2010年9月 7日 (火)

カナダ・エスキモー再訪

P9030197

ある朝、気がつくと目に付くところに、だーさんがこの本を置いていた。

この文章は、本の内容と全く関係ないものです・・・念のため。

それは、私のブログ記事を読んで、出してきた物だった。

六甲に行った時、藤木久三レリーフを見て、滝谷出合の藤木久三レリーフを思い出した。

藤木久三って誰?とか書いたから・・・・・・

この本の著者は、藤木久三氏の息子さん 藤木高嶺氏

だーさんは、はるか昔、藤木高嶺氏と共にアラスカに行ったことがあると言い。

だーさんは、山岳部ではなく、若い頃ケービングをしていた。

その関係で、氷河の洞窟を探検したのだと・・・・。

だからって、私が藤木久三氏を理解する足しにも何にもならないんだけど

読めと言うことか?

そのうち読みますわ・・・・「カナダ・エスキモー再訪」

当時のだーさんは、エスキモーみたく髭モジャだったと聞く。

好奇心旺盛なではありますが、さすがに当時のむさくるしい彼には会いたかね~えな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

岳12

P7160008 

岳12  読みました。

いよいよ来年映画化ですってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

ジパングを売る

P7120002
今日ね

ジバング36巻 を売りに行きました…

1040円で売れました。

なんて素敵にジャパネスク  全巻は買い取れませんと言われた。

普通は、処分してくださいって言うものらしいけれど・・・・

何だか本が可愛そうで、連れて帰ってきてしまいました。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

ようやく 「蘇 東坡」

P5110017

 蘇 東坡 100選   

今、読んでいるのはこれ・・・・。

漢文は、好きだった。

古文より好きだった。

NHKライブラリー   この番組見たのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日読んだ新田次郎全集 「珊瑚」のなかに収められている話読めなかったもの。

万治の石仏

妙法寺記 原本の行方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一応メモしておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

「珊瑚」

P4290004 九州・長崎県

五島列島 男女群島が舞台の物語

明治30年代後半

「珊瑚」には、

38年8月7日推定200人死亡

39年10月24日推定1000人死亡の惨事がとりたてて書かれている。

海難事故は、それ以外にも毎年起こり

相当に危険な仕事で、死と背中合わせと覚悟の要ったサンゴ船の漁 

何百と言うサンゴ船が台風のため海難し、恐ろしい数の漁師が死亡した。

それでも、

生きるため、お金のため、そして珊瑚に魅せられて、何度も何度も同じことが繰り返された。

男島の東風泊の入り江は血の色で赤く濁っていた

新田次郎 「珊瑚」

平日の世の中が休みに入っていない時に貰ってしまった四連休にしたかったこと。

数々あれど・・・・・「珊瑚」を読むこともその一つでした。

図書館で借りてきた。

嵐の夜、

「珊瑚」読んでいたら、窓の外には稲光

文章の内容とリンクして妙にリアルでした。

忠治

なんで!そこで!海に飛び込まない!!

ほんとに、もう!!!

私はやはり的外れ

なんでそこで、心が動くか???

何か腹が立つ・・・

男だったら、生きて妻と生まれ来る子を何で自分で守らんか!!!

私だったら、他の誰が何と言ってもその時に飛び込んだな・・・・・絶対。

P4290002 P4290003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

いろんな雑誌がありますが

Image100色んな雑誌がありますが、

助産師御用達は、

「PERINATAL CARE」

「助産雑誌」

Image102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

「有頂天家族」

Pc140005 立ち読みする私のもとに、寄って来てとっとこ太郎が見せた。

「有頂天家族」

「映画で観たし~い。」

「それは、有頂天ホテル!」

とっとこ太郎と映画に行くのは、嫌いです。

①高校生なのに学生証を持っって行かないから高校生割引が効かない。

何気に持っていた保険証を見せたが、働いているかも知れないし確認するすべが無いからと断られました。学校を聞かれかけていたが話を最後まで聞かないで返事したので母は不満です。

高校名・クラスを言って学校に確認してくれ~!!!

とまでは言えないで・・・・・ちゃんと大人2名分払いました。

だーさんと行くんだった。

だって、だーさんと行っとけば映画代もお昼代もみんな払ってもらえたのに~。

などとケチな母でありました。

②必ず本屋に寄って時間をつぶす。

すると決まって大きなごっつい本を持ってくる。

とっとこ:これ買って!!

母:小さくなるまで待てば!???

  それか、小さくなった本を買えば!!!

とっとこ:これが面白いの!!

母:父に買ってもらいなあよ~。

  ぶつぶつ・・・・・・・・

こんなにたくさん本があるのに・・・

まだ読んでない本ばかりなのに・・・・

どれを読んでも良さそうなものなのに・・・・・

押しの強い奴に押し切られ・・・貸してあげるからと言って買った。

ランチを食べて、本を買って、映画を観て、飲み物買って、・・・・

エネミーズ~う。

本の内容も映画の内容も、書かないデであります。

興味あったらデップの映画見に行ってみて。

興味あったら森見登美彦さん「有頂天家族」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

「死刑はいかに執行されるか」

P9290085 本を借りてきた。

しかし、気の小さいデは、夜にこの本を開けない。

なら、そんな本は借りなければいいんじゃない?

ところが、読みたいと思った。

読みたい?ちょっと違う。

でも、気が進まないで置いている。

読んじゃえば、意外と平気な気がするんだけれど・・・・・。

ふ~っと息を吐き・・・眺めるのみ。

私には、無理?

それなら、そっと返して来ればいいんだけど、

そっと置いておいたらホントに読まずに返しそうなので記事にUPしてみます。

ちょっと追い込んでみました・・・・・・自分を。

読んでみたら意外と淡々と。

図書館で検索してみた。

借りたい本のタイトルを思い出せず。

検索PCに「死刑」を打ち込んでみた。

出るは、出るは・・・・。

ほとんど五百ほどヒットした・・・・驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

yom yom 11

P7200305 本を買う。

「yom yom 」を買った。

読み応えあり・・・。

う~ん。寝る間も惜しんでよむよむ。

世の中、天変地異。

いつ寝られなくなるかもしれない。

寝られる時に寝ておかなくちゃ。

いつ寝る必要がなくなるかもしれない。

ヨムヨム読んでおかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

ふたつのスピカ15・・・・本屋さんはずるい

P7200306 「ふたつのスピカ15」買ってきました。

久々のスピカ。

府中谷くん、ずっとずっと、いいよね~。

関係ないけれど

いつも思うことあります。

本屋さんはずるい。

コミック本なんか、透明フィルムをかけて開かないようにしているよね。

それは、立ち読みを阻止するためだろうが・・・・・。

ふたつのスピカ15は、シリーズの陳列棚には無かった。

売り切れているのだろうか????

レジで問い合わせた。

「調べてみます」と言って私たちが探していた棚の辺りに行って取って来た。

私たちが探した時は、確かに15巻はなかった。

なのに何処かから出してきた。

映画の待ち時間、スターバックスに入って、買った本を読んでいた。

その時は映画の期待のワクワクと15巻が読める楽しさで、オヤッ??と思っても流していた。

帰ってきて、改めて考えて、あれ???また、フィルムかかってなかったな。

(また・・ってことは、たまにあるのよ。人気の本を買う時は)

明らか、そうかそうでないかわかるよね・・・。

確かに未開未読の本でなかった。

読んだ人は本を傷めないように気をつけて読んだのだろうが

1回も開いていないものか、そうでないものかわかるんだよ。

フィルムかけて売るくせに、都合のいい本は読んでから売るかね~。

自分ところのスタッフは、立ち読みOKなのかな。

店主は知らないで、売り場での操作なんだろうけれど・・・・・。

「減るものじゃなし」良いといえば、いいんだけれど、何だか嫌。

昔、子供たちの推薦図書を買っていた時代にも、こんなことがあった。

書いたことあるかもしれないな。

夏休み読書感想文の宿題が出る。

子供たちを連れて本屋さん買いに行った。

買ってきた本を袋から、取り出して驚いた。

推薦図書には、読書感想文提出用の申し込み券がついている。

学校では、「その券があればもって来るように」と言われるのよ。

しかし、それが無かった。

へんに思っていたら本の間から消しゴムのカスが・・・・

え????

どういうこと???

驚いたが、

その時も減るものじゃなし・・・と、消しカスを捨ててそのまま三年寝太郎かとっとこ太郎が読んだ。

その店で同じ時に買ったもう1冊の本は、綺麗だったし応募権がついていた。

だから、やっぱりあの本は、何処かで誰かが読んだものだったんだね。

それから、デナリ母は学んだ。

図書館で借りた本も変わらない。

もう夏が来ても推薦図書は買うまい・・・・・。

こんな言い方しては失礼だが、

本を売る商品に対して、本屋さんに勤める方たちはプライドないのかね。

机に置けば表紙が開いてしまうようになった本を、

買った人間にわからないように袋につめてお金さえ入ればそれでいいのかな?

わからないとでも思うのかなあ?

アルバイトの特典だとでも思うのか?

たまたま行った本屋さんだけが、そうだったんじゃないよ・・・

だってそれぞれ違うお店だもん。

コミック本に関しては初めての経験じゃなかったから・・・

またか!!と、何だかがっかりした。

人気の本は読みたいよね。

でもそれって、中古本じゃん。

今度から、受け取った袋はその場で1回開いて見る事にしようか・・・・・。

きゃ~!!up

影で文句グチグチ書くのも「どうなんだろう???」って思うけど

レジの本屋の店員さん驚くだろうなbleah・・・・恐ろしくクレーマー。

気を取り直して・・・・今日はふたつのスピカだねhappy01heart04

原作とは、そこここが違うけれど、それはそれなりに。

幽霊のライオンさん

クローンのマリカちゃんなどなど

違うものだと理解して楽しませてもらっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧