2010年9月15日 (水)

スネカジリ続ける子宝の木

P9060198毎年毎年、強いの何のって・・・

ポロンと落ちた株を見て、とっとこ太郎は「気持ち悪い」と言う。

今年の暑さのせいか?こんな感じでポロンと落ちない。

根っこ毎、水を満たしたグラスに漬けてあるからか、

本体の水補給が十分なのを知っているのでか、

元株から分離しないでスネかじるって感じかな???

親離れしない・・・。

/

面倒だけれど、しばらくこっちとあっちと書いてみるよ、よろしかったらお越しなして・・・ heart04

あっち

http://denari2.cocolog-nifty.com/blog/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

復活むらさきしきぶ

P8280078 いよいよ9月に突入しましたね。

先日は、あけましておめでとうございますと

言ったばかりでしたのになんとあと3ヶ月

いやはや・・・・。

丸刈りされた気の毒なむらさきしきぶは、

根っこがしっかりはって凄い。

遂に新芽を出した。

蔓延ることさすが・・・・。

花をつけたのを見たこと無いがいつ咲くのだろうか。

花より実が楽しみなんですけれど・・・。

冬の花が少ない時期に、紫の実それを狙っているんですけれど。

いつになるやら・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

悲しいこと

Image064
ハートが枯れた.ハートが….

日光が足りなかったのか?

水のやりすぎか?(私は全くあげてないんだけれど・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

真夏のむらさきしきぶ

P8130018 容赦なく切ってしまう

愛の無いだーさん。

大きくなったむらさきしきぶを刈って引き抜こうとしていた。

この雨の降らない真夏の炎天下

そこまで、刈り込んでしまわなくてもいいんじゃない?するってーと、

僕じゃないと言った。

じゃあ誰が枝を切ったのか?

根っこ丸見えまで、土もむけて、

枯れてしまうのか?と思ったが大丈夫そうだ。

小さな小さな新芽が 真夏の最中に刈り込みすぎた木に出てきた。

よかった。

うれしい~。

これだけ根付いていたらもうどんなことがあっても大丈夫そうだ。

今年の冬は、紫の実は期待薄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

シクラメン

P3200137

いつ植えたシクラメンなのかも覚えていないけれど、意外なほどにシクラメンが花盛り。

他の何色かの鉢があるはずなのだけれど、今は赤が花盛り。

それにしてもクリスマスあたりが、旬なのかなと思うが、去年のクリスマスの頃は、陰も形もなかったのは何故?

咲きたいときに咲く。

茂りたい時に茂る。

気の向くままなんだから、自然。

それでいいのだ。

軒下の棚に並べるより、自然の風雨にさらされるところに置く方が花木の状態がいい。

きっと、自然にお任せするのがいいのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

オジギソウ

P3150106 オジギソウの栽培セット

だーさんがプレゼントに貰ってきた。

それがね、書いてあることがおかしいの。

天井には・・・・・・・・

どうもありがとう。

おじぎ草は素直におじぎします。

側面のラベルには・・・・

「おじぎの先生」を育てる。

おじぎ草を育てておじぎをまなびましょう。

文字通り葉に触れるとおじぎのような運動をします。

ありがとうの感謝を込めておじぎ草のひたむきが心に響きます。

ごあいさつ栽培セット

適温は20~25度

もう少し暖かくなったらまこうと思うの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月31日 (火)

こりゃ、もっと強い虎の尾

P3200125

地下茎で伸びてひょこっと、横に新芽が出る。

鉢が狭そうになると、ポキンと折って広いところに引越しさせてあげる。

真知母に一鉢貰った。

6鉢になっている

虎の尾も我が家で生き残っているから強い。

恐るべしつわものどもです。

あなたのところで生き残っているものって・・・乾燥に強い手がかからない。

ほうりっぱなしのものばかり。

そうなんです。

生き残るって・・・・・。

乾燥に耐えることなんですね。

すみません、ほうりっぱなしで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

これまた強い

P3200124 何かしら無いが、増える。

ポロンと落ちて根を出して

いつの間にか伸びた。

何処からでも折れて落ちて根を出して

いつの間にか伸びる。

花が咲くわけでも無さそうだ。

気に入らないと、茶色くしなびて

挙句に木のようになって消えてしまう。

不思議な営み。

訳分からないし。

我が家で生き延びているのですから

相当のつわものです。

名前も知らす、育て方も知らず・・・・。

いったいどうしたいのかも分からない。

そもそも、どうして家にいつから来たのだったのだろう?

爆発的に増えるわけでもなく。

消え絶えてしまう訳でもなく。

これまた強い。

本当に強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

枯れもしないで子宝の木

P3200123 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

子宝の木

大きくならないがギッチギチ

枯れもせずそれなりに元気です。

マザーの木は、葉はギザギザになっているが・・・小さいこの子たちは、葉はまん丸です。

小さい小さい本当に小さい。

土面倒だから、鹿沼土のゴロゴロの所に乾燥しまくりなんですが

それでも全然お構いなし。

一つだけ群を抜いて大きくなろうとするものも無く・・・・

これから先も植え替えてあげるつもりも無く。

さて、どうしたらいいのかしら・・・。

思案する。

はてさて・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

むらさきシキブのその後2009・春

P3250014 今度は大丈夫と、喜んでいたムラサキシキブ。

秋に隣に植えてあった水仙が一気に勢いが出てきた頃

残念ながらムラサキシキブは、葉を落とした。

着いていたむらさきの実も今は落ちきった。

残念だなあ・・また枯れちゃったんだねと思ったが、意外と休養しているだけかもしれないよと教わった。

それでも、やっぱりダメだったと思っていた。

ところが先日、はびこりまくった雑草と格闘し、伸び放題の水仙の葉をことごとく刈った。

すると、見るも無残なムラサキシキブ

ダメだったんだとあきらめて、引き抜こうと良く見ると、根っこが青々して、しっかり根を張っていいる。

意外と生きている気がした。

引いても抜けない。

心なしか、新芽が出そうな気配。

意外と新芽が出て葉をつけそうです。

楽しみが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)