2 P7120219

P7120220 P7120221

P7120222 苔むしたお地蔵さま

お顔もよく分からないけれど

そこにいてくれるだけで

安心させてくれますね。

P7120224

P7120225

世界遺産

熊野古道

大雲取り越えのおじぞうさま

P7120226

P7120227 信仰と祈りの道です。

歩く歩く。

魂に語りかけられる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

小雲取越のおじぞうさま

P6280052 熊野古道

小雲取越

峠道の傍らにお地蔵さまが随所に。

旅の途中に亡くなりになった方を

まつっているのでしょうか。

志半ばにして行き倒れた巡礼たちの墓碑

P6280055
P6280058

尾きり地蔵

P6280088 Photo_3

P6280034

| | コメント (0) | トラックバック (0)