2010年8月 3日 (火)

月のライオン

「落ち着け

まずゆっくり息を吸い込む。

浅い息は視界を狭くする。」

お~!!

いい文章です。

仕事でてんぱったら・・・・

自分に言い聞かせますわ・・・・。

どんな時も視野を狭くせず生きたいね。

「3月のライオン」

三年寝太郎の友達から借りている。

時間と気力がなくて、読めなかった。

読んだらほっこりする。

プロ棋手の零君と 三姉妹の話

そういえば、「ヒカルの碁」  大好きだったな~。

藤原 佐為 (←こんな字でよかったかしら・・・・)好きでした。

たいがいな年齢のおばさんの発言とは思えないですね。

三年寝太郎は、先日長い合宿から帰ってきた。

帰ってきたと思ったら、先日就職試験を受けた。

そして、再び合宿へ行ってしまった。

来春更なる進学を希望している。

この秋に試験がある。

それに落ちたら一まず就職すると言うことで就職試験を受けたようだった。

「プロになるということは、

止まらない列車に飛び乗るようなものだ。」

そうだよね。

どんな仕事もそうだよね。

とっとこ太郎は、バイトと、あけても暮れても寝てやがる。

間もなく合宿とクラブの先輩のご実家へ10日間出かけていくと予告されている。

遂に来た。

子供たちが、どんどん出て行って、母は全然OKだが・・・・・

やっぱ・・・・

ちょっこし・・・私の両手が空いて寂しい。

ちょっこし・・・・って、初耳な方言でした・・・ゲゲゲ・・・・。

P7190002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

「深夜食堂 5」

深夜食堂 5

ほっこり、まったり、心にしみじみ。

じーんとくる。

P4240002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

「岳 11」

P4240001

久々に、三歩さんheart04

アイゼン磨いてましたね。

いつも貸してくれるドクターが、お忙しい。

代わりに買ってくるように言ってくれたが、もたもたしていた。

2回3回と催促受けているうちに、遂にホイっと、貸していただきました。

感謝感激。

出勤前に、1時間早起きして読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

「孤高の人 6」

P9300089 孤高の人 6」

グロイ。

本気な山のやり取りなんだが、厳しすぎ。

昔、森のような山の仲間が身近にいました。

あそこまで自分を追い詰めていたかは、知りませんが・・・・。

何日も食べなくても生きていけるように追い詰めるんですね。

凄すぎ。

でも、読んでいてため息・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

「岳 10」

P9300090 「岳はまだか?」と聞いてくれた。

調べておきますと答えた。

「岳10 は、8月に出ていました」と返事した。

待ちに待った・・・岳10巻・・・読ませていただきました。

すみません、また先生に借りてしまいました。

山に登らないその先生は、「今回はいまいちの面白さ」と言いながら貸してくれた。

でも、私にとっては、やっぱり、じんわりいい感じだったと思います

インパクトも奇抜な出来事も要らない。

山のあるある。

レスキュウのあるある。

人としてのあるある。

そういう山が描かれて、とっても惹かれます。

比べちゃだめ。

並べちゃだめと言いながら・・・・読み比べてしまった山のコミック。

私は、三歩さんが大好きですheart04

全巻だったかな、民間救助ヘリについて、存続うんぬん。

危険を冒して、遭難者を救助してくれている。

残念な事に、先日救助中のホバリングヘリ・・・・落ちましたね。

詳しい事何一つ存じませんが

尊い殉職、敬意を表します。

そして、ご冥福をお祈りします。

先生が貸してくれた本は、不思議とみんなドラマ化される。

「深夜食堂」も始まるね。

本当に深夜に・・・・・・。

岳を返すついでに、知らせておかなくっては・・・・・・。

私は、録画予約しなければ・・・・。

十人十色の深夜食堂・・・・

貴方なら何を注文する???

私は、迷わず・・・焼きナス。

マスターは、小林薫さんか・・・うんうんそういう感じだね。heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

巷説百物語二

「巷説百物語P4190062  二」

職場のドクターに借りた。

おどろおどろしいストーリーのなかに、ホロッと人情を垣間見て

更に先にどんどん読み進められる。

先日図書館に行った。

京極夏彦氏のこの原作本がシリーズであるのを見た。

思わず手にとって開いてみたら、活字ばっかりギッシリだった。

視覚で絵から読むのもちょっと、グロテスクで引いちゃうときもあるけれど、

活字は、なんだかもっと気持ち悪い気がしますね。

頭の中で、おもいっきりおどろおどろしい。

思う以上に、不気味で嫌な気もちになる。

淡々と読めないデナリは怖がりすぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

「明鏡止水」が私を救う

Photo_2 あけもどろの仲間と山に行った。

帰りコンビニに寄ってと言われた。

彼は、毎週?ジャンプだったか買っているんだと言った。

彼が言うには、ヤングジャンプで山の話が連載されているという。

「孤高の人」

タイトルで分かってしまった。

きっと原作は、新田次郎。

家でインターネットで検索した。

導入部分だけお試しに読めた。

話が流れていく先が分かってしまった。

現代版、加藤文太郎か・・・・。

北鎌がK2か・・・・・。

ふ~ん。

いつも本を貸してくれるドクターに、「孤高の人」が連載されていると話をした。

貸してもらいたいな~と言うデナリのした心見え見えのその話にのってくれて

貸してもらった。

一気に読む。

「明鏡止水」

私心私欲がなく、

全てをありのままに受け入れる

静かな心境

国語辞典で四文字熟語を読んでも心に響くことはないが、

話の中にどっぷり浸かって

森文太郎の心を読み進んだら

胸に染み込んできた。

見失って、やめちゃおうかなと、迷っていた。

見失いそうな自分の心がはっきりした。

たった1本しかない前に進む道しか見えなくなった。

たった一つ

「孤高の人」に感謝heart

明鏡止水が私を救う・・・・うふheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

深夜食堂3

P4190063「深夜食堂3」

食堂は、お客さんが頼んだメニューは大抵作ってくれる。

注文するものは、ホントにひとそれぞれ。

何でも作ってくれる。

こんな食堂あったら、私は何を頼むだろうか?

う~ん。

好きなもの、焼きナスに白ご飯。

なすびの糠漬けに白ご飯かな。

貸してくれた本を読む。

仕事が終わったら、本を貸してくれると聞いて、取りに行くつもりだったが

タイムカード押したら、すっかり忘れてしまう。

いつも取りに行くの忘れていたら、届けてくださり感謝!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

「岳9」も素敵

P3060016著作権の侵害?

だって、素敵ですもの。

三歩さんの姿。

「岳9」出ましたね。

素敵な話ばかりであっという間に読めます。

素敵と言うには、適当ではないけれど。

女の子がいじめにあっているようだと言うお話好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

小さくておかしい「SAINT ☆おにいさん」

Img_6156 「SAINT ☆おにいさん」

あんたの話題は、いつも三年寝太郎かい?

誰かにそう言われそうですが、またもやあの子ネタ。

「SAINT ☆おにいさん」と言う本が今、面白いと言うから読んでみた。

おかしい。

ゲラゲラ笑っておかしい。

買って来た2冊。

オススメの本らしい。

キリストブッダがルームシェアしての日常を描いていると言う何とも奇抜なお話。

ともかくおかしい。

さ・・・・

三年寝太郎が買う本よりもとっとこ太郎のほうがはるかに本を読む。

しかし、「お母さんには絶対に貸さない。」と言われている。

理由は明白。

開きすぎ。

端っこ傷めてしまう。(折り曲げたりしないのにな~あ)

返すの遅い。

・・・・

ともかくガチャガチャ小うるさい。

ちいせ~のよ。

ほんと。

・・・・

コンビニで買って来たパピコと雪見大福をどちらにしようか迷う。

どちらも2つに分けられるアイスだから半分づつにしたら?と

キリストとブッタが話す。

なんとも小さい話。

ささやか過ぎてその感性がおかしい。heart01kissmark

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)