2010年5月 9日 (日)

大塔山のコガネムシ

P4110044 和歌山県 赤倉岳~大塔山を歩いた。

どちらかと言うと、大塔山に近くなった頃

コガネムシ?見つけた。

いい色に輝いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

和歌山県ホイホイ林道のニョロニョロ

P4110009 P4110073P4110010_2 和歌山県

ホイホイ坂林道のニョロニョロ 

ミミズじゃなさそうです。

朝気がついたら、

クーラーボックスの上をはっていた。

頭の先は、ハンマーシャークのようでした。

ホイホイ坂林道は

ご覧の通り

舗装している

その林道の脇

こんな乾いた土の上

ニョロニョロと這い続けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

クビワペッカリー

P3030118 ペッカリーさん

何だか旅のクーポンで

施設の入場チケットが

セットになっていた。

割安で数箇所の入場券で、採算すぐ元取れる。

ヤンバルクイナとか、案外地味だけど

とっても不可思議。

P3030119P3030120

ネオパークオキナワ

ペッカリー牧場いとおかし

豚のようで豚でない

猪のようで猪でない

ペッカリー科のペッカリーさん

知っている?

土の練り練り

泥のドロドロの中

彼らはいた。

尻尾が無い。

国内で飼育されている種は

すべてクビワペッカリーである。

・・・・・・アメリカ西南端からアルゼンチンまでの砂漠・森林・熱帯雨林・・・・・・・

・恩賜上野動物公園

・伊豆シャボテン公園

・ネオパークオキナワ    にいるんだと・・・・。

 

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

マナティ

P3030094

沖縄の美ら海水族館のマナティー

ほんに、まったりしていました。

まーあるいラインは癒されます。

白い雪のように見える浮遊物はキャベツだと思います。

草食系の癒し系

P3030095P3030093 

P3030092 P3030091 P3030090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

触ってご覧と

P3030067触ってもいいよと言われて、触ってみた。

水面から出さなければ、この手でツンツン触ってみることが出来た。

お気に入りの水色ヒトデさんは固い硬い。

黒いなまこは、ぶにょぶにょで気持ちよかった。

場所は沖縄

所は美ら海水族館

行って見て触ってみて・・・・ん。

P3030068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

彼らは今年もやってきた2010.3

春の嵐が来た。

前日から彼らは来るようになった。

毎朝、懲りもせず・・・・私を起こしにくる。

P3220024peint_2  窓をガラッと開ける。

ぱっと見は、分からないでしょ。

この木の裏から、撮ってますの。

でも、正面に回ったらもっと、茂った葉で見えませんの。

P3220025  窓の開ける音で気がついて

微動だにしないんだけど、

危険は承知の彼らは

毎朝の経験で

逃げるタイミングをはかっている。

なのに、逃げない。

確認しているのでしょう。

次第に顔が見える位置に動いた。

P3220026そして、再び隠れようとした。

オレンジのビニール袋を 膨らませ

彼らの巣に置いて脅かせて

邪魔していたのは昨年の事

いつしか忘れ

いつしか空気は抜けた。

P3220027 開ける窓を変えたら

ご覧の通り

オスも鳴き声上げながら飛んできた。

留まっている時、

フラッシュ光ったら

一目散に飛んで去って行った。

おやじ~!!!

毎朝激しく水を撒くと、おばさんも逃げ飛んだ。

そして、毎朝また来る。

作らせて上げればいいじゃないかと思うだろうが作らせないのにはそれなりの理由がある。

年に1回か2回必ず鳩ネタも、長く書いているとデの定番となってきたのが悲しい。

頭の羽毛ツンツンの雛まで大きくなったことあるのよ。

巣立つ直前で、ネコに襲われ、羽をたくさん残し

親鳩の悲しいホッホ~が遠巻きに響く声をもう聞きたくないから、決して作らせない。

この家に来て20年

代は変わり、それでも猫と鳩のドラマがあるから・・・・・。

過去の書いた記事URL探したが・・・面倒で止めた。

ずる賢い野良猫は、卵では襲わない。

何処かにあるから興味あったら探してみて・・・heart01happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

山頂のダニ~い

マイクロ接写にして寄りたかったんだけど、動いているし・・・

飛び付かれても嫌だし

見ているだけでも痒いし

結構たくさんいるし

ごにょごにょ蠢いているし

ピンボケは残念だが写した時からわかっていたが撮りなおしするつもりはサラサラありませんでした。

今までデの目にした赤いダニの中ではダントツビック

木につくカイガラムシみたいな印象の

赤いダニ

和歌山県田辺市  嶽山

山頂の腐れ木の株に

どっさりうごめいていた大きな赤いダニ~ィ。P3140091

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

ネオパークおきなわの鳥

P3030108 ネオパークおきなわ

動物と触れ合えたり

南の国を感じつつ散歩できる

穏やかな豊かな自然を体感できる

うっそうとした木の中を歩く

木から大きな実がブラ~んとぶら下がる。

P3030109 P3030110

南の鳥は色鮮やか

P3030116 ゴーギャンの絵に出てこようか

サイチョウ

P3030121 知らないで見上げた頭上には

孔雀がいた。

驚かされることしきり・・・・。

P3030122

あまりに、ヤンバルクイナが儚げで、カメラを向ける気になりませんでした。

狭いところに、小さな止まり木

その枝の上に何だか地味な鳥が1羽のみ留まってこちらを見ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

ウミガメ

P3030096 沖縄の水族館で楽しんだ。

亀がいた。

P3030102 海がめの判別

面白かった。

甲の部分の違いが種類を判別するポイントなんだと・・・

P3030098/

/

/

/

タイマイ

P3030099 P3030101 P3030100/

/

/

/

アカウミガメ

/

/

/

ヒメウミガメ

/

/

アオウミガメ

P3030097 ホントだ。

ホントだ。

違うんだ。

大事な地球の仲間

かめか~

そういえば、ウェルカメ

もうすぐ終わりかな・・・。

P3030103 P3030104

P3030106_2クロウミガメは、

日本近辺では珍しいんだね。

メキシコ沿岸やガラパゴス諸島を中心とした東太平洋のみに生息しているといわれていますが、平成11年5月7日読谷漁協定置網迷い込んできました。一見アオウミガメに似ていますが背甲が黒色で表皮がもろいこと、腹甲の色がアオウミガメに比べて灰色をしていることで区別がつきます。

この個体は日本での3例目で、ほかの2例も沖縄海域で発見されました。

P3030105_2  沖縄美ら海水族館で興味深く学ばせてもらった、カメくんカメくん

どの子もこの子も・・・地球の仲間たち

カメも私たちもみんな元気に生きていけるそんな環境でありたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

弛んだ防獣ネット

P1240039_2 どこの山に登ってもそれぞれの防獣ネット

さて、今回の奈良県 大又→伊勢辻山に向かって上る。

大峰

ねっとは、最後に弛んでいる。

鹿はスルッと通過可能

行ったり来たりできるところがありました。

罠って何?

とらばさみ・・・・・

足の骨砕けちゃうんだったっけ?

マンガの読みすぎ?

P1240040_3 P1240041_2

  P1240061_2

P1240063_2 P1240064_2  P1240062

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧